まるで映画のReal Steal!人型の巨大ロボットが殴りあうテレビ番組

2012年11月26日 18:52

海外のお話だが、実際に来年の2月から人型のロボットが殴り合いの対戦をするリーグ戦がテレビ番組として放送されるそうだ。時代はここまで来たか。

Robot Combat League

Giant boxing robots reality show unveiled by Syfy — EXCLUSIVE | Inside TV | EW.comによると、米国ケーブルテレビチャンネル「Syfy」が来年2月26日から放映を開始するようだ。

特番の一回限りとかじゃなくて、シーズンで放映だって。

まるでReal Stealのようだ

ROBOT COMBAT LEAGUE FIGHT
ロボット同士が戦う映画「Real Steal」を思わせる内容だ。

240cmいう大きな人型ロボット同士が殴り合いの戦いをするという。

ロボットを操作する人はシャドーボクシングでロボットの動きを制御

金属がぶつかり合う迫力は、人間同士が殴りあうボクシングには無い迫力が期待できる。

時代はケーブルテレビか

日本のような広告収入だけでやっている民放では、これだけ制作費がかかりそうな番組は作れないだろうな。

米国は地上波テレビより、ケーブルテレビが主流って話を聞いたことがあるから、日本ももっとケーブルテレビが表にでてくれば、こういう番組がでてくるだろうね。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

人間とじゃんけんをするロボットの指の動きがすごい

ロボットとじゃんけんするには特別な機械を手に装着する必要があるようですが、このロボットの指の動きに注目して欲しい。

新しく購入したテレビのお陰でライフスタイルが激変した

そろそろ書こうと思っていたTOSHIBA REGZA 42Z1の使用感レビュー。届いてから約1ヶ月、あれこれ使ってみて自分のライフスタイルが大きく変わったことに気がついた。テレビ一台買っただけで、ここまで得られるものがあるとは思わなかった。

Google TVが登場したらテレビ業界はどうなる?

ソニー、インテル、Googleが共同開発したGoogle TVだが、噂じゃAppleもテレビを・・・って噂があるけど、テレビを開発する必要はないと思うけど、どのテレビもネットにつなげることができるようになっていることを考えると、今のテレビ業界も今まで通りのやり方は通用しない。

遂に届いたLED REGZA 42Z1は想像を遥かに上回る大迫力

Amazonで購入したので、配達状況を常に確認していたのですが、届くのはたぶん明日だろうなぁって思ったら、今朝届きました!義理の妹が遊びに来ていたけど、お構いなしに早速設置してみました。

スゴ過ぎても売れないこの時代のすごさ

パイオニアがテレビ開発から撤退する話はちょっと知っていたが、友だちからプラズマテレビのKUROの話を聞いてちょっと思ったことがある。

自力で充電しようとするロボット「Milestone 2」

このMilestone 2を観て、ロボットも必死に生きようとしていて、だんだんと生き物に近い存在になりつつあると感じ、少し恐さも感じた。

宇宙で活躍する最初の人型ロボットはRobonaut 2

11月1日に打ち上げられるスペースシャトル「ディスカバリー」には、宇宙飛行士6名の他にロボットが同乗する事になっていることを知ってます?意外とあまりニュースになってないけど、たぶん打ち上げられたらニュースになるかな。

ロボットや家電製品がケガをすると出血する時代がやってきた

ついにロボットや家電製品も出血して、さらに自己修復するって機能が付くかもって話です。何に使うんだよって思うでしょ?でも理解するとよく考えられてるって思う。

セクサロイドの可能性と必要性。2050年にロボットが売春を開始?

ニュージーランドの経営学教授と性科学者によるセクサロイドに関する論文に関する話ですが、まったくなくはない話だなと思って、セクサロイドの可能性と問題点などを真剣に考えてみる。考えるとなかなか面白い未来だと思う。

富士通の子グマ型ロボットはロボコップを管理するオムニ社が2020年に販売予定

最近、ロボコップのドラマ版を観てたので、富士通が子グマ型ロボットを作ったというニュースを観て「オムニ社?」って思ってしまった。時代がやっとロボコップに追いついてきたのかな?