空飛ぶ車のPAL-Vが2014年発売!意外とカッコイイかも

2012年4月7日 16:00

空飛ぶ車は何度かこのブログでも取り上げているが、いろいろ問題がありそうなものが多くて、まだまだ夢のような話しだなぁって思っていたが、遂に一般販売されそうですよ。

陸では最高時速180km

意外と速い!

だいたいこういうどっちも入ってます!的な乗り物ってスピードが遅かったりするんですけど、スポーツカー並の速さがあります。

意外と速い空飛ぶ車PAL-V

三輪自動車としてちゃんと公道を走れるそうです。

ジャイロコプターとスポーツカー

以前、セスナ機と車を組み合わせた空飛ぶ車の動画を観たんですが、あれはちょっとひどかった。

セスナ機の翼を折りたたむのは良かったんだけど、そのせいで、車として走った時に横が全く見えないって…。

ジャイロコプターと車の融合PAL-V

今回の空飛ぶ車はその心配はなさそう。

ジャイロコプターってのは、まぁヘリコプターに似ているけど、ちょっと違う。

どっちかというと飛行機に近いんですよね。

安定した飛行を実現するために、プロペラが付いてる感じです。

価格は2,700万円から

これは乗ってみたいと思った。

開発進むジャイロコプター型空飛ぶ自動車「PAL-V」によると

最初の商用モデルは2014年の発売を予定しており、価格は25万~30万ユーロ(約2700~3300万円)になるだろう

ということらしい。ただ、日本では無理だろうね。

というより毎回空港に行かないと飛び立てないですからね。

ただ、今回のPAL-Vを観て、やっとそれっぽいのが登場したなと。今後に期待したい。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

車椅子に変わるかもしない『Hubo FX-1』

100kg以上の人間が搭乗しても問題なく2足歩行ができるロボット『Hubo FX-1』の動画をたまたま見ることができた。(記事内に動画あり)

搭乗者が搭乗席で多少揺れたりしても、ロボットの足がしっかりとバランスをとり、非常に安定感があり、人間搭乗型ロボットとしては大きな一歩ではないかと思う。

1リットルのガソリンで100km走るルノーのEOLAB!超低燃費の車が続々と…

フォルクスワーゲンがリッター111kmというハイブリッド車XL1去年発表したが、今回はルノーがEOLAB(エオラブ)という超低燃費なコンセプトカーを発表した。

ガルウィングの国産のスーパーカー『真庭』

ちょっと2050年の東京まで!完成度高すぎる未来に行けるタクシー?

自分たちの世代で、誰もが知っているタイムマシーンって言ったら、映画「BACK TO THE FUTURE」に出てくるデロリアンでしょ。もうね、時代はタクシーで未来に行けるんですよ!?

ブリヂストンのパンクしないタイヤ!2020年の実用化を目指す

車本体は劇的な進化をしてきたが、タイヤは性能のみで大きな変革は起きなかった。ですが、2020年にタイヤが大きく変わるかもしれない。

人工臓器を現代社会から守る技術

電子機器が体内に無くても、電波が身体に対して完全に無害とはいえないので、電波から身体を守る技術も必要だと思う。

空気で走る車『The Air Car』

街灯がなくてもしっかりと見える光る車線!蓄光塗料で描かれた安全でカッコイイ道路

都内を夜ドライブするのは楽しいけど、地方は真っ暗闇で道路が車線が見づらくて正直恐さ。でもオランダにあるスマート・ハイウェーと言われる高速道路はそんな恐さがない。むしろカッコよくて走っていて楽しいかもしれない。

オフロードも走れるセグウェイみたいなDTV SHREDDER

道路はもちろん雪道や山道だって走り抜ける!だってキャタピラ付いてるもん。軍用目的のために開発したのかは分からないが、そういう使い方もできるようだ。

街灯で電気自動車を充電?充電ステーションを一気に普及させる画期的なプロジェクト

電気自動車用の充電ステーションはまだまだ少ない。そのため遠出はまだまだ心配。だから電気自動車に手を出すことが出来ない人だっているはず。そんな問題が一気に解決されるかもしれない。