Google Analytics モバイル版をCakePHPで導入してみた

2009年11月1日 12:51

いやぁGoogle Analyticsがモバイルに対応しましたね。CakePHPで開発した自分のサイトでも早速導入しましたが、なかなかトラッキングできず困っていましたが、スゴい簡単なミスをおかしていました。

ブログなどを参考に導入してみたが、なかなかトラッキングできなくて。CakePHPで導入するときはちょっと注意が必要かも。

俺だけかな。

まずはPHPとかダウンロードする

これが無いとどうしようもないですね。Google Analytics Now More Powerful, Flexible And Intelligentからダウンロードできます。「download snippet instructions」ってところがダウンロードリンクです。

ファイルをアップロード

ダウンロードしたファイルのga.phpをwebrootフォルダにアップロードします。

ソースを埋め込む

ダウンロードしたファイルのphp1.snippetをエディタで開き、コピーしてモバイル用layoutの一番上に貼付ける。

んで、

$GA_ACCOUNT = “ACCOUNT ID GOES HERE”;

の箇所を、UA-XXXXXXXX-NをMO-XXXXXXXX-Nにして「ACCOUNT ID GOES HERE」の部分に入力。

$GA_PIXEL = “ga.php”;

という部分を”/ga.php”とします。

次にphp2.snippetのファイルをエディタで開き、コピーして</body>タグの直前にでもペースト。php2.snippetはimgタグを吐き出すようになっているので、bodyタグ内に貼付けること。

ここからが重要!

<?php
   $googleAnalyticsImageUrl = googleAnalyticsGetImageUrl();
?>
<img src=”<?= $googleAnalyticsImageUrl ?>” />

<?php
   $googleAnalyticsImageUrl = googleAnalyticsGetImageUrl();
?>
<img src=”<?php echo $googleAnalyticsImageUrl; ?>” />

と変更すること。これがどうやら問題だったぽい。PHPショートタグが問題だったようだ。

これでちゃんとトラッキングしました。

よかったよかった(^^

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

Googleが未来のメガネを提案!手から携帯電話が消える時代が来た

Googleがまた面白くて未来を感じさせてくれるプロジェクトを開始した。Project Glassという未来のメガネ開発プロジェクト!このメガネがあれば生活はより便利で楽しいものになりそうです。

コンタクトレンズが情報を表示できる液晶ディスプレイになる!5年以内に商用実用化されるだろう

コンタクトレンズに直接テキスト情報などを表示することができる技術は以前にも紹介したが、具体的な商用化の時期やプロトタイプの発表は初めてだ。

YouTubeの日本語版『YouTube Japan』がオープン

Googleの検索エンジン用サーバーの写真

毎日Googleで検索している方は必見。あなたの検索ライフを支えているのはこんなすごいマシンです!さすがGoogle!

CakePHPでフィールドネーム(User.id)から、DOM ID(UserId)だけを取得・生成する方法

Javascript内などにフォームのDを記述したい時などに便利なヘルパー関数。domId()という関数がFormHelperに用意されています。意外と便利なので、メモっておこう。

お店や場所に”チェックイン”して友人と情報を共有するサービスが面白い

知っている人は知っているチェックインサービス。使ってみて非常に面白いサービスだとは思うが、まだまだ始まったばかりといった感じ。ホテルに関するサービスではなく、いわゆる位置情報を使ったクーポンサービスのようなもの・・・かな。

必要なものだけのブラウザ『Camino』

地上からの風景を表示『Google Maps Street View』

未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプト

未来の車ってデザインがシャープで、自動運転機能や宙に浮いたり…ってのを想像しますが、近い未来はタイヤもまったく新しいモノになるのかもしれないと考えさせられました。

RSSフィードのURLが変わりました!FeedBurner経由でのRSS配信を停止いたします

FeedBurnerのサービスにはお世話になりましたが、今後はFeedBurner経由でのRSS配信は行わず、生のRSSフィードで更新を通知することに致しました。RSSアドレスの変更をお願い致します。