Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性

2012年4月4日 9:46

セルフドライビングカー、オートドライビングカー、自動操縦自動車…まぁ人によって呼び方は様々でしょうが、車に乗れば座っているだけで目的地まで連れていってくれる車があったらどう思います?恐いなぁって人もいれば、単純にスゴイなぁ、未来だなぁって感じる人もいるでしょう。その技術の可能性について動画を観ながら考えてみます。

研究が意外と進んでいる

みんなが思っている以上に研究は進んでいるんです。

何を基準に「みんなが思っている以上」って言ってるかというと、自分の周りの人の反応からですが。

自動運転カーの可能性

意外かもしれないがGoogleさんが力を入れて研究しているんです。

この研究の過去がちょっと気になって調べてみました。

Google Cars Drive Themselves, in TrafficというThe NY Timesの記事に、

Scientists and engineers have been designing autonomous vehicles since the mid-1960s

自動運転の技術は1960年台から研究開発されてきたものなんです。

意外と昔から研究されているんですよね。

で、2005年くらいから、人工知能の研究者であり、Googleのストリートビューの開発メンバーであるすごい技術者が参加することで飛躍的な進歩に繋がったわけです。

Googleも何かしらこの分野に可能性を感じたから投資しているんでしょうね。

ちょっと目立つGoogleカー

研究で使用している車はプリウスですよ。まぁ見た目はちょっと目立つGoogleカー。

Googleの自動運転車

でもまさかこの車が誰も運転していないなんて…いや車が運転している…違うな、人工知能が…まぁいいや、自動運転カーだなんて思いもしませんよね。ストリートビュー用に撮影している車かな?って思うくらい。

「未来」と考える人と「希望」と考える人

この技術って使う人によっては見え方が違う。

自分はただの未来の技術好きってこともあって、iRobotとか映画の中の車だなぁって思ったわけです。

でも動画を見ると、正直ただスゴイだけの技術じゃないってことも分かる。

車を運転できない人にとっては、好きな時に…行きたい場所に行けるようになる技術なんです。

もちろん自分たちにとっても生活が一変する技術に変わりはないが、身体的にハンディキャップをもっている人にとっては人生観を変える技術だ。

排出するガスが減るなどの環境面や、人的ミスによる事故の減少など、良い点が多いが、法律の面でまだまだ壁があるのは事実。

いろんな人のためにも実用化を目指してもらいたい技術だ。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

1,000円以下で350km以上走れる電気自動車SIM-WILが凄い

ついに電気自動車も長距離移動の手段になりそうです。351kmも走れるSIM-WILという電気自動車が発表されました。フル充電には1,000円かからないんですよ。

なぜGoogleマップと別なの?『Googleトランジット』

死角になって見えないところもスケスケ!新しいタイプのバックモニター

車庫入れの際に後ろに何があるのか見える範囲であれば問題ないのですが、低い位置にあるものは見えなくてぶつける可能性もあります。このバックモニターはそれらの問題を解消します。

街灯がなくてもしっかりと見える光る車線!蓄光塗料で描かれた安全でカッコイイ道路

都内を夜ドライブするのは楽しいけど、地方は真っ暗闇で道路が車線が見づらくて正直恐さ。でもオランダにあるスマート・ハイウェーと言われる高速道路はそんな恐さがない。むしろカッコよくて走っていて楽しいかもしれない。

直感で使えるアクセス解析『Google Analytics』

空気で走る車『The Air Car』

未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプト

未来の車ってデザインがシャープで、自動運転機能や宙に浮いたり…ってのを想像しますが、近い未来はタイヤもまったく新しいモノになるのかもしれないと考えさせられました。

人工臓器を現代社会から守る技術

電子機器が体内に無くても、電波が身体に対して完全に無害とはいえないので、電波から身体を守る技術も必要だと思う。

TOYOTAが開発した自動操縦の試作車「AASRV」!Googleカーのライバル出現で未来が近づく

CESっていう有名な家電の巨大展示会にTOYOTAが展示したのが自律走行車両!この分野ではGoogleカーが先行していたが、自動車メーカーであるTOYOTAが参入することで、一気に未来が切り開かれそうだ。

コンタクトレンズが情報を表示できる液晶ディスプレイになる!5年以内に商用実用化されるだろう

コンタクトレンズに直接テキスト情報などを表示することができる技術は以前にも紹介したが、具体的な商用化の時期やプロトタイプの発表は初めてだ。