糖尿病患者用のコンタクトレンズが開発されている!Googleが発表したスマートコンタクトレンズ

2014年1月17日 17:13

このスマートコンタクトレンズが世界中にいる糖尿病患者3億8200万人から苦痛を取り除いてくれるかもしれない。いったいどんなコンタクトレンズなのか…。

Googleの先端技術研究所Google Xのプロジェクトの一つとして、無線チップとセンサーを搭載した医療用スマートコンタクトレンズの開発計画を発表しました。

医療用スマートコンタクトレンズ

ただ、これは最近注目を集めいているGoogle Glassのコンタクトレンズ版ってわけではない。

糖尿病患者が使用する

このスマートコンタクトレンズは、糖尿病患者に血液検査より楽な血糖値管理の方法を提供することが目的とされています。

Official Blog: Introducing our smart contact lens projectによると、

We’re now testing a smart contact lens that’s built to measure glucose levels in tears using a tiny wireless chip and miniaturized glucose sensor that are embedded between two layers of soft contact lens material.

血糖値を計測するセンサーと、その計測データを送信する送信機が、小さなコンタクトレンズに埋め込まれているわけだ。

現段階では役割は血糖値計測器

We’re testing prototypes that can generate a reading once per second.

コンタクトレンズに計測値が表示されるとかそういうものではなくて、あくまでも計測器であって、1秒毎に血糖値を計測し、結果はスマートフォンなどの専用アプリで観覧する事になる。

アプリケーションも現在開発中ということだ。

一定値を超えるとLEDで警告

we’re exploring integrating tiny LED lights that could light up to indicate that glucose levels have crossed above or below certain thresholds.

検討段階だが、一定の血糖値を超えると光って警告してくれるLEDライトを搭載するかもしれないということだ。

今まで、食後などに針をさして血を採取し、計測してきた糖尿病患者にとっては嬉しいプロダクトだと思う。

このスマートコンタクトレンズが3億8200万人(日本に950万人)もいる糖尿病患者から針の痛みから開放してくれるかもしれない。

製品化・量産化に向けてパートナー企業を探している段階だそうだが、患者のためにも一刻も早く実現してほしいものだ。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

痛みのない歯科治療を可能にする「プラズマジェット」

歯の治療っていうと、ドリルの音と痛み・・・。今後歯医者でキュイーーーーンっていうドリルの音を聞くことがなくなるかもしれない。

情報収集が一画面でできる『iGoogle』

お店や場所に”チェックイン”して友人と情報を共有するサービスが面白い

知っている人は知っているチェックインサービス。使ってみて非常に面白いサービスだとは思うが、まだまだ始まったばかりといった感じ。ホテルに関するサービスではなく、いわゆる位置情報を使ったクーポンサービスのようなもの・・・かな。

Googleの検索エンジン用サーバーの写真

毎日Googleで検索している方は必見。あなたの検索ライフを支えているのはこんなすごいマシンです!さすがGoogle!

未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプト

未来の車ってデザインがシャープで、自動運転機能や宙に浮いたり…ってのを想像しますが、近い未来はタイヤもまったく新しいモノになるのかもしれないと考えさせられました。

コンタクトレンズが情報を表示できる液晶ディスプレイになる!5年以内に商用実用化されるだろう

コンタクトレンズに直接テキスト情報などを表示することができる技術は以前にも紹介したが、具体的な商用化の時期やプロトタイプの発表は初めてだ。

HIV(エイズウィルス)感染治療に希望の光、HIV感染の治療に成功は世界初

感染したら絶対治ることはない!と教えられてきたHIV感染症。今では感染しても通常の寿命を生きることが十分可能な時代にはなったとはいえ、感染させてしまう可能性があるという負の気持ちや、HIV感染者ということで避けられてしまう可能性だってある。そんなHIV感染に素晴らしい研究報告だ。

必要なものだけのブラウザ『Camino』

Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性

セルフドライビングカー、オートドライビングカー、自動操縦自動車…まぁ人によって呼び方は様々でしょうが、車に乗れば座っているだけで目的地まで連れていってくれる車があったらどう思います?恐いなぁって人もいれば、単純にスゴイなぁ、未来だなぁって感じる人もいるでしょう。その技術の可能性について動画を観ながら考えてみます。

細胞を心臓ペースメーカーにする遺伝子の研究!電磁波に影響せず、電池交換も必要ない

心臓ペースメーカーを身体に埋め込むってのは負担が大きいだろうし、電池交換だってしなくちゃいけないわけだし。でもそんな負担や不安も、この研究が進めばなくなるかもしれない。