街灯がなくてもしっかりと見える光る車線!蓄光塗料で描かれた安全でカッコイイ道路

2014年4月23日 7:30

都内を夜ドライブするのは楽しいけど、地方は真っ暗闇で道路が車線が見づらくて正直恐さ。でもオランダにあるスマート・ハイウェーと言われる高速道路はそんな恐さがない。むしろカッコよくて走っていて楽しいかもしれない。

街灯がない夜の道

夜間のドライブは楽しいんですけど、こわい道もありますよね。自分も最近は毎日のように運転しているのですがライトつけていても、やはり夜は車線が見づらい。

特に高速道路で地方を走る場合、街灯が少なくてハイビームで走っていても正直こわいところはいっぱいあります。

だからといって街灯をいっぱい設置するというのは現実的ではないですよね、予算的に考えて。

車線が光ればよく見える

スマート・ハイウェー

デザイナーのDaan Roosegaarde氏と建設会社が共同して開発したスマート・ハイウェーと言われる高速道路がオランダにある。

この高速道路、昼間は太陽光を蓄積し、夜間に発光する蓄光塗料で車線が描かれている。

映像でも言ってるけど、トロンみたいだわ。色がグリーンってのがまたいいね。

スマート・ハイウェー構想には、車が走ることで巻き起こる風を受けて発光する風車や、車の前方を車が走る時だけ照らしてくれるといったものなど、いろいろあるようです。

高速道路だけじゃなく、山道とか

山の道とか正直夜は走りたくない。ちょっと先が見えないでしょ、山道って。

街灯なんて皆無だし…というか電気を通すのが大変というのもあるよね。

そういう環境なら、この蓄光塗料の車線は名案だと思う。

自然を壊すこともなく、街灯とか無機物をたくさん設置するほど美観を損ねることもないし、事故を減らせるかもしれない。

日本の道路も導入してもらいたいな。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプト

未来の車ってデザインがシャープで、自動運転機能や宙に浮いたり…ってのを想像しますが、近い未来はタイヤもまったく新しいモノになるのかもしれないと考えさせられました。

人工臓器を現代社会から守る技術

電子機器が体内に無くても、電波が身体に対して完全に無害とはいえないので、電波から身体を守る技術も必要だと思う。

落下によるスマートフォンやタブレットの故障を防ぐエアバッグ!Amazonが特許を取得

携帯電話やスマートフォンって、つい手が滑って落としたり、ポケットからポロリと落ちて、液晶が割れてしまったりするわけですが、そんなことが無くなるのかな?

ブリヂストンのパンクしないタイヤ!2020年の実用化を目指す

車本体は劇的な進化をしてきたが、タイヤは性能のみで大きな変革は起きなかった。ですが、2020年にタイヤが大きく変わるかもしれない。

死角になって見えないところもスケスケ!新しいタイプのバックモニター

車庫入れの際に後ろに何があるのか見える範囲であれば問題ないのですが、低い位置にあるものは見えなくてぶつける可能性もあります。このバックモニターはそれらの問題を解消します。

ガルウィングの国産のスーパーカー『真庭』

街灯で電気自動車を充電?充電ステーションを一気に普及させる画期的なプロジェクト

電気自動車用の充電ステーションはまだまだ少ない。そのため遠出はまだまだ心配。だから電気自動車に手を出すことが出来ない人だっているはず。そんな問題が一気に解決されるかもしれない。

時速322キロメートルで走るすごい三輪車

三輪車といってもさすがに子供が乗る三輪車ではない。自動三輪車の話だが、それでも時速322キロメートルも出るってすごい。いったいどんな三輪車なのか。

Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性

セルフドライビングカー、オートドライビングカー、自動操縦自動車…まぁ人によって呼び方は様々でしょうが、車に乗れば座っているだけで目的地まで連れていってくれる車があったらどう思います?恐いなぁって人もいれば、単純にスゴイなぁ、未来だなぁって感じる人もいるでしょう。その技術の可能性について動画を観ながら考えてみます。

TOYOTAが研究しているマルチメディアウィンドウに未来を感じる

小さい頃、車に乗っている時、曇っている窓ガラスを使って絵を書いたりしたものです。最近では、甥っ子、姪っ子は車の中でDVDを観ていたりします。時代によって車の中での過ごし方が違いますね。