androidを搭載した世界初のGoogle TV購入を検討する理由

2010年10月22日 18:20

ずーっとテレビを買い替えなきゃと思っていたが、Google TVと言われているSony Internet TVが日本市場にも投入されると聞いて、もうこれしかないと思った。その理由は人それぞれだが、自分としては非常に魅力的だ。

sony_google_tv01.jpeg

普通のテレビは観れるのかが心配だった

最初、Google TVが話題になった時、YouTubeなどのインターネット上の動画を観ながらネットで検索をすることができるとなっていたので、もしや普通の電波放送番組は観れないのかなぁって心配になっていました。

日本への投入を検討しているというニュースで

テレビ番組以外に、「ユーチューブ」などウェブサイトや配信動画、録画映像までが一気に表示

という記述があったので、普通の番組も観る事ができるんだと安心した。

1.安すぎるくらいの価格

アメリカ市場での価格だが、24V型で約6万ドル(約5万円)、46V型でも約14万ドル(約12万円)ほどだ。

この価格をみて安すぎると思ったくらいだ。

普通のテレビでも46V型で12万円は安いし、インターネット機能に加え、androidの拡張性を考えると安すぎる!

安いパソコンとテレビを買ってもこの価格は難しいはず。それがこの価格だからなぁ。

2.androidマーケットの存在

普段からandroidを搭載したXperiaを使っているので、androidの凄さを知っている。

そのandroidがテレビに搭載されちゃったらと思っただけで、すごいワクワクする。

メディアではテレビを観ながらTwitterでつぶやいたり、ネットで検索したり・・・という部分を強調しているが、もっといろいろできるようになる。

androidマーケットでアプリをインストールすればFacebookだってできるだろうし、メールだってできるはず。Skypeが日本でもちゃんと公開されれば、Skypeで電話だってできるだろうよ。

テレビの大きな画面で、自分の撮った写真を観たり、音楽を聴いたりする機会も増えるかもしれない。

Google TVがライフスタイルを大きく変える事は間違いない。

どんどん新しいアプリが投入されているandroidマーケットから、新しいアプリをインストールすれば、常に新しいテレビであり続けるというのはいいね。

3.”気軽に”いろいろできる

家には複数のパソコンが存在する。一応NASを導入していて、どのパソコンからもデータを引っ張りだす事ができる。

だが、自分以外は気軽に写真を見たり、音楽を聴いたりすることはできない。相方に言わせると難しいということらしい。

Google TVはパソコンに詳しくない相方でも写真を観たり、音楽を聴いたり、メールしたりできるようになるかもしれない。

たしかに、スケジュールやメールを確認するのにいちいちパソコンを立ち上げるのは面倒で、簡単にチェックできるandroidを搭載しているXperiaで確認することが多い。

それが大きな画面のGoogle TVでできるようになればそりゃ便利だ。

ちょっと調べたい時に気軽にネットで調べる事ができるっていうの、もうちとしては非常に魅力的だ。

日本市場投入時期と3D対応

時代は3Dテレビ。実はGoogle TVも一部メディアによると3D対応も検討をしているという。

プラットフォームのアップデートで対応できるものなのかは分からないが、もしかしたら今報道されているテレビとは違う3D対応版のちょっと高めのSony Internet TVが出てくるかもね。

一番不安なのは日本市場への投入時期だ。

年内に発売してほしいが、間違いなく地デジ開始前にはでるだろうよ!当たり前か。。

とりあえず待ちます!

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

Google、Twitterなどの世界中の人々が使うサービスを支える日本人ハッカー

毎日一回は使っているだろう様々なインターネットサービス。それらのサービスは世界の中から選ばれた優秀な人たちが作っているわけだが、そんな優秀な人たちだって気がつかない問題もある。それらの問題を指摘して話題になっている日本人ハッカーがいる。

コンタクトレンズが情報を表示できる液晶ディスプレイになる!5年以内に商用実用化されるだろう

コンタクトレンズに直接テキスト情報などを表示することができる技術は以前にも紹介したが、具体的な商用化の時期やプロトタイプの発表は初めてだ。

Google検索で3次元の立体グラフが作れるなんて知らなかった

いや、Google検索でグラフを作れることは知ってたけど、3次元の立体グラフを作れるとは知らなかった。しかも動くよ。なにこれスゴイんだけど。

なぜGoogleマップと別なの?『Googleトランジット』

お店や場所に”チェックイン”して友人と情報を共有するサービスが面白い

知っている人は知っているチェックインサービス。使ってみて非常に面白いサービスだとは思うが、まだまだ始まったばかりといった感じ。ホテルに関するサービスではなく、いわゆる位置情報を使ったクーポンサービスのようなもの・・・かな。

地上からの風景を表示『Google Maps Street View』

『Google Analytics』が正式版へ

TOYOTAが開発した自動操縦の試作車「AASRV」!Googleカーのライバル出現で未来が近づく

CESっていう有名な家電の巨大展示会にTOYOTAが展示したのが自律走行車両!この分野ではGoogleカーが先行していたが、自動車メーカーであるTOYOTAが参入することで、一気に未来が切り開かれそうだ。

未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプト

未来の車ってデザインがシャープで、自動運転機能や宙に浮いたり…ってのを想像しますが、近い未来はタイヤもまったく新しいモノになるのかもしれないと考えさせられました。

自作スマートフォンが現実に!モジュール式で自分好みに自由に組み立てることができる

自分が持っているスマートフォンの不満っていっぱいありますよね?電池がもっと多いやつだったらとか、カメラがもっと高画質だったらなど、いっぱいあるだろうけど、自分用にスマートフォンを作れたら不満なんてでないと思いませんか?