Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性

2012年4月4日 9:46

セルフドライビングカー、オートドライビングカー、自動操縦自動車…まぁ人によって呼び方は様々でしょうが、車に乗れば座っているだけで目的地まで連れていってくれる車があったらどう思います?恐いなぁって人もいれば、単純にスゴイなぁ、未来だなぁって感じる人もいるでしょう。その技術の可能性について動画を観ながら考えてみます。

研究が意外と進んでいる

みんなが思っている以上に研究は進んでいるんです。

何を基準に「みんなが思っている以上」って言ってるかというと、自分の周りの人の反応からですが。

自動運転カーの可能性

意外かもしれないがGoogleさんが力を入れて研究しているんです。

この研究の過去がちょっと気になって調べてみました。

Google Cars Drive Themselves, in TrafficというThe NY Timesの記事に、

Scientists and engineers have been designing autonomous vehicles since the mid-1960s

自動運転の技術は1960年台から研究開発されてきたものなんです。

意外と昔から研究されているんですよね。

で、2005年くらいから、人工知能の研究者であり、Googleのストリートビューの開発メンバーであるすごい技術者が参加することで飛躍的な進歩に繋がったわけです。

Googleも何かしらこの分野に可能性を感じたから投資しているんでしょうね。

ちょっと目立つGoogleカー

研究で使用している車はプリウスですよ。まぁ見た目はちょっと目立つGoogleカー。

Googleの自動運転車

でもまさかこの車が誰も運転していないなんて…いや車が運転している…違うな、人工知能が…まぁいいや、自動運転カーだなんて思いもしませんよね。ストリートビュー用に撮影している車かな?って思うくらい。

「未来」と考える人と「希望」と考える人

この技術って使う人によっては見え方が違う。

自分はただの未来の技術好きってこともあって、iRobotとか映画の中の車だなぁって思ったわけです。

でも動画を見ると、正直ただスゴイだけの技術じゃないってことも分かる。

車を運転できない人にとっては、好きな時に…行きたい場所に行けるようになる技術なんです。

もちろん自分たちにとっても生活が一変する技術に変わりはないが、身体的にハンディキャップをもっている人にとっては人生観を変える技術だ。

排出するガスが減るなどの環境面や、人的ミスによる事故の減少など、良い点が多いが、法律の面でまだまだ壁があるのは事実。

いろんな人のためにも実用化を目指してもらいたい技術だ。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

Googleが未来のメガネを提案!手から携帯電話が消える時代が来た

Googleがまた面白くて未来を感じさせてくれるプロジェクトを開始した。Project Glassという未来のメガネ開発プロジェクト!このメガネがあれば生活はより便利で楽しいものになりそうです。

Googleの検索エンジン用サーバーの写真

毎日Googleで検索している方は必見。あなたの検索ライフを支えているのはこんなすごいマシンです!さすがGoogle!

街灯がなくてもしっかりと見える光る車線!蓄光塗料で描かれた安全でカッコイイ道路

都内を夜ドライブするのは楽しいけど、地方は真っ暗闇で道路が車線が見づらくて正直恐さ。でもオランダにあるスマート・ハイウェーと言われる高速道路はそんな恐さがない。むしろカッコよくて走っていて楽しいかもしれない。

ちょっと2050年の東京まで!完成度高すぎる未来に行けるタクシー?

自分たちの世代で、誰もが知っているタイムマシーンって言ったら、映画「BACK TO THE FUTURE」に出てくるデロリアンでしょ。もうね、時代はタクシーで未来に行けるんですよ!?

1,000円以下で350km以上走れる電気自動車SIM-WILが凄い

ついに電気自動車も長距離移動の手段になりそうです。351kmも走れるSIM-WILという電気自動車が発表されました。フル充電には1,000円かからないんですよ。

時速322キロメートルで走るすごい三輪車

三輪車といってもさすがに子供が乗る三輪車ではない。自動三輪車の話だが、それでも時速322キロメートルも出るってすごい。いったいどんな三輪車なのか。

YouTubeの日本語版『YouTube Japan』がオープン

TOYOTAが研究しているマルチメディアウィンドウに未来を感じる

小さい頃、車に乗っている時、曇っている窓ガラスを使って絵を書いたりしたものです。最近では、甥っ子、姪っ子は車の中でDVDを観ていたりします。時代によって車の中での過ごし方が違いますね。

落下によるスマートフォンやタブレットの故障を防ぐエアバッグ!Amazonが特許を取得

携帯電話やスマートフォンって、つい手が滑って落としたり、ポケットからポロリと落ちて、液晶が割れてしまったりするわけですが、そんなことが無くなるのかな?

androidを搭載した世界初のGoogle TV購入を検討する理由

ずーっとテレビを買い替えなきゃと思っていたが、Google TVと言われているSony Internet TVが日本市場にも投入されると聞いて、もうこれしかないと思った。その理由は人それぞれだが、自分としては非常に魅力的だ。