ロボコップのリメイク版予告編が公開!15年後の未来、2028年が舞台

2013年9月8日 12:00

1987年に公開されたロボコップの舞台は2010年だった。だがもう2013年。残念ながらまだロボコップは実在しません。今度はもうちょい未来の2028年が舞台。

15年後の未来

ロボコップって2010年のお話だったんですね。

現在2013年ですが、残念ながらロボコップの存在は確認されていない。

今回のリメイク版は2028年、今から14年後の未来を描いています。

ROBOCOP  Official Trailer  2014  HQ  YouTube

1987年公開当時と今ではロボットがどういうものなのかという考え方も変わり、結構変わっているところがありますね。

動きがスムースなロボコップ

ロボコップというと、ウィーン…ガチャンといったいかにもロボット、というよりロボコップという映画がロボットはこういうものだというイメージを作った感じがします。

ですが、最近のロボットって動きは滑らかだし、しゃべり方だって人間と変わらなかったりするんで、そこら辺はリメイク版では変更されていますね。

では、当時のロボコップとの違いを探しながらリメイク版の予告編を御覧ください。

公開は2014年2月

新しいロボットのイメージを作るような映画であってほしい。楽しみ。

オムニ社のホームページ

映画の中で、ロボコップを開発したオムニ社のホームページが存在することを知ってますか?

OmniCorpウェブサイト

結構本格的に作られていて、企業のサイトッて感じです。

http://www.omnicorp.com/

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

人間のような感覚がある皮膚を持つロボットはもうすぐそこへ

今の時代のロボットは小さな虫が顔に止まっても何とも思わないだろうね。でも近い将来ロボットも人間並みのわずかな感覚をもつ皮膚を得ることになる凄い技術が開発されていることを知ってる?

1億円する日本製ロボットが海外で大人気!注文が3000件を超えている

水道橋重工が作ったロボット「クラタス」が海外でとんでもない人気を得ているようだ。さすがロボット大国日本と言わせる巨大ロボットとはいったい…。

SF映画のような虹彩認証による監視社会が実現しようとしている

虹彩認識っていうのは生体認証の一種で、目の瞳孔のまわりの色のついた部分のことで、個々人でパターンが異なるので、生体認証に利用可能な技術とされているが、画像の質やカメラにまっすぐ向いていないと駄目だとか欠点があったんだけど、これが解消されそうという話。

車椅子に変わるかもしない『Hubo FX-1』

100kg以上の人間が搭乗しても問題なく2足歩行ができるロボット『Hubo FX-1』の動画をたまたま見ることができた。(記事内に動画あり)

搭乗者が搭乗席で多少揺れたりしても、ロボットの足がしっかりとバランスをとり、非常に安定感があり、人間搭乗型ロボットとしては大きな一歩ではないかと思う。

なんでも調べることができる未来のツール!スタートレックのトリコーダーが遂に現実に

こういうSF映画やドラマが現実になると、すごい未来を感じるわけですが、あの宇宙を旅するスタートレックにでてくる未来のツールが完成しつつあります。

たった3分間の短編アクション映画「3 Minutes」がすごい

久々にvimeoを見ていたら、この動画が気になって観たんだが、なかなか面白かったので紹介してみる。vimeoは本格的に活動するクリエイターが募って投稿しているだけあって、非常に完成度が高い。

近未来SF映画トータルリコールのリメイク版予告動画にワクワク

アーノルド・シュワルツェネッガーが主演を務めたトータルリコール。自分も大好きな映画の一つだ。まぁたまに見返したりするんだけど、今の時代の流れからすると、あの映画に未来感を感じなくなってきたのも事実。そんな時にリメイクですよ!

セクサロイドの可能性と必要性。2050年にロボットが売春を開始?

ニュージーランドの経営学教授と性科学者によるセクサロイドに関する論文に関する話ですが、まったくなくはない話だなと思って、セクサロイドの可能性と問題点などを真剣に考えてみる。考えるとなかなか面白い未来だと思う。

誰でもセクシーで魅力的な女優になることができる最新技術

CGや3Dといった映像技術は進化し続けている。このMovie Reshapeは映像に映っているどんな人々も、魅力的な俳優や女優にすることが可能な新しい技術だ。

気持ち悪い4足歩行ロボットBigDogが小さくなったLittleDog

動きが気持ち悪いけど、技術的にはすごいBigDogって覚えてますか?蹴られても蹴られても、がんばって歩き続けるあの気持ち悪い4足歩行ロボットのことです。それが小さくなってより気持ち悪くなりました。でもこの技術ってすごい未来が広がっていると思います。