街灯がなくてもしっかりと見える光る車線!蓄光塗料で描かれた安全でカッコイイ道路

2014年4月23日 7:30

都内を夜ドライブするのは楽しいけど、地方は真っ暗闇で道路が車線が見づらくて正直恐さ。でもオランダにあるスマート・ハイウェーと言われる高速道路はそんな恐さがない。むしろカッコよくて走っていて楽しいかもしれない。

街灯がない夜の道

夜間のドライブは楽しいんですけど、こわい道もありますよね。自分も最近は毎日のように運転しているのですがライトつけていても、やはり夜は車線が見づらい。

特に高速道路で地方を走る場合、街灯が少なくてハイビームで走っていても正直こわいところはいっぱいあります。

だからといって街灯をいっぱい設置するというのは現実的ではないですよね、予算的に考えて。

車線が光ればよく見える

スマート・ハイウェー

デザイナーのDaan Roosegaarde氏と建設会社が共同して開発したスマート・ハイウェーと言われる高速道路がオランダにある。

この高速道路、昼間は太陽光を蓄積し、夜間に発光する蓄光塗料で車線が描かれている。

映像でも言ってるけど、トロンみたいだわ。色がグリーンってのがまたいいね。

スマート・ハイウェー構想には、車が走ることで巻き起こる風を受けて発光する風車や、車の前方を車が走る時だけ照らしてくれるといったものなど、いろいろあるようです。

高速道路だけじゃなく、山道とか

山の道とか正直夜は走りたくない。ちょっと先が見えないでしょ、山道って。

街灯なんて皆無だし…というか電気を通すのが大変というのもあるよね。

そういう環境なら、この蓄光塗料の車線は名案だと思う。

自然を壊すこともなく、街灯とか無機物をたくさん設置するほど美観を損ねることもないし、事故を減らせるかもしれない。

日本の道路も導入してもらいたいな。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

TOYOTAが開発した自動操縦の試作車「AASRV」!Googleカーのライバル出現で未来が近づく

CESっていう有名な家電の巨大展示会にTOYOTAが展示したのが自律走行車両!この分野ではGoogleカーが先行していたが、自動車メーカーであるTOYOTAが参入することで、一気に未来が切り開かれそうだ。

3億円するLykan Hypersportがカッコ良すぎる!W Motorsが開発したスーパーカー

ランボルギーニ、フェラーリは1億円くらいしますが、ブガッティは車によっては2億円くらいします。ですが、これらの高級車を上回る超高級車が登場しました。

1リットルのガソリンで100km走るルノーのEOLAB!超低燃費の車が続々と…

フォルクスワーゲンがリッター111kmというハイブリッド車XL1去年発表したが、今回はルノーがEOLAB(エオラブ)という超低燃費なコンセプトカーを発表した。

ガルウィングの国産のスーパーカー『真庭』

ちょっと2050年の東京まで!完成度高すぎる未来に行けるタクシー?

自分たちの世代で、誰もが知っているタイムマシーンって言ったら、映画「BACK TO THE FUTURE」に出てくるデロリアンでしょ。もうね、時代はタクシーで未来に行けるんですよ!?

車椅子に変わるかもしない『Hubo FX-1』

100kg以上の人間が搭乗しても問題なく2足歩行ができるロボット『Hubo FX-1』の動画をたまたま見ることができた。(記事内に動画あり)

搭乗者が搭乗席で多少揺れたりしても、ロボットの足がしっかりとバランスをとり、非常に安定感があり、人間搭乗型ロボットとしては大きな一歩ではないかと思う。

ブリヂストンのパンクしないタイヤ!2020年の実用化を目指す

車本体は劇的な進化をしてきたが、タイヤは性能のみで大きな変革は起きなかった。ですが、2020年にタイヤが大きく変わるかもしれない。

人工臓器を現代社会から守る技術

電子機器が体内に無くても、電波が身体に対して完全に無害とはいえないので、電波から身体を守る技術も必要だと思う。

Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性

セルフドライビングカー、オートドライビングカー、自動操縦自動車…まぁ人によって呼び方は様々でしょうが、車に乗れば座っているだけで目的地まで連れていってくれる車があったらどう思います?恐いなぁって人もいれば、単純にスゴイなぁ、未来だなぁって感じる人もいるでしょう。その技術の可能性について動画を観ながら考えてみます。

死角になって見えないところもスケスケ!新しいタイプのバックモニター

車庫入れの際に後ろに何があるのか見える範囲であれば問題ないのですが、低い位置にあるものは見えなくてぶつける可能性もあります。このバックモニターはそれらの問題を解消します。