脳をスキャンして今見ている文字の解読に成功!将来的には想像しているものも…!?

2013年8月30日 15:52

実際に人が見ている文字を、脳をスキャンすることで、何を見ているのかを解読するという実験に成功したという。

オランダにあるラドバウド大学ナイメーヘン校の研究チームが成功させたそうです。

後頭葉の反応をfMRIでスキャン

MSN産経ニュースによると、

被験者をfMRIスキャンにかけた状態で、画面にぱっと現れる一連の文字を見せた。

BRAINSという文字を異なる筆跡で見せたそうです。

brains-1.jpg

fMRIのモニターにはしっかりとBRAINSと確認することができます。

イメージは解読できない

今何を見ているかが分かるだけで、記憶や想像している文字までは解読することはできない。

まぁそこまでできたら凄すぎて、恐ろしさまで感じますね。

ですが、視覚刺激に対する後頭葉を観察してこうやって文字を解析できたということは、イメージした時に同じように何処かに痕跡が残るのであれば、その部分を同じように観察・解析すれば、解読が可能かもしれませんね。

実際に彼らも、

「心的イメージ(を思い描く)だけで、これらの領域は同じように活性化するのだろうか? もし活性化するのなら、(それを解読することは)可能だ」

と述べている。

数十年後には、想像していることが読み取れるスキャナが登場するかもしれませんね。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

誰かに頼み事をする時は左耳より右耳の方が効果がある

イタリアで行なわれた実験による結果だそうだ。 ここ最近よく耳にする脳科学の実験だそうだ。この実験結果、すごいネタだと思わない?

RbAp48というタンパク質を増やすと記憶力が回復!記憶力低下原因のタンパク質を特定

老化とともに記憶力が低下し、だんだん物事を覚えられなくなってきます。いろんなことが思い出せなくなっていく自分を想像すると悲しくなりますが、そんな心配も解消されそうです。

記憶をマイクロチップに保存する技術を開発中!記憶のバックアップが可能になる

脳の容量って4TBだったかな?その4TBさえも使い切れていない気がしますが、何事もバックアップは必要ですよね。人間の脳でもバックアップできるようになるかもしれませんよ。

やる気スイッチをONにする研究。超音波を脳に当てると意欲的に

やる気を出さなきゃ行けない時に限ってやる気がでないんですよね。いつでもやる気が出せるようになればいいんですが…。ってことで無理やりやる気を出させる研究に良い結果が出たようです。

脳で操作するニューラルインタフェースの未来はすごい

もうキーボードやマウスがいらない時代になっていくかもしれない。ディスプレイさえいらなくなるかもしれない。

辛い記憶を消すことができる魔法のような飲み薬を開発

だれにでも辛い記憶はあるはず。急に辛い記憶が蘇って、悲しくなることだってあるはずだ。そんな辛い記憶を消すことができたら・・・って思ったことはありませんか?そんなことが可能な薬ができてしまいました!

記憶を無理やり呼び起こすことに実験に成功!記憶喪失治療の最初の一歩!?

うっかり忘れてた…って事ができなくなる時代がやってきそうです。今回、強制的に記憶を呼び起こす実験が成功したらしく、その技術の可能性を考えてみました。