なぜGoogleマップと別なの?『Googleトランジット』

2007年5月7日 11:12

Googleトランジットというオンラインサービスが始まっているが、使ってみて最初に思ったこと。なぜGoogleマップと一緒にならなかったのか。

Googleマップと連動する乗り換え検索「Googleトランジット」より。

出発地や到着地に「東京タワー」「六本木ヒルズ」と施設名を入力すれば、最寄り駅が分からない場合でも検索できる。地図はGoogleマップと同様にスクロール、拡大、縮小、航空写真に切り替えといった操作ができる。

実際に試してみました。

下北沢から東京ミッドタウンまでの道のり

下北沢から乃木坂までの電車賃も出るし、どれくらいかかるか時間もでる。申し分ないです。

乃木坂から東京ミッドタウンまでは・・・

乃木坂から東京ミッドタウンまでの地図

飛べばいいのかな?

どうもGoogleトランジットはロゴが電車のマークだけに歩きに関しては関係ありません!っていう立場っぽいですね。

それにしてもなぜGoogleトランジットと名称を変えてリリースする必要があったのでしょうか。Googleマップの機能のひとつでよかったのでは?と思う。

最近マイマップという自分でGoogleマップに線などを書き込める機能が付いたのだから、もしGoogleマップに取り込まれていれば、Googleトランジットの駅から飛べ!っていう中途半端な案内地図にマイマップで線を引いて、友達に場所を教えるといったように、マイマップとGoogleトランジットのお互いの機能を高めることができたのに、非常にもったいないと感じた。

ただ乗り換え案内のオンラインサービスならば、NAVITIMEの方が機能が高いと思う。

Googleの強みは他の強力なツールとの連携だ。

それをなぜバラしてリリースしたのか。

アメリカ版Googleも、Google Ride Finder(近くを走っているタクシーを捜せる機能)も同じようにGoogleマップとバラしている。

おそらくベータ版だからですかね。ひとつの機能として十分機能すれば、Googleマップなどと統合するのではないだろうか。機能として追加するのはカンタンだけどはずすのは面倒だし無責任と判断したからでしょう。

Googleマップ、Googleトランジット共に今後に期待。 

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

新米ママを助ける!Amazon ベビー&マタニティストア

直感で使えるアクセス解析『Google Analytics』

短いようで意外と長い2分間の休息で気付かされたこと

パソコンを触っていると、気がつくと平気で1時間や2時間が過ぎてたりしますよね。気がつくとニュース読んでたり、知らないうちにWikipediaを開いていたり。そんな時は時間間隔をリセットする必要があります。

Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性

セルフドライビングカー、オートドライビングカー、自動操縦自動車…まぁ人によって呼び方は様々でしょうが、車に乗れば座っているだけで目的地まで連れていってくれる車があったらどう思います?恐いなぁって人もいれば、単純にスゴイなぁ、未来だなぁって感じる人もいるでしょう。その技術の可能性について動画を観ながら考えてみます。

携帯でも観覧が可能になる『Googleカレンダー』

お店や場所に”チェックイン”して友人と情報を共有するサービスが面白い

知っている人は知っているチェックインサービス。使ってみて非常に面白いサービスだとは思うが、まだまだ始まったばかりといった感じ。ホテルに関するサービスではなく、いわゆる位置情報を使ったクーポンサービスのようなもの・・・かな。

未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプト

未来の車ってデザインがシャープで、自動運転機能や宙に浮いたり…ってのを想像しますが、近い未来はタイヤもまったく新しいモノになるのかもしれないと考えさせられました。

必要なものだけのブラウザ『Camino』

新しいオンラインサービスの作り方。その1

Google、Twitterなどの世界中の人々が使うサービスを支える日本人ハッカー

毎日一回は使っているだろう様々なインターネットサービス。それらのサービスは世界の中から選ばれた優秀な人たちが作っているわけだが、そんな優秀な人たちだって気がつかない問題もある。それらの問題を指摘して話題になっている日本人ハッカーがいる。