空飛ぶ車のPAL-Vが2014年発売!意外とカッコイイかも

2012年4月7日 16:00

空飛ぶ車は何度かこのブログでも取り上げているが、いろいろ問題がありそうなものが多くて、まだまだ夢のような話しだなぁって思っていたが、遂に一般販売されそうですよ。

陸では最高時速180km

意外と速い!

だいたいこういうどっちも入ってます!的な乗り物ってスピードが遅かったりするんですけど、スポーツカー並の速さがあります。

意外と速い空飛ぶ車PAL-V

三輪自動車としてちゃんと公道を走れるそうです。

ジャイロコプターとスポーツカー

以前、セスナ機と車を組み合わせた空飛ぶ車の動画を観たんですが、あれはちょっとひどかった。

セスナ機の翼を折りたたむのは良かったんだけど、そのせいで、車として走った時に横が全く見えないって…。

ジャイロコプターと車の融合PAL-V

今回の空飛ぶ車はその心配はなさそう。

ジャイロコプターってのは、まぁヘリコプターに似ているけど、ちょっと違う。

どっちかというと飛行機に近いんですよね。

安定した飛行を実現するために、プロペラが付いてる感じです。

価格は2,700万円から

これは乗ってみたいと思った。

開発進むジャイロコプター型空飛ぶ自動車「PAL-V」によると

最初の商用モデルは2014年の発売を予定しており、価格は25万~30万ユーロ(約2700~3300万円)になるだろう

ということらしい。ただ、日本では無理だろうね。

というより毎回空港に行かないと飛び立てないですからね。

ただ、今回のPAL-Vを観て、やっとそれっぽいのが登場したなと。今後に期待したい。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

オフロードも走れるセグウェイみたいなDTV SHREDDER

道路はもちろん雪道や山道だって走り抜ける!だってキャタピラ付いてるもん。軍用目的のために開発したのかは分からないが、そういう使い方もできるようだ。

死角になって見えないところもスケスケ!新しいタイプのバックモニター

車庫入れの際に後ろに何があるのか見える範囲であれば問題ないのですが、低い位置にあるものは見えなくてぶつける可能性もあります。このバックモニターはそれらの問題を解消します。

街灯で電気自動車を充電?充電ステーションを一気に普及させる画期的なプロジェクト

電気自動車用の充電ステーションはまだまだ少ない。そのため遠出はまだまだ心配。だから電気自動車に手を出すことが出来ない人だっているはず。そんな問題が一気に解決されるかもしれない。

1リットルのガソリンで100km走るルノーのEOLAB!超低燃費の車が続々と…

フォルクスワーゲンがリッター111kmというハイブリッド車XL1去年発表したが、今回はルノーがEOLAB(エオラブ)という超低燃費なコンセプトカーを発表した。

空気で走る車『The Air Car』

ちょっと2050年の東京まで!完成度高すぎる未来に行けるタクシー?

自分たちの世代で、誰もが知っているタイムマシーンって言ったら、映画「BACK TO THE FUTURE」に出てくるデロリアンでしょ。もうね、時代はタクシーで未来に行けるんですよ!?

空飛ぶ車『エアー・ビークル』を考える

スターフォーズ、バックトゥザフューチャー、フィフスエレメントといった近未来の映画などで必ずといっていいほど登場する『空飛ぶ車』。自分はこの技術はおそらく20年の間に実現するのではないかと考えている。

かっこいい超高級パトカーがイタリアに登場!?

こんなパトカーが走ってたら、スピード違反で逃げるおバカな奴はいなくなるだろうね。っていうより、バックミラーに見えた瞬間に諦めるよね。

未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプト

未来の車ってデザインがシャープで、自動運転機能や宙に浮いたり…ってのを想像しますが、近い未来はタイヤもまったく新しいモノになるのかもしれないと考えさせられました。

Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性

セルフドライビングカー、オートドライビングカー、自動操縦自動車…まぁ人によって呼び方は様々でしょうが、車に乗れば座っているだけで目的地まで連れていってくれる車があったらどう思います?恐いなぁって人もいれば、単純にスゴイなぁ、未来だなぁって感じる人もいるでしょう。その技術の可能性について動画を観ながら考えてみます。