超音速航空機X51Aがなんで注目されているのか

2010年5月30日 17:42

アメリカ空軍が発表した新兵器X51Aがなんで注目されているのか。1時間以内に敵の基地を爆破できるっていうけど、そんなにスゴいことなの?って思っている人もいると思う。数字にすると、とてつもなくスゴいことなんですよ!

まずは、超音速航空機X51Aってなんですか?ってところからだね。

軍事専門家じゃないから、いろんなところの記事を読んで説明しますよ。

形はシャープなスペースシャトルみたい

産経ニュースによると、2003年からボーイング社が必死に作ってきた物のようです。

超音速航空機って言われるけど、ミサイルだよね?これ。

記事にもミサイルの一種と書いてあるし。

写真見るとすごい大きそうだけど、B52っていう戦略爆撃機に搭載できるくらいだから・・・スペースシャトルみたいに大きくはなさそうだね。

写真撮る時はミサイルの横にタバコでも置いてくれると助かるんだけどなぁ。

とにかくすごいスピードで飛ぶ

マッハって分かる?

http://www.youtube.com/v/VZUwKX3_uE4&hl=en&fs=1&ap=%2526fmt%3D18

マッハ1は時速1225km。東京から沖縄がだいたい1600kmだから、1時間ほどで付いてしまう速さがマッハ1。

戦闘機とかはだいたいマッハ1.5くらいだそうだ。

コンコルドっていうくちばしのとがった鳥みたいな音速航空機があったけど、あれがマッハ2なんだって。

で、X51A・・・

こいつはマッハ5!

単純に計算して5倍の速さだから沖縄まで15分くらいで着いちゃうんじゃない?

今まで使っていたトマホークミサイルの7倍くらいの速さなんだわ。

1時間以内ってのがスゴい

一番注目されているのは、スピードもそうだけど、1時間以内って言い切ってるのがスゴい。

通常兵器による攻撃の所要時間は最大で96時間かかるとされ、大幅な時間の短縮となる。

分かる?

極端な話、96時間かかってたのが、1時間になっちゃうんだよ。

アメリカの場合、大統領が発射といえば発射するからね(発射までいろいろあるだろうけど。)。

とてつもない奇襲攻撃が可能ってわけだ。

兵器が宇宙開発につながる

よく戦争が国を成長させるっていうが、こういう軍事兵器が宇宙旅行を可能にする宇宙航空機になったりするんだよね。

ソ連とアメリカが有人宇宙飛行を競っていた時のように。

宇宙開発のためにロケット開発してるのは、日本くらいだと思う。

ぜひ日本の技術者のみなさんにもがんばってすごいの作ってもらいたいわ。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

オフロードも走れるセグウェイみたいなDTV SHREDDER

道路はもちろん雪道や山道だって走り抜ける!だってキャタピラ付いてるもん。軍用目的のために開発したのかは分からないが、そういう使い方もできるようだ。

宇宙に浮かぶ巨大な国際宇宙ステーションができるまで

宇宙に興味がある人は必ず知ってる、というかみんな知ってるはず国際宇宙ステーション。あれって気がついたら凄い大きな物になってましたね。あんなんだったっけ?っていうくらい。そこで、どうやってあの巨大な宇宙ステーションが出来上がったのかを知ることができる動画を見つけました。

海外旅行がより身近になるかもしれない天然ガスで飛ぶ低燃費飛行機

海外旅行って昔に比べたら安くなってあちこち行きやすくなったとはいうけど、それでも数十万はするわけですよ。何が高いってやっぱり航空運賃ですよね。その高い運賃と今後の可能性を考えてみた。

隕石から地球を守る技術!ペイント弾で軌道を変える?

隕石が地球に衝突する映画はよくあるが、最後に頼るのはミサイルだったり、核爆弾だったりします。でもペイント弾でどうにかなるかも…って話が。

疲れや恐怖を感じない人間を作る…近未来兵士と治療薬

少しタイトルが恐いですが、ただ戦争や兵器の話ってだけじゃありません。この技術が自分たち一般人にも良い影響をもたらす技術でもあるということと、こういった技術の使い方について考えてみる記事です。

未来の軍事兵器レールガンの発射音がまるでSF映画!試作機の発射実験動画

銃やミサイルの音って火薬が爆発した音なので、だいたい想像つきますが、電磁投射砲と言われるレールガンは、火薬を使いません。磁気の力で物体を撃ち出すので火薬とは違う音がします。

宇宙ゴミ(スペースデブリ)を除去する特殊な網をJAXAと漁網メーカーが開発中

魚を捕まえるのに使う漁網を作っているメーカーが宇宙ゴミ、いわゆるスペースデブリを除去する網を開発しているそうです。海で養った技術を宇宙で活かすなんてすごいね。それにしてもどうやって宇宙ゴミを除去するのだろうか。

近い未来2025年の航空機はどうなっているのだろうか

最近では、民間宇宙航空機などが登場して、航空機が大きく変わろうとしている。近い未来、航空機のデザインも大きく変化するだろう。NASAもそんな近い未来の航空機デザインを提案しています。

成層圏を撮影したのはNASAではなく普通の親子が作った宇宙観測機

もう宇宙観測はNASAとかがロケット飛ばして観測するような、莫大な費用をかけて行うことではなくなったんだなぁって思った。こういうお父さんを持つ子供がうらやましい。。

2050年までに火星に8万人移住構想!飛行費用は4100万円、生活費は…

トータル・リコールという火星を舞台にした映画がある。一部の人間が火星に移住した世界だが、まさか映画のように火星で暮らす時代が来るとは思わなかった。