人間のような感覚がある皮膚を持つロボットはもうすぐそこへ

2010年9月19日 17:00

今の時代のロボットは小さな虫が顔に止まっても何とも思わないだろうね。でも近い将来ロボットも人間並みのわずかな感覚をもつ皮膚を得ることになる凄い技術が開発されていることを知ってる?


Notice: Undefined offset: 1 in /home/users/1/vmnetworks/web/zoolbox/wp/wp-content/plugins/xhtml-video-embed/xhtml-video-embed.php on line 515

Notice: Undefined offset: 1 in /home/users/1/vmnetworks/web/zoolbox/wp/wp-content/plugins/xhtml-video-embed/xhtml-video-embed.php on line 515

Notice: Undefined offset: 22 in /home/users/1/vmnetworks/web/zoolbox/wp/wp-content/plugins/xhtml-video-embed/xhtml-video-embed.php on line 515

人間って考えてみるとすごい

全身の皮膚に凄い高感度のセンサーがあるようなものですよ。蚊みたいな小さな虫が足に止まっても分かるくらい高感度のセンサーですよ。

でも実際にそんな高感度のセンサーを実現するには凄いデバイスになってしまうわけだが、ロボットも人間と同じような皮膚を持つ時代が近づいているようです。

http://www.youtube.com/v/RYFVtH3hiC0&hl=en&fs=1

チョウチョのような軽くて小さな虫が止まっても反応するセンサーができたようです。

しかも超薄型!

感覚を持つロボット

ターミネーターのように人間に近いロボットになるには、人間と同じような感覚を持つ必要がある。

皮膚は人間らしさを得るには重要なモノだと思う。

わずかな感覚がないと、壊れやすい物を持つことも出来ない。

人間が卵を持つことができるのは、どれくらいの力で握ればいいのかを無意識に指先や手のひらの感覚で判断しているからだよね。

ってことは、ロボットにも同じような感覚を持てば、卵だってつかむことは簡単になるはずだ。

ロボットが人間らしくなる

感覚がある皮膚を得たロボットは、痛みを感じるようになるかもしれない。

痛みを感じるようになれば、人にどう触ればいいのか理解することができるようになるのかもしれない。

風を感じて気持ちよいと感じるロボットができるのかもしれない。

またロボットが人間に近づいたな。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

1億円する日本製ロボットが海外で大人気!注文が3000件を超えている

水道橋重工が作ったロボット「クラタス」が海外でとんでもない人気を得ているようだ。さすがロボット大国日本と言わせる巨大ロボットとはいったい…。

振動でいびきを軽減する『いびき軽減まくら』

筋肉と骨を持つヒューマノイド・ロボットを開発中!人間の身体の動かし方を完全に再現する

ヒューマノイド・ロボットの多くは、見た目は人間っぽいけど身体の動かし方は人間とは全く違う。身体の動かし方も人間っぽくするには筋肉が必要だ。

手話を音声に変換する手袋に期待!Enable Talkが聴覚・言語障がい者の声を伝える

自分は手話ができない。もちろん手話で問い掛けられてもオドオドしちゃう。相手はもっと困っているんだけどね。伝えたいのに伝えられない、手話って分かる人にしか使えないんだよね。でもEnable Talkはそんな障壁をぶっ壊してくれそうだ。

ロボットや家電製品がケガをすると出血する時代がやってきた

ついにロボットや家電製品も出血して、さらに自己修復するって機能が付くかもって話です。何に使うんだよって思うでしょ?でも理解するとよく考えられてるって思う。

サッカーのゴール判定に導入された最新システム!ゴールレフとホークアイという技術

サッカーは一点の重みが大きいから、プロリーグの試合や国際試合のゴール判定には審判も神経をすり減らしているでしょう。でもこの技術が導入されれば、少しは負担が減るでしょう。

富士通の子グマ型ロボットはロボコップを管理するオムニ社が2020年に販売予定

最近、ロボコップのドラマ版を観てたので、富士通が子グマ型ロボットを作ったというニュースを観て「オムニ社?」って思ってしまった。時代がやっとロボコップに追いついてきたのかな?

未来の卓球台「WALDNER」人間の審判はもういらない?

卓球って何対何なのか、どっちのサーブなのか、忘れたりするよね。この未来の卓球台は、大会試合などの卓球だろうが、旅館で浴衣着てやる卓球だろうが関係なく、厳しく判定して真剣に卓球をやらせてくれる。

息を潜めて隠れても無駄!人間の呼吸を検知するロボット

よく映画とかでも暗闇に隠れたスパイを探す時に赤外線センサーを使ったりするシーンがあったりする。だけどそんな技術も古いものになりつつある。この新しいロボットから隠れることはほぼ不可能に近い。

まるで映画のReal Steal!人型の巨大ロボットが殴りあうテレビ番組

海外のお話だが、実際に来年の2月から人型のロボットが殴り合いの対戦をするリーグ戦がテレビ番組として放送されるそうだ。時代はここまで来たか。