空飛ぶ車のPAL-Vが2014年発売!意外とカッコイイかも

2012年4月7日 16:00

空飛ぶ車は何度かこのブログでも取り上げているが、いろいろ問題がありそうなものが多くて、まだまだ夢のような話しだなぁって思っていたが、遂に一般販売されそうですよ。

陸では最高時速180km

意外と速い!

だいたいこういうどっちも入ってます!的な乗り物ってスピードが遅かったりするんですけど、スポーツカー並の速さがあります。

意外と速い空飛ぶ車PAL-V

三輪自動車としてちゃんと公道を走れるそうです。

ジャイロコプターとスポーツカー

以前、セスナ機と車を組み合わせた空飛ぶ車の動画を観たんですが、あれはちょっとひどかった。

セスナ機の翼を折りたたむのは良かったんだけど、そのせいで、車として走った時に横が全く見えないって…。

ジャイロコプターと車の融合PAL-V

今回の空飛ぶ車はその心配はなさそう。

ジャイロコプターってのは、まぁヘリコプターに似ているけど、ちょっと違う。

どっちかというと飛行機に近いんですよね。

安定した飛行を実現するために、プロペラが付いてる感じです。

価格は2,700万円から

これは乗ってみたいと思った。

開発進むジャイロコプター型空飛ぶ自動車「PAL-V」によると

最初の商用モデルは2014年の発売を予定しており、価格は25万~30万ユーロ(約2700~3300万円)になるだろう

ということらしい。ただ、日本では無理だろうね。

というより毎回空港に行かないと飛び立てないですからね。

ただ、今回のPAL-Vを観て、やっとそれっぽいのが登場したなと。今後に期待したい。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

1,000円以下で350km以上走れる電気自動車SIM-WILが凄い

ついに電気自動車も長距離移動の手段になりそうです。351kmも走れるSIM-WILという電気自動車が発表されました。フル充電には1,000円かからないんですよ。

ブリヂストンのパンクしないタイヤ!2020年の実用化を目指す

車本体は劇的な進化をしてきたが、タイヤは性能のみで大きな変革は起きなかった。ですが、2020年にタイヤが大きく変わるかもしれない。

ガルウィングの国産のスーパーカー『真庭』

車椅子に変わるかもしない『Hubo FX-1』

100kg以上の人間が搭乗しても問題なく2足歩行ができるロボット『Hubo FX-1』の動画をたまたま見ることができた。(記事内に動画あり)

搭乗者が搭乗席で多少揺れたりしても、ロボットの足がしっかりとバランスをとり、非常に安定感があり、人間搭乗型ロボットとしては大きな一歩ではないかと思う。

ウォルマート社の大型トレーラートラックが未来すぎる!燃費を抑えた画期的なデザイン

大型トレーラートラックって聞くと、ゴツくていかにも作業用の車ってイメージがありますが、ウォルマート社が新しく開発した大型トレーラートラックは、想像しているトラックとは全く違います。美しくて、エコで、未来です。

空飛ぶ車『エアー・ビークル』を考える

スターフォーズ、バックトゥザフューチャー、フィフスエレメントといった近未来の映画などで必ずといっていいほど登場する『空飛ぶ車』。自分はこの技術はおそらく20年の間に実現するのではないかと考えている。

Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性

セルフドライビングカー、オートドライビングカー、自動操縦自動車…まぁ人によって呼び方は様々でしょうが、車に乗れば座っているだけで目的地まで連れていってくれる車があったらどう思います?恐いなぁって人もいれば、単純にスゴイなぁ、未来だなぁって感じる人もいるでしょう。その技術の可能性について動画を観ながら考えてみます。

落下によるスマートフォンやタブレットの故障を防ぐエアバッグ!Amazonが特許を取得

携帯電話やスマートフォンって、つい手が滑って落としたり、ポケットからポロリと落ちて、液晶が割れてしまったりするわけですが、そんなことが無くなるのかな?

TOYOTAが研究しているマルチメディアウィンドウに未来を感じる

小さい頃、車に乗っている時、曇っている窓ガラスを使って絵を書いたりしたものです。最近では、甥っ子、姪っ子は車の中でDVDを観ていたりします。時代によって車の中での過ごし方が違いますね。

空気で走る車『The Air Car』