未来の卓球台「WALDNER」人間の審判はもういらない?

2012年12月7日 18:34

卓球って何対何なのか、どっちのサーブなのか、忘れたりするよね。この未来の卓球台は、大会試合などの卓球だろうが、旅館で浴衣着てやる卓球だろうが関係なく、厳しく判定して真剣に卓球をやらせてくれる。

卓球台が審判役?

このWALDNERはコンセプトですが、非常に現実的で、実際に作ることができる設定になっているそうです。

未来の卓球台

The table has a multi-touch surface, which responds to human touch and real world objects, like ping-pong balls. The table is also equipped with Siri voice recognition that monitors the game along with a Mac Pro 12-core computer.

この卓球台は12コアのMac Proが搭載されており、卓球台の盤面はマルチタッチディスプレイのようになっていて、ピンポン玉にも反応するようになっているそうだ。

しかもSiriが入っているので、得点を音声で教えてくれたり、「どっちのサーブ?」って質問にも答えてくれるんでしょうね、きっと。

The “net” is a touch-sensitive screen from Samsung. With embedded touch sensors it shows information from balls taken in net.

ネットもタッチセンサーになっているので、ボールが当たると反応するわけですね。

waldner-2.jpeg

要は、ピンポン玉をセンサーなどで監視し、Siriが判定結果やサーブがどっちとか教えてくれるわけだ。

審判いらずだな、本当に。

ゲーム終了後は反省会?

もちろん卓球台の盤面に得点を表示してくれるわけだが、そのスクリーンは巨大だ。

The screen is supported Apple’s new HiDPI, which gives a resolution of 2880 x 1800 pixel.

卓球台の盤面全体がスクリーンになっていて、解像度は2880 x 1800ピクセル。

ゲームが終わった後は、どこにボールが飛ぶのかとか、どこでミスしやすいのかなど、統計データを卓球台に表示してくれる。

waldner-3.jpeg

TVゲームみたいだな。

このWALDNERはTable Tennis 2.0 (2012) – The Design Chapel — Robert Lindströmに掲載されているコンセプトだが、まったく実現不可能なモノじゃないらしい。作るとなると高価になるけどって話だ。

スポーツとセンサー技術

今後、こうやってスポーツに高度なセンサー技術が取り入れられるようになるんだろうな。

人の目で判定しにくい場合はビデオ判定とかやってるけど、球技はボールにICチップとか入れれば追跡可能だろうし、フィールド全体をカメラやセンサーで監視して、コンピュータが判定する時代がやってくるんだろうね。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

日常の反対の世界を撮影するために後頭部にカメラを取り付けてしまった教授

数年前に24時間頭にカメラを付けて自分のプライバシーを生中継していた人がいたが、この教授はすごすぎる。後ろにはまったく別の世界がある・・・その世界を見るためにここまでやってしまうとは。

見えないはずの場所を映し出す!未来のカメラがほぼ完成

久々に驚いた技術だ。例えば、見通しの悪いT字路を撮影した一枚の写真。このT字路を曲がった先に何があるのか分かるはずがない。って普通の人は思う。でも今回紹介する未来のカメラで撮影した写真なら…。

コンタクトレンズが情報を表示できる液晶ディスプレイになる!5年以内に商用実用化されるだろう

コンタクトレンズに直接テキスト情報などを表示することができる技術は以前にも紹介したが、具体的な商用化の時期やプロトタイプの発表は初めてだ。

画面の中のキャラクターを触ることができるタッチパネルディスプレイ

ディスプレイが進化すると楽しい未来が待っていると以前言ったように、このタッチパネルディスプレイも面白いかも。もし、画面中のキャラクターを触ることが出来たらどうですか?

サッカーのゴール判定に導入された最新システム!ゴールレフとホークアイという技術

サッカーは一点の重みが大きいから、プロリーグの試合や国際試合のゴール判定には審判も神経をすり減らしているでしょう。でもこの技術が導入されれば、少しは負担が減るでしょう。

3Dテレビの登場でカメラも3Dに

3Dテレビが登場しはじめたけど、3Dの媒体ってまだ映画くらいなんだよね。でもハイビジョン映像などが出たときも映画だけだったけど、今ではいろんなものがハイビジョンだよね。

スマートフォンを落としても画面が割れなくなるRhino Shield!ハンマーで叩いても平気な画面保護フィルム

iPhoneのディスプレイが割れちゃってる友人と会いましたが、やっぱりちょっとした衝撃で割れてしまうようですね。ですが、そんな悲しい思いをする人が減るかもしれません。

カメラマンも一緒に写真に写れるカメラ!もう一人ぼっちじゃない

写真は撮るの好きだからバシバシみんなを撮影する。だけど、気がつくと過去の写真に自分が写っていない。そんなカメラマンにやさしいカメラを紹介します。

TOYOTAが研究しているマルチメディアウィンドウに未来を感じる

小さい頃、車に乗っている時、曇っている窓ガラスを使って絵を書いたりしたものです。最近では、甥っ子、姪っ子は車の中でDVDを観ていたりします。時代によって車の中での過ごし方が違いますね。

また一歩ホログラムディスプレイが現実に近づいた!16個のウェブカメラで撮影して立体投影

ホログラム映像はSF映画などで、遠くにいるはずの話し相手が、まるで目の前にいるかのように話しているシーンを観た事があると思う。このホログラム技術がもう数年後には実現しちゃうかもしれない。