Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性

2012年4月4日 9:46

セルフドライビングカー、オートドライビングカー、自動操縦自動車…まぁ人によって呼び方は様々でしょうが、車に乗れば座っているだけで目的地まで連れていってくれる車があったらどう思います?恐いなぁって人もいれば、単純にスゴイなぁ、未来だなぁって感じる人もいるでしょう。その技術の可能性について動画を観ながら考えてみます。

研究が意外と進んでいる

みんなが思っている以上に研究は進んでいるんです。

何を基準に「みんなが思っている以上」って言ってるかというと、自分の周りの人の反応からですが。

自動運転カーの可能性

意外かもしれないがGoogleさんが力を入れて研究しているんです。

この研究の過去がちょっと気になって調べてみました。

Google Cars Drive Themselves, in TrafficというThe NY Timesの記事に、

Scientists and engineers have been designing autonomous vehicles since the mid-1960s

自動運転の技術は1960年台から研究開発されてきたものなんです。

意外と昔から研究されているんですよね。

で、2005年くらいから、人工知能の研究者であり、Googleのストリートビューの開発メンバーであるすごい技術者が参加することで飛躍的な進歩に繋がったわけです。

Googleも何かしらこの分野に可能性を感じたから投資しているんでしょうね。

ちょっと目立つGoogleカー

研究で使用している車はプリウスですよ。まぁ見た目はちょっと目立つGoogleカー。

Googleの自動運転車

でもまさかこの車が誰も運転していないなんて…いや車が運転している…違うな、人工知能が…まぁいいや、自動運転カーだなんて思いもしませんよね。ストリートビュー用に撮影している車かな?って思うくらい。

「未来」と考える人と「希望」と考える人

この技術って使う人によっては見え方が違う。

自分はただの未来の技術好きってこともあって、iRobotとか映画の中の車だなぁって思ったわけです。

でも動画を見ると、正直ただスゴイだけの技術じゃないってことも分かる。

車を運転できない人にとっては、好きな時に…行きたい場所に行けるようになる技術なんです。

もちろん自分たちにとっても生活が一変する技術に変わりはないが、身体的にハンディキャップをもっている人にとっては人生観を変える技術だ。

排出するガスが減るなどの環境面や、人的ミスによる事故の減少など、良い点が多いが、法律の面でまだまだ壁があるのは事実。

いろんな人のためにも実用化を目指してもらいたい技術だ。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

Googleマップが日本人に見易いように大幅にバージョンアップした

すごい見やすいぞ!なんていうか見やすすぎる!なんでだろう。今までの地図より断然見易い。しかも旅行したくなる…いや冒険したくなる。

ガルウィングの国産のスーパーカー『真庭』

無料になりブログ検索対策もされた『FeedBurner』

糖尿病患者用のコンタクトレンズが開発されている!Googleが発表したスマートコンタクトレンズ

このスマートコンタクトレンズが世界中にいる糖尿病患者3億8200万人から苦痛を取り除いてくれるかもしれない。いったいどんなコンタクトレンズなのか…。

空飛ぶ車『エアー・ビークル』を考える

スターフォーズ、バックトゥザフューチャー、フィフスエレメントといった近未来の映画などで必ずといっていいほど登場する『空飛ぶ車』。自分はこの技術はおそらく20年の間に実現するのではないかと考えている。

YouTubeの日本語版『YouTube Japan』がオープン

Google Analytics モバイル版をCakePHPで導入してみた

いやぁGoogle Analyticsがモバイルに対応しましたね。CakePHPで開発した自分のサイトでも早速導入しましたが、なかなかトラッキングできず困っていましたが、スゴい簡単なミスをおかしていました。

かっこいい超高級パトカーがイタリアに登場!?

こんなパトカーが走ってたら、スピード違反で逃げるおバカな奴はいなくなるだろうね。っていうより、バックミラーに見えた瞬間に諦めるよね。

街灯で電気自動車を充電?充電ステーションを一気に普及させる画期的なプロジェクト

電気自動車用の充電ステーションはまだまだ少ない。そのため遠出はまだまだ心配。だから電気自動車に手を出すことが出来ない人だっているはず。そんな問題が一気に解決されるかもしれない。

車椅子に変わるかもしない『Hubo FX-1』

100kg以上の人間が搭乗しても問題なく2足歩行ができるロボット『Hubo FX-1』の動画をたまたま見ることができた。(記事内に動画あり)

搭乗者が搭乗席で多少揺れたりしても、ロボットの足がしっかりとバランスをとり、非常に安定感があり、人間搭乗型ロボットとしては大きな一歩ではないかと思う。