液体金属で伸縮するイヤホンケーブルを開発中!普通の状態から8倍まで伸びる

2012年12月22日 7:00

イヤホンのケーブルだけじゃないけど、ケーブルって曲がりはするけど伸び縮みはしない。ちょっと手が引っかかっただけで、イヤホンが耳から外れたり、イヤホンジャックが抜けちゃったりします。

伸縮してくれればそんなことにならないが、ケーブルっていっても金属だからなぁ…って思っていたら、ノースカロライナ州立大学の研究者が開発していました。

8倍まで伸びるケーブル

Liquid metal guts make wires and cables stretchable | DVICEによると、

Researchers from North Carolina State University have created a cable that can be stretched up to eight times its resting length by combining two separate materials: an elastic polymer outer jacket, and a gallium-indium alloy liquid metal core.

伸縮するケーブルは、ガリウムインジウム液体合金の芯と、その芯を覆う弾性ポリマーでできている。

Ultra stretchable wires 1

このケーブルは普通の状態から…

Ultra stretchable wires 2

8倍の長さまで伸びるそうだ。だから、写真よりもっと伸びるってことだね。

ちゃんと音楽も流れるよ。

ただ、液体金属がこぼれ落ちる…崩れるって言ったほうがいいのかな…そんな可能性があるって書いてある。

まだ研究段階ではあるけど、このケーブルが完成すれば、手が引っかかってイヤホンケーブルで耳が引っ張られることがなくなるね。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

初音ミクが歌う「Nebula」のPVがすごい!

ニコニコ動画で公開されている動画の一つで、Tripshots氏によって公開された作品の一つです。3Dを駆使したPVはつい見入ってしまう。

だれでも演奏できるピアノ曲「4’33″」

John Cageという作曲家が作曲したピアノ曲で、聴く人によっていろんな捉え方があるすごい楽曲です。そんなすごい曲をだれもが弾けるってのはすごいよね。

口だけで音楽を奏でるヒューマンビートボックスをやるすごい人たち

口だけで様々な音を出して音楽を奏でたりする技をヒューマンビートボックスという。世界中には個性的なヒューマンビートボックスをやる人たちがいる。一度聞けばそのすごさが理解できるはずだ。

2012年にヒットしたPopミュージック55曲を1曲に!ぜんぶ混ぜちゃいました

2012年もそろそろ終わりですが、ヒットした曲、話題になった曲がいっぱいありましたね。ってことで、ヒットした中から55曲を混ぜたマッシュアップ曲をお届けします。

脈拍からメロディーを作る『ハートショット』

ヴァイオリンとHip Hopのコラボレーション

Hip Hop DJがヴァイオリン等のストリングス系の音色を使うことは多々あるが、実際に生演奏するヴァイオリニストとHip Hop DJが合わせて演奏しているのをみると、結構刺激的で面白いなぁと感じる。

アーク放電でダースベイダーのテーマを演奏!?

つい最近ハードディスクドライブでダースベイダーのテーマを演奏している映像が話題になったが、今度はアーク放電。雷だな。。

インド映画のダンスが思っていたよりすごい!

インド映画の中のダンスは地味なモノだと思っていたが、たまたまインド映画のワンシーンを観て、本当にすごいと感じた。インド映画の印象が全く変わってしまった。

2013年にヒットしたPopミュージック68曲をMix!ぜんぶ混ぜちゃいました

もう2014年になって2週間が経ちましたが、去年2013年にヒットしたPopミュージックを68曲厳選してマッシュアップした動画をお届けします。

レベル高すぎてついつい口ずさんでしまう曲!ロバート秋山のTOKAKUKA

芸能人が監督しておもしろい動画を作る番組で、ロバート秋山のTOKAKUKAという楽曲のPVが最高すぎて、頭でリピートしまっくって困るレベル。