StickNFindを鍵に付ければ失くしても平気!アプリですぐに見つけられる

2012年12月2日 11:12

急いでいる時に限って家の鍵が見つからなかったりするんですよね。すぐに出かけなきゃいけないのに…鍵をかけずに外出するわけにもいかない。そんな時、あなたはどうしますか?

今、資金集めをしている少し便利そうなプロダクトを紹介します。

家の鍵がすぐに見つかる

大事な家の鍵にStickNFindステッカーという小さな丸いシールを貼っておきます。

Sticknfind

昨日、飲み過ぎたあなたは家の鍵をどこに置いたか覚えていません。すぐに家を出なきゃいけないのに…。

そんな時は、スマートフォンのStickNFindアプリを立ち上げます。

すると、画面には鍵の位置がハッキリと…。

Iphone radar

レーダーが示す場所を探せば、そこに鍵があるはずです。

Bluetooth通信技術を使っているそうです。

鍵だけでなく、ペットや子供にも

見失っては困るモノに使いたい。

特に子供とかにこれを付けておけば、万が一の時に非常に助かりますね。

目を離さないことが一番なのですが…万が一を考えて。

資金調達の真っ最中

残念ながら、まだ発売はされていません。製品化に向けてindiegogoで資金調達の真っ最中です。

既に注目を集めており、順調に資金は集まりつつあるので、近い将来市場に出てくるでしょう。

欲しいな。これがあれば慌てふためくことがなくなるな。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

近い将来起こる可能性がある東京大地震に役に立つアプリ

ここ最近、東北地方太平洋沖地震のニュースや記事が多いですが、ZOOLBOXでは違う視点で今回の地震の経験を活かして、近い将来起こる可能性がある東京の大地震に備えて、役に立つかもしれないアプリを自分なりにまとめておく。

popSLATEというスマートフォンケースが画期的!スマートフォンにディスプレイをもう一つ

スマートフォン専用ケースの背面って無地のものが多いですよね。popSLATEはそんな無駄なスペースに自分好みの写真を表示したりできるディスプレイを備えています。

未来のSIMカードはどんな携帯電話やスマートフォンでもSuicaやEdyが使える!?

自分が使っているXperiaにはおサイフケータイなど携帯電話をかざして決済することができない。おサイフケータイ機能はあれば便利なんだけどなぁって思っているのですが、その為だけに違約金払ってまで買い換えるわけには・・・。でも新しいSIMカードでそんな迷いもなくなるかもしれません。

ブログ記事をローカルから投稿できる『ecto』

Googleが未来のメガネを提案!手から携帯電話が消える時代が来た

Googleがまた面白くて未来を感じさせてくれるプロジェクトを開始した。Project Glassという未来のメガネ開発プロジェクト!このメガネがあれば生活はより便利で楽しいものになりそうです。

ついにGoogle Driveが登場!DropboxとEvernoteを足して、さらに+αな感じ?

ついにGoogleからクラウドストレージサービスがリリースされましたね。その名もGoogle Drive。DropboxやSkyDriveなどがあるが、やはりそこはGoogle。魅力的なポイントがいっぱい!

どんな電化製品もスマートフォンでON/OFFできるようになる?電池の代わりにTethercellを入れるだけ

最新の電化製品ならスマートフォンで遠隔操作で電源をON/OFFできる機能があるかもしれない。だが、オモチャや小さな電化製品にそんな機能が付いているはずがない。

手書きメモもスマートフォンで管理できるメモ帳とアプリ

普段、自分はメモや考えていることをスマートフォンのEvernoteでカキカキしているんですが、実際誰かと話し合いながらメモやイラストを書くとなると、メモ帳に手書きするしかないんですよね。そこで最近知ったのが「ショットノート」という存在。

Mozilla Labsが提案する未来のスマートフォンSeabird

コンセプトではあるが、非常に魅力的なスマートフォンを提案しているのが、ブラウザFirefoxの開発でおなじみのMozilla。こんなの発売されたら10万でも買うわ。簡単に言うと手の中に収まるノートパソコン以上の携帯電話!

コンタクトレンズが情報を表示できる液晶ディスプレイになる!5年以内に商用実用化されるだろう

コンタクトレンズに直接テキスト情報などを表示することができる技術は以前にも紹介したが、具体的な商用化の時期やプロトタイプの発表は初めてだ。