未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプト

2012年12月14日 16:17

未来の車ってデザインがシャープで、自動運転機能や宙に浮いたり…ってのを想像しますが、近い未来はタイヤもまったく新しいモノになるのかもしれないと考えさせられました。

進化し続ける車とタイヤ

車は年々進化し続けています。電気自動車が出てきたり、安全機能が付いたりと。

Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性という記事のように、近い将来、自動運転機能も実現するでしょう。

だがタイヤはどうでしょう。

もちろん、まったく進化していないわけじゃないが、基本的に大きく変わっていない。

タイヤの基本を変える

今回紹介する動画は、未来を感じられると思います。

少し行き過ぎな部分もあるけど、コンセプトとしては面白いと思った。

リニア技術を使ったタイヤなんて、脱輪しそうですけどね。。

でも、たしかにそろそろタイヤの構造も考え直してもいい時代なのかもしれない。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

Google検索で3次元の立体グラフが作れるなんて知らなかった

いや、Google検索でグラフを作れることは知ってたけど、3次元の立体グラフを作れるとは知らなかった。しかも動くよ。なにこれスゴイんだけど。

空飛ぶ車『エアー・ビークル』を考える

スターフォーズ、バックトゥザフューチャー、フィフスエレメントといった近未来の映画などで必ずといっていいほど登場する『空飛ぶ車』。自分はこの技術はおそらく20年の間に実現するのではないかと考えている。

待ってました!FLVが再生できる『Adobe Media Player』

まるで湖のような世界最大のプールがあるSan Alfonso del Mar

そろそろ夏!となると、やっぱりリゾート地へ行きたくなりますが、一生に一度くらいはこんなところに行ってみたいものです。

これが本当の実写版ドラゴンボール!?

実写版ドラゴンボールといってもハリウッドが最近作った方ではなくて、YouTubeにアップロードされている動画の方だ。

ブリヂストンのパンクしないタイヤ!2020年の実用化を目指す

車本体は劇的な進化をしてきたが、タイヤは性能のみで大きな変革は起きなかった。ですが、2020年にタイヤが大きく変わるかもしれない。

Google TVが登場したらテレビ業界はどうなる?

ソニー、インテル、Googleが共同開発したGoogle TVだが、噂じゃAppleもテレビを・・・って噂があるけど、テレビを開発する必要はないと思うけど、どのテレビもネットにつなげることができるようになっていることを考えると、今のテレビ業界も今まで通りのやり方は通用しない。

ヴァイオリンとHip Hopのコラボレーション

Hip Hop DJがヴァイオリン等のストリングス系の音色を使うことは多々あるが、実際に生演奏するヴァイオリニストとHip Hop DJが合わせて演奏しているのをみると、結構刺激的で面白いなぁと感じる。

グルーポンと競合するであろうGoogle offersはどんなサービスになるだろうか

つい最近、Googleはクーポンサイトで有名なGroupon(グルーポン)を買収しようとしていたが、結局それは失敗に終わり、Googleは独自のクーポンサービスを提供しようとしている。最近いろいろ話題のグルーポンだが、Googleらしくやってもらいたいものだ。そこで、どんなサービスになるか予想してみる。

時速322キロメートルで走るすごい三輪車

三輪車といってもさすがに子供が乗る三輪車ではない。自動三輪車の話だが、それでも時速322キロメートルも出るってすごい。いったいどんな三輪車なのか。