本気で演奏すればiPhoneの楽器アプリは意外と本格的

2010年10月23日 17:00

最近のスマートフォンはいろんなアプリケーションをインストールすることができます。その中には楽器アプリっていうのもあって、ピアノ、ドラムやギターなどあるけど、小さいからピアノ鍵盤なんて1オクターブ分くらいしかない。なにを演奏できるんだよ!って思ったけど間違いだった。

もう携帯電話の域を超え過ぎ

海外のバンドがiPhoneの楽器アプリで演奏しちゃうって動画です。

楽器アプリって正直お遊び程度の物かと思ってたけど、ちゃんとしたバンドがちゃんと演奏すると馬鹿に出来ませんね、楽器アプリ。

もうこのバンドiPhoneだけで活動していけばいいと思う。。

で、iPhoneのCMに出る。

・・・もしかして狙ってるのかな。

日本では出来ないな

日本でこんな事したら、怒られて終わりだろうな。

パフォーマーもレベルが高い必要があるよね。それと万人受けする必要があるね。

まぁ日本の区間の短さだと、1曲終わる前に駅に着いちゃうね。たぶん。

手軽に楽曲制作ができるな

楽曲アプリがあれば手軽に楽曲制作とかできるなぁって思ったのがこの動画。

流石に複数のiPhoneは用意できないけど、まったくの楽曲制作初心者にとっては低予算で制作環境を作る事ができるな。

iPhoneとモバイルレコーダーさえあればいいし。

モバイルレコーダーもKorgとかRolandで8chくらいで持ち運べるくらい小さいのあるしね。

どっちにしても楽器のスキルは必要だと思うけど。

プロが普通に使い始めたりして

今回のバンドはネタでこういうことやってるけど、楽器アプリがもっと高機能になれば、プロが普通に楽器として使い始めるかもしれないね。

パソコンにインストールするソフトシンセだって最初は使い物にならないなんて言われてたけど、最近じゃほとんどの曲でソフトシンセが使われているはず。

そう考えると楽器アプリだって時が経てば楽器として扱われる日がやってくるはずだ。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

いろんな形式の動画を再生できるMac用動画プレイヤー「MPlayerX」が凄過ぎる

Macでさまざまな動画を観ようとするといろんなプレイヤーをインストールすることになる。自分は今までQuickTime、VLC、RealPlayerなど用途に合わせて使い分けてきた。もちろん動画形式のせいもあるけど。でも、もうどの動画プレイヤーも使うことはないだろう。

popSLATEというスマートフォンケースが画期的!スマートフォンにディスプレイをもう一つ

スマートフォン専用ケースの背面って無地のものが多いですよね。popSLATEはそんな無駄なスペースに自分好みの写真を表示したりできるディスプレイを備えています。

25年前、iPadとSiriは夢のツール!25年後の未来が楽しみでしょうがない

最近docomoのしゃべってコンシェルのCMを観て、だんだん世の中も音声ナビゲーションが主流になりつつあるなぁと感じた。25年前に作られたAppleの音声ナビゲーションSiri(シリ)とiPadの生活を夢みたコンセプト動画を紹介しつつ、過去と未来を考える。

MacのキャプチャソフトはSkitch以外考えられない!ってくらい便利

キャプチャソフトってMac純正のアプリケーションや、ブラウザの拡張機能とかあるけど、正直ここ数ヶ月Skitchを使っていたけど、これは手放せないアプリケーションのひとつだわ。

ファイルのアップロードはトラック野郎『Transmit 3』

手書きメモもスマートフォンで管理できるメモ帳とアプリ

普段、自分はメモや考えていることをスマートフォンのEvernoteでカキカキしているんですが、実際誰かと話し合いながらメモやイラストを書くとなると、メモ帳に手書きするしかないんですよね。そこで最近知ったのが「ショットノート」という存在。

ブログ記事をローカルから投稿できる『ecto』

コレはiPad miniのCM…だよね?違うの?何これ

一度はiPad miniのお洒落なCMは観たことがあるかと思う。ピアノの演奏が素敵ななんともAppleらしいCM。でもこの動画は何かがちょっと違う…違うね。

Macのバックアップツール「Time Machine」のすごいところ

新しいMacBook Proを使い始めて、もう1ヶ月経ちますが、ふとTime Machineってスゴいなぁと思ってしまった。

近い将来起こる可能性がある東京大地震に役に立つアプリ

ここ最近、東北地方太平洋沖地震のニュースや記事が多いですが、ZOOLBOXでは違う視点で今回の地震の経験を活かして、近い将来起こる可能性がある東京の大地震に備えて、役に立つかもしれないアプリを自分なりにまとめておく。