街灯がなくてもしっかりと見える光る車線!蓄光塗料で描かれた安全でカッコイイ道路

2014年4月23日 7:30

都内を夜ドライブするのは楽しいけど、地方は真っ暗闇で道路が車線が見づらくて正直恐さ。でもオランダにあるスマート・ハイウェーと言われる高速道路はそんな恐さがない。むしろカッコよくて走っていて楽しいかもしれない。

街灯がない夜の道

夜間のドライブは楽しいんですけど、こわい道もありますよね。自分も最近は毎日のように運転しているのですがライトつけていても、やはり夜は車線が見づらい。

特に高速道路で地方を走る場合、街灯が少なくてハイビームで走っていても正直こわいところはいっぱいあります。

だからといって街灯をいっぱい設置するというのは現実的ではないですよね、予算的に考えて。

車線が光ればよく見える

スマート・ハイウェー

デザイナーのDaan Roosegaarde氏と建設会社が共同して開発したスマート・ハイウェーと言われる高速道路がオランダにある。

この高速道路、昼間は太陽光を蓄積し、夜間に発光する蓄光塗料で車線が描かれている。

映像でも言ってるけど、トロンみたいだわ。色がグリーンってのがまたいいね。

スマート・ハイウェー構想には、車が走ることで巻き起こる風を受けて発光する風車や、車の前方を車が走る時だけ照らしてくれるといったものなど、いろいろあるようです。

高速道路だけじゃなく、山道とか

山の道とか正直夜は走りたくない。ちょっと先が見えないでしょ、山道って。

街灯なんて皆無だし…というか電気を通すのが大変というのもあるよね。

そういう環境なら、この蓄光塗料の車線は名案だと思う。

自然を壊すこともなく、街灯とか無機物をたくさん設置するほど美観を損ねることもないし、事故を減らせるかもしれない。

日本の道路も導入してもらいたいな。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

ウォルマート社の大型トレーラートラックが未来すぎる!燃費を抑えた画期的なデザイン

大型トレーラートラックって聞くと、ゴツくていかにも作業用の車ってイメージがありますが、ウォルマート社が新しく開発した大型トレーラートラックは、想像しているトラックとは全く違います。美しくて、エコで、未来です。

空飛ぶ車『エアー・ビークル』を考える

スターフォーズ、バックトゥザフューチャー、フィフスエレメントといった近未来の映画などで必ずといっていいほど登場する『空飛ぶ車』。自分はこの技術はおそらく20年の間に実現するのではないかと考えている。

TOYOTAが研究しているマルチメディアウィンドウに未来を感じる

小さい頃、車に乗っている時、曇っている窓ガラスを使って絵を書いたりしたものです。最近では、甥っ子、姪っ子は車の中でDVDを観ていたりします。時代によって車の中での過ごし方が違いますね。

1リットルのガソリンで100km走るルノーのEOLAB!超低燃費の車が続々と…

フォルクスワーゲンがリッター111kmというハイブリッド車XL1去年発表したが、今回はルノーがEOLAB(エオラブ)という超低燃費なコンセプトカーを発表した。

死角になって見えないところもスケスケ!新しいタイプのバックモニター

車庫入れの際に後ろに何があるのか見える範囲であれば問題ないのですが、低い位置にあるものは見えなくてぶつける可能性もあります。このバックモニターはそれらの問題を解消します。

かっこいい超高級パトカーがイタリアに登場!?

こんなパトカーが走ってたら、スピード違反で逃げるおバカな奴はいなくなるだろうね。っていうより、バックミラーに見えた瞬間に諦めるよね。

落下によるスマートフォンやタブレットの故障を防ぐエアバッグ!Amazonが特許を取得

携帯電話やスマートフォンって、つい手が滑って落としたり、ポケットからポロリと落ちて、液晶が割れてしまったりするわけですが、そんなことが無くなるのかな?

ブリヂストンのパンクしないタイヤ!2020年の実用化を目指す

車本体は劇的な進化をしてきたが、タイヤは性能のみで大きな変革は起きなかった。ですが、2020年にタイヤが大きく変わるかもしれない。

時速322キロメートルで走るすごい三輪車

三輪車といってもさすがに子供が乗る三輪車ではない。自動三輪車の話だが、それでも時速322キロメートルも出るってすごい。いったいどんな三輪車なのか。

オフロードも走れるセグウェイみたいなDTV SHREDDER

道路はもちろん雪道や山道だって走り抜ける!だってキャタピラ付いてるもん。軍用目的のために開発したのかは分からないが、そういう使い方もできるようだ。