RSSフィードのURLが変わりました!FeedBurner経由でのRSS配信を停止いたします

2013年9月7日 7:00

FeedBurnerのサービスにはお世話になりましたが、今後はFeedBurner経由でのRSS配信は行わず、生のRSSフィードで更新を通知することに致しました。RSSアドレスの変更をお願い致します。

まず、新しいRSSのアドレスは下記の通りです。

http://zoolbox.net/feed/

変更をお願い致します。

FeedBurnerの炎が燃え尽きそう

Google Readerが終了した。

これがFeedBurner経由でRSSの配信を停止を決めた一番の理由です。

feedburner.jpg

GoogleがRSSからソーシャルメディアにシフトというか、興味が完全に移ってしまったことを考えると、Google Reader同様にRSSを扱っているサービスのFeedBurnerも、近いうちに終了するだろうと。

決してうちのブログは購読者がすごい多いわけではありません。ですが、当ブログの記事に興味を持ってくれる読者がいます。

大事な読者の皆さんにRSSで可能な限りはやく更新を通知したい。

そう考えると、外部のRSSサービスを利用せず、生のRSSフィードを配信するのが一番良いと判断いたいました。

新しいRSSへリダイレクト

当分の間は、FeedBurnerのRSSを登録している場合は新しいRSSへリダイレクトされるので、すぐにRSSでの通知が停止するということではありません。

ですが、FeedBurnerもいつ終了するかわかりません。

その前に新しいRSSアドレスへの変更をお願い致します。

http://zoolbox.net/feed/

では、今後もZOOLBOXをよろしくお願い致します。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

androidを搭載した世界初のGoogle TV購入を検討する理由

ずーっとテレビを買い替えなきゃと思っていたが、Google TVと言われているSony Internet TVが日本市場にも投入されると聞いて、もうこれしかないと思った。その理由は人それぞれだが、自分としては非常に魅力的だ。

Google Analytics モバイル版をCakePHPで導入してみた

いやぁGoogle Analyticsがモバイルに対応しましたね。CakePHPで開発した自分のサイトでも早速導入しましたが、なかなかトラッキングできず困っていましたが、スゴい簡単なミスをおかしていました。

自作スマートフォンが現実に!モジュール式で自分好みに自由に組み立てることができる

自分が持っているスマートフォンの不満っていっぱいありますよね?電池がもっと多いやつだったらとか、カメラがもっと高画質だったらなど、いっぱいあるだろうけど、自分用にスマートフォンを作れたら不満なんてでないと思いませんか?

Google、Twitterなどの世界中の人々が使うサービスを支える日本人ハッカー

毎日一回は使っているだろう様々なインターネットサービス。それらのサービスは世界の中から選ばれた優秀な人たちが作っているわけだが、そんな優秀な人たちだって気がつかない問題もある。それらの問題を指摘して話題になっている日本人ハッカーがいる。

オリコンのブログパーツ、いいんだけど貼りづらい。

未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプト

未来の車ってデザインがシャープで、自動運転機能や宙に浮いたり…ってのを想像しますが、近い未来はタイヤもまったく新しいモノになるのかもしれないと考えさせられました。

装いを新たにZOOLBOXをちゃんと更新します

どういう記事を書いていくべきか悩みまくってたZOOLBOXですが、なんとなくどう書いていくべきか分かってきた気がするので、デザインも一新して、また再開することにします。過去を振り返ると、いろいろ気がついたことがあります。

Googleマップが日本人に見易いように大幅にバージョンアップした

すごい見やすいぞ!なんていうか見やすすぎる!なんでだろう。今までの地図より断然見易い。しかも旅行したくなる…いや冒険したくなる。

RSSフィードから何かを生み出す。

Google TVが登場したらテレビ業界はどうなる?

ソニー、インテル、Googleが共同開発したGoogle TVだが、噂じゃAppleもテレビを・・・って噂があるけど、テレビを開発する必要はないと思うけど、どのテレビもネットにつなげることができるようになっていることを考えると、今のテレビ業界も今まで通りのやり方は通用しない。