マイクロニードルアレイを皮膚に貼って薬剤を体内へ!注射のような痛みを感じない新たな投与方法

2012年12月6日 9:22

注射って大人になっても嫌なものです。いや、痛くないよ、大人だもん。でもね…なんとなく嫌なんです。痛くない方法はないだろうか…そんな夢を実現したのがマイクロニードルアレイというものだ。

富士フィルムが開発した、注射器に変わる新しい薬剤投与手段「マイクロニードルアレイ」は、皮膚に貼って薬剤を投与する。

小さな針がいっぱいのシート

針がいっぱいって注射器より痛いんじゃ…。

皮膚に貼るだけで薬剤を体内に届ける新しいドラッグデリバリー手段「マイクロニードルアレイ」開発 : ニュースリリース | 富士フイルムによると、

「マイクロニードルアレイ」は、100~2000ミクロンの長さの微細な突起をシート上に配した薬剤送達部材で、皮膚表面に貼ることで、突起部分から薬剤を皮膚に浸透させ、体内に届けることができるものです。

マイクロニードルアレイ

なるほど、小さすぎて痛みさえ感じないわけですね。

針が折れて残っちゃうなんてこと…

小さい針がいっぱいあると思うと、折れて皮膚に刺さったままになったりしないだろうか。。

突起そのものが数分以内に皮膚下で溶解し、突起中に充填された薬剤を体内に届けることができる自己溶解タイプです。

針自体がカプセルみたいな役割を果たしているわけですね。むしろ針が皮膚の下に残るように作られているわけですね。

投与する薬剤によって針の形状や長さを設計することができるようで、大量生産も可能だそうだ。

痛いから嫌だ!がなくなる?

小さい頃に注射器を刺されて痛みを与えられることが多かったせいか、医者を見ると”痛み”を連想してしまう。自分だけかな。

でもこれからは優しくマイクロニードルアレイを貼って、ハイおしまい!ってなるから、お医者さんが優しいイメージになる。

いや、今だって優しい人達なんだけど、針刺すからね…。

そんな自分みたいな”痛み”のイメージがなくなりそうですね。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

遺伝子治療で視力を回復させる実験に成功

遺伝子を治療する技術ってすごいね。遺伝子治療とか、ずーっとさきの技術だと思ったが、そうでもないのかもね。

HIV治療で治療薬を大量投与!感染した新生児からHIVが消滅して完治した

ニューヨーク・タイムズ紙が凄いニュースを伝えた。なんと、エイズウィルス(HIV)に感染した新生児の完治を伝えたのだ!

レーダー感知しない北朝鮮のステルス木製航空機とは

ステルス機能というと最新鋭の戦闘機に搭載されている凄い機能だと思っていたが、まさか北朝鮮がそんな凄い技術を持っているとは・・・。でも本当は凄い技術を持っているんじゃなくて、木製ってのがポイントなわけだ。

がん幹細胞のマーカー特定!がん治療の大きな一歩

京都大大学院消化器内科学の千葉勉教授らの研究グループが、がんの幹細胞だけに反応するマーカーを特定したと発表した。

HIV(エイズウィルス)感染治療に希望の光、HIV感染の治療に成功は世界初

感染したら絶対治ることはない!と教えられてきたHIV感染症。今では感染しても通常の寿命を生きることが十分可能な時代にはなったとはいえ、感染させてしまう可能性があるという負の気持ちや、HIV感染者ということで避けられてしまう可能性だってある。そんなHIV感染に素晴らしい研究報告だ。

辛い記憶を消すことができる魔法のような飲み薬を開発

だれにでも辛い記憶はあるはず。急に辛い記憶が蘇って、悲しくなることだってあるはずだ。そんな辛い記憶を消すことができたら・・・って思ったことはありませんか?そんなことが可能な薬ができてしまいました!

口に入っても問題ない抗菌剤『ユーカリ抗菌剤』

米軍が開発中の○○から軍人を守るガムとは

ガムと聞くと、ちょっと口寂しい時に噛む、リラックスするために噛むなどいろんなイメージがありますが、今、米軍が開発しているガムは軍人をあるものから守るためのガムなんです。

人間が本物の心臓を作り出す未来はすぐそこまで来ている

人間が人間の身体の一部を発明するって不思議だよね。それと同時にこの高度な知識と技術がある時代でもまだ人間を完全に治す事ができないって、人間はどれだけ高度な技術で作られたのか。自然ってすごいよね。その人間が遂に永久人工心臓の移植に成功した。

疲れや恐怖を感じない人間を作る…近未来兵士と治療薬

少しタイトルが恐いですが、ただ戦争や兵器の話ってだけじゃありません。この技術が自分たち一般人にも良い影響をもたらす技術でもあるということと、こういった技術の使い方について考えてみる記事です。