プリンターは紙に文字を印刷するだけない!自動車や血管を作れる3Dプリンター

2010年11月8日 17:00

最初意味が分からなかった。。3Dプリンターの存在は知っていたけど、自動車って・・・。でもなんかもう未来の技術が最近じゃ普通に知らないところで存在しているってのがすごいよね。

3Dプリンターってなに?

普通のプリンターって、紙にインクを吹き付けて印刷します。これは2次元ですよね。

3Dってことは立体的になるわけですよ。

・・・これ観りゃ分かるか。

こういう機械があるって知らない人も結構いるよね。

今じゃ製品の部品の型も3Dプリンターを使って作っていたりするそうですよ。

さすがにプリントボタン押したら車が完成!?

ってなことにはならないですよ。あまり英語が得意じゃないので、公式サイトをみてもイマイチ分かりませんが、制作風景の画像などを観る限り中身は手作りです。

外装などを3Dプリンターで作り、組み立てたんだ!ってことみたいです。

101104threedcar.jpeg

そのうちプリントボタンを押しただけで車ができる時代がやってくるのかもしれないですね。

自分がデザインしたデータを車屋さんに持っていくと、3Dプリンターで車を作ってくれて、その日のうちに乗って帰るという時代がやってきたりして。。

人間の臓器だって3Dプリンターで

以前にも何度か記事(人間が本物の心臓を作り出す未来はすぐそこまで来ている)にしている3Dバイオプリンター。

その記事に掲載してある動画を観て頂ければ分かるが、プリントボタンをポチっと押すと、人間の血管が出来上がっちゃうんですよ!

そのうち臓器だって完璧に作り上げてしまうでしょう。

遂にプリンターで本当になんでも作る事ができる時代になってしまいました。

プリンターは「紙に字を印刷する」というイメージがありますが、そろそろ考えを変える必要がありますね。

プリンターは何でも作れる魔法の機械!

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

3D映像をジェスチャーで操作するiPoint 3D

今までジェスチャーで何かを操作したりするっていうのはあったけど、このiPoint 3Dは3D映像をジェスチャーで操作できるという。いったいどういう使い方するんだろうか。

また一歩ホログラムディスプレイが現実に近づいた!16個のウェブカメラで撮影して立体投影

ホログラム映像はSF映画などで、遠くにいるはずの話し相手が、まるで目の前にいるかのように話しているシーンを観た事があると思う。このホログラム技術がもう数年後には実現しちゃうかもしれない。

好きな文字や形の泡を作り出して空に飛ばすプリンター

空の広告って言えば、気球やアドバルーンとかだけど、もう見慣れてしまったせいもあって、正直効果は薄い。でも、もし空に文字が浮かんでたら・・・見るよね。

画面の中のキャラクターを触ることができるタッチパネルディスプレイ

ディスプレイが進化すると楽しい未来が待っていると以前言ったように、このタッチパネルディスプレイも面白いかも。もし、画面中のキャラクターを触ることが出来たらどうですか?

3Dテレビの登場でカメラも3Dに

3Dテレビが登場しはじめたけど、3Dの媒体ってまだ映画くらいなんだよね。でもハイビジョン映像などが出たときも映画だけだったけど、今ではいろんなものがハイビジョンだよね。

メールをキレイな女性に変えてくれる3D Mailbox!迷惑メールさえも嬉しくなるかもしれない

毎日メールを読むのにウンザリしている人にお勧めかもしれない。この3D Mailboxはあなたのメールボックスをマイアミビーチに変えてくれます!?