大きな電源アダプターを小さくする新技術!約1/4と大幅な小型化

2014年1月12日 18:39

最近のノートパソコン本体は軽くてスリムになってきたが、電源アダプターは相変わらず大きくて重いまま。どうにかならないものか…と思っていたら近々市場に登場するようです。

この電源アダプターは、MITの研究者が立ちあげたベンチャー企業が発表した。

本体よりも電源アダプターが…

自分はMacbook Proを使っているのですが、本体の重さや大きさはAirに比べると確かに重いかもしれませんが、たいして気にならないんです。

ですが、電源アダプター…これが意外とかさばるし、重く感じる。

Macbook Pro本体に比べりゃそりゃたいした大きさや重さ(約170g)じゃないんですが…もっとコンパクトにならないものかって、ずーっと思ってた。Macbook Air使っている人なんて、その思いはもっと強いはず。

せっかく本体はスリムなのに、電源アダプターは…ドカッと大きいし。

約1/4と大幅な小型化が可能

電源アダプターの体積を1/4に、MIT発ベンチャーが新技術によると、

電源アダプターを約1/4に小型化

米国のベンチャー企業FINsix社は、ノートパソコンなどの電源アダプターの体積を約1/4と大幅に小型化できる技術を開発した。重さでは約1/6にすることが可能だ。

重さが1/6ってすごい軽量化ですな。ほぼケーブルの重さになるわけだ。

2014年の夏に市場に登場

早く製品化してほしいと思って読んでいたら、

2014年夏にも65Wのノートパソコン用電源アダプターを製品化する。価格は、80~90米ドルになる見込みだ。

意外と早いね。今年の夏には製品化される可能性があるそうだ。

たぶんMacbook用だろうね。

価格は少し高めだけど、よく外にノートパソコンを持ち出す人にとっては安いものかもしれない。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

差し込み口が増えるちょっと未来のコンセント

コンセントの差し込み口はほとんどが2つ。もっと必要な時は三つ又とかOAタップとか使う必要があったが、このコンセントはちょっと違う。

気になるMac OS X『Leopard』の全貌が明らかに!

USB2.0の20倍の速さでデータ転送が可能なThunderboltとは

新しいMacBook Proが発表されました。そのMacBook Proで注目されているものとして、Thunderboltという聞きなれないものがあります。これはUSBやFirewireなどと同じI/Oインターフェイスです。なんで注目されているんでしょうか。知ってしまうと欲しくなりますよ!

ファイルのアップロードはトラック野郎『Transmit 3』

いろんな形式の動画を再生できるMac用動画プレイヤー「MPlayerX」が凄過ぎる

Macでさまざまな動画を観ようとするといろんなプレイヤーをインストールすることになる。自分は今までQuickTime、VLC、RealPlayerなど用途に合わせて使い分けてきた。もちろん動画形式のせいもあるけど。でも、もうどの動画プレイヤーも使うことはないだろう。

延長コードがいらない壁コンセント!備え付けられたコンセントが伸びる?

壁に備え付けられたコンセントって、だいたい家電が届かない隅っこにあったりする。結局2,000円くらいする延長コードを買ってきたりと、いったい何本延長コードを買わせるんでしょうか。

必要なものだけのブラウザ『Camino』

挿す向きや場所を自由に選べるコンセント!これで無駄な隙間なく挿せる

でっかいアダプターとか、ちょっと幅広めのプラグのせいで、隣の口に挿せなかったりするんですよね。せっかく4つ口の電源タップ買ったのに、2口しか使えないとか。。

Macのバックアップツール「Time Machine」のすごいところ

新しいMacBook Proを使い始めて、もう1ヶ月経ちますが、ふとTime Machineってスゴいなぁと思ってしまった。

2009年に購入したMacBook ProのHDDをSSDに交換したら快適!

自分が使っているMacbook Proですが、最近ハードディスクが頻繁にカリカリカリ…という音がし始めたので、壊れる前にどうにかしようと思ったわけです。