飛んでくる銃弾を避けるIBMのBionic body armor

2009年2月17日 9:59

今まで、弾丸から身体を守るには防弾チョッキを着て、頭に当たらないことを願うだけだったけど、もう弾丸で射たれる心配をする必要もなくなりそうだ。

まだ完成はしていないが、特許を取得しているってのはそれなりに可能性があるってことですよね?

これまた軍事目的に使用される技術だけど、銃社会を終わらせる技術にもなるかもしれない。

この特許にはどうやって飛んでくる銃弾をよけるのかが書いてある。

bionicbodyarmor-1-20090217.jpg

高速で飛来する金属をセンサーで探知して、スーツ着用者の筋肉を電気的に強制的に姿勢制御するという。

筋肉も電気信号で動いてるから、強制的に制御することは可能だろうね。

でもすごい速さで飛んでくる銃弾を察知して避けることは、本当に可能なのだろうか。

発射から標的に達するまでは場合によっては秒単位(1400mで約2秒)、比較的短い200m射撃でも軍用スナイパーライフルの初速から計算して約200ミリ秒程度の猶予があり、人間の筋肉が反応する40msから80ms程度を差し引いても十分な演算時間がある

とあるので、すごい速さで察知して、すごい速さで演算し、すごい速さで動かせば可能ってことね。

こんなのが出来たら銃の時代も終わりかもね。それこそ刀が最強の武器になるかもしれないね。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

人間のような感覚がある皮膚を持つロボットはもうすぐそこへ

今の時代のロボットは小さな虫が顔に止まっても何とも思わないだろうね。でも近い将来ロボットも人間並みのわずかな感覚をもつ皮膚を得ることになる凄い技術が開発されていることを知ってる?

サッカーのゴール判定に導入された最新システム!ゴールレフとホークアイという技術

サッカーは一点の重みが大きいから、プロリーグの試合や国際試合のゴール判定には審判も神経をすり減らしているでしょう。でもこの技術が導入されれば、少しは負担が減るでしょう。

目に見えない兵士が現実に!透明マントを米国軍とカナダ軍などが確認済み

透明マントが手に入ったら…って小さい頃一度は思ったはずです。誰にも見つかることなく、アレコレできちゃう夢の様な魔法のマント。マントじゃないけど、そんな迷彩が完成したと話題になっています。

オフロードも走れるセグウェイみたいなDTV SHREDDER

道路はもちろん雪道や山道だって走り抜ける!だってキャタピラ付いてるもん。軍用目的のために開発したのかは分からないが、そういう使い方もできるようだ。

昆虫を無線で遠隔操作する技術がほぼ完成

生きた昆虫を無線で遠隔操作する研究が行われている。軍事目的に使われるんだろうけど、これが完成したらそこらへんにいる虫も信用できない存在になる。

精神を集中すると剣が光る玩具を開発

未来の軍事兵器レールガンの発射音がまるでSF映画!試作機の発射実験動画

銃やミサイルの音って火薬が爆発した音なので、だいたい想像つきますが、電磁投射砲と言われるレールガンは、火薬を使いません。磁気の力で物体を撃ち出すので火薬とは違う音がします。

150m向こうで溺れている人がいたらどうする?浮き輪を投げてあげればいい!

150m泳いで、溺れている人を抱えて150m泳いで帰ってくる・・・なんて絶対に無理だ。150m泳ぎきれるかさえ疑問。。泳ぐの下手なんだよね。じゃあ浮き輪を投げてみる!いやぁ・・・無理って思った人はあまい。

90Kgの荷物を背負って走れる外骨格スーツ「HULC」

90Kgの荷物・・・持ち上げることさえできるかどうか。。それを背負って走ることができるというスーツが開発された。

よりリアルになった人の動きに反応する映像システム『タップトーク2』