Skitch for Macをダウングレード!改悪してしまったSkitchを元に戻す方法

2012年12月16日 13:40

このブログでも紹介したアプリケーションのSkitchですが、とつぜん全く別なアプリケーションになってしまって悲しかったので、ダウングレードしました。その方法をご紹介します。

レビューでも「改悪だ!」で埋め尽くされていますね。

あの頃はよかった。なんであんなことしてくれたんだろうか。

便利な機能が使えなくなった

自分が一番便利だと思っていたURLでページ全部をキャプチャする機能とか、使い勝手も今公開されているSkitchより感覚的で使いやすかった。

いや、すべてがすべてダメとは言わない。

ただなんであんな良かったSkitchとは別人を作ってしまったんだい?って言いたい。良い点はちゃんと引き継いで欲しかった。

以前のバージョンのSkitchの良かった点に関しては、MacのキャプチャソフトはSkitch以外考えられない!ってくらい便利という記事を読めば分かるはず。

Skitch 1.0をダウンロード

実はあの良き時代のSkitchは公式サイトで公開されていたりします。

Skitch | Evernoteにアクセスすると、様々なデバイス向けSkitchをダウンロードできる場所の下に、[以前のバージョンをダウンロード:Skitch for Mac (1.0)]とあります。

Skitch for Mac (1.0)

これをクリックすれば、あの頃のSkitchにまた会うことができます。

ちなみに、今のSkitchをApp Store経由でダウンロードしている場合は、上書きできないっぽいので、自分は「Skitch 1」と命名して[アプリケーション]に保存しています。

Skitchはこうでなくっちゃ

やっぱりこれだよね。

Skitch 1.0を公開してるってことは、開発側でもこの不評っぷりを理解してるってことかな。

Skitch 1.0の使い方に関してはMacのキャプチャソフトはSkitch以外考えられない!ってくらい便利を御覧ください。

これで今までと変わらない生活を!

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

手書きメモもスマートフォンで管理できるメモ帳とアプリ

普段、自分はメモや考えていることをスマートフォンのEvernoteでカキカキしているんですが、実際誰かと話し合いながらメモやイラストを書くとなると、メモ帳に手書きするしかないんですよね。そこで最近知ったのが「ショットノート」という存在。

グレゴリー・コルベール『ashes and snow』をみる

遂に届いたLED REGZA 42Z1は想像を遥かに上回る大迫力

Amazonで購入したので、配達状況を常に確認していたのですが、届くのはたぶん明日だろうなぁって思ったら、今朝届きました!義理の妹が遊びに来ていたけど、お構いなしに早速設置してみました。

StickNFindを鍵に付ければ失くしても平気!アプリですぐに見つけられる

急いでいる時に限って家の鍵が見つからなかったりするんですよね。すぐに出かけなきゃいけないのに…鍵をかけずに外出するわけにもいかない。そんな時、あなたはどうしますか?

新しく購入したテレビのお陰でライフスタイルが激変した

そろそろ書こうと思っていたTOSHIBA REGZA 42Z1の使用感レビュー。届いてから約1ヶ月、あれこれ使ってみて自分のライフスタイルが大きく変わったことに気がついた。テレビ一台買っただけで、ここまで得られるものがあるとは思わなかった。

MacのキャプチャソフトはSkitch以外考えられない!ってくらい便利

キャプチャソフトってMac純正のアプリケーションや、ブラウザの拡張機能とかあるけど、正直ここ数ヶ月Skitchを使っていたけど、これは手放せないアプリケーションのひとつだわ。

必要なものだけのブラウザ『Camino』

読めない外国語のメニューや看板はWord Lensで覗けば読むことができる

海外へ行くと困るのがやはり言葉。最近は簡単な英語で書いてあれば多少意味はわかるけど、ロシアなんて行ったら何が書いてあるのか見当もつかない。。でも時代は変わりました。Word Lensが海外旅行で助けてくれるかもしれない。

気になるMac OS X『Leopard』の全貌が明らかに!

近い将来起こる可能性がある東京大地震に役に立つアプリ

ここ最近、東北地方太平洋沖地震のニュースや記事が多いですが、ZOOLBOXでは違う視点で今回の地震の経験を活かして、近い将来起こる可能性がある東京の大地震に備えて、役に立つかもしれないアプリを自分なりにまとめておく。