限られた条件から生み出される優れたモノ

2007年10月31日 18:04

最近のオンラインサービスは様々な機能やサービスを盛り込み過ぎているのではないだろうか。もっと機能を絞り込んで、提供した方が良いのではないだろうか。必要ないものまで提供している事で、使いにくくなっている気がするのは自分だけだろうか。

限られた条件から生み出された優れたモノを紹介するとしたら、これでしょう。

スーパーマリオ

ファミコンで一番の出荷数を誇る作品なわけだが、10年以上も前のゲームだけあって、開発には限られた条件がいっぱいあったはずだ。

カセットの容量、音数、操作ボタンの数、画質や色といったように、今では無制限に使えるようなゲーム開発と違って条件が多いはずだ。

このスーパーマリオの容量は40KBほどしかないそうだ。

つまりは携帯のゲームよりも軽いんです。携帯のゲームの方が容量が多いのに、なぜスーパーマリオに勝るゲームが出てこないのか。勝っているかどうかは人によって感覚は違うだろうけど、自分は未だにスーパーマリオは面白いと思う。

決して今のゲーム開発が容量が有り余っているとは言わない。ただ、今使える容量でいろいろできすぎるのが問題なのではないだろうか。

予算はいくらでも使っていい!といった上限を設けないと、ただ出てくるアイデアを盛り込んでいくだけの作品になってしまう。これは容量も同じ事だ。

スーパーマリオのように条件を設ける事(技術的なものだから設けたわけではないが)で、出てくるアイデアを再考するきっかけとなる。

「この容量なのにこんな機能は不要だ!」などといったディスカッションだ。

最初にどれだけの機能やサービスを提供するのか。予算・時間・技術的な部分といった条件を明確に設ける事が優れたモノを作り出す最初のステップではないだろうか。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

どんな電化製品もスマートフォンでON/OFFできるようになる?電池の代わりにTethercellを入れるだけ

最新の電化製品ならスマートフォンで遠隔操作で電源をON/OFFできる機能があるかもしれない。だが、オモチャや小さな電化製品にそんな機能が付いているはずがない。

まるで映画のようなゲームのCall of Duty Modern Warfare 3の公式動画集

正直早くやりたくてしょうがない!発売日まで徐々に公開される動画を観て興奮を抑えなければ!ってことで、動画をまとめておくことにしました。

スクウェア・エニックス「フロントミッション」らしき新作ゲーム告知サイトを公開

このゲーム、ちょっと期待できるかも。というのも、近代都市での銃撃戦をイメージさせる告知サイトなので、もしかしたらフロントミッションの可能性も・・・

コンタクトレンズが情報を表示できる液晶ディスプレイになる!5年以内に商用実用化されるだろう

コンタクトレンズに直接テキスト情報などを表示することができる技術は以前にも紹介したが、具体的な商用化の時期やプロトタイプの発表は初めてだ。

みんなが大好きなゲームのAngry Birdsが遂に映画化!?

iPhoneやAndroidでおなじみのゲーム、Angry Birds(アングリーバード)が映画化だって!?以前、完成度が異常に高い食べれるAngry Birdsを紹介したが、今回は・・・ちょっと細かい部分は違うけど、確かにAngry Birdsだな。

Googleマップが日本人に見易いように大幅にバージョンアップした

すごい見やすいぞ!なんていうか見やすすぎる!なんでだろう。今までの地図より断然見易い。しかも旅行したくなる…いや冒険したくなる。

もうテレビゲームの世界は現実と区別できないくらいリアル

最近のテレビゲームは近年凄まじい勢いでリアルになりつつある。数年前に比べると今のゲームってリアルだよね。リアルだけどゲームの世界では出来ないことが多いし、映画などのよりリアルなCGに比べたら・・・。だが新しいゲームエンジンが全てを解決してくれるかもしれない!

アイテムを与えて成長させるゲームGROWがすごい

ゲームというよりパズルに近いような・・・そうでないよな。アイテムを放り込んで成長させて最高レベルを目指すというものだ。男女問わず楽しめる!

我慢し続けた物欲が遂に爆発した!

2年近く我慢していた物欲。金がないのにPower Macを買ったりしていた自分。遂にその物欲が爆発してしまった。。

一度はやったことがある人気テレビゲームのマリオカートが遂に実写化!?

マリオカートをやってた時って、実際にこんなレースがあったらどうなんだろうって想像していたけど、実際こうやって観てみると危険過ぎるな(^^;)そして間違いなく死人がでるレベルだわ。