民間の宇宙船が国際宇宙ステーションにドッキングする日は近い

2010年12月12日 15:00

民間企業が宇宙船を作り始めて間もないが、気がつけば宇宙船を作り上げ、気がつけばロケットを打ち上げ、つい最近大気圏再突入もやってのけた。NASAが数十年かけてやってきたことを、時代ってのもあるけど数年でやってしまっているスピード感はすごい。

民間企業では初めてのこと

民間企業の宇宙船が宇宙軌道から地球へ帰還するのは初めてのことです。

スペースX社が宇宙ロケット「ファルコン9」を発射して大気圏を突破!

低周軌道に到達した時点で、ロケットの先端にくっついている宇宙船「ドラゴン」が地球に帰還を試みる。

「ドラゴン」は大気圏に再突入して無事に地球の海に着水したという日帰り旅行だったわけだが、すごいことだ。

国際宇宙ステーションとのドッキング

実は、もうすでに国際宇宙ステーションとのドッキング計画も出ているようです。

NASAのスペースシャトルが引退したあとが気になる宇宙への交通手段ですが、意外と早い段階で民間企業の宇宙ロケットが宇宙への交通手段となるかもしれない。

そうなれば、以前記事にした宇宙ホテルも夢じゃないかもしれない。

やはり民間企業のほうが効率よく良いものを生み出せるものなのかもしれないね。

より宇宙開発がスピードアップ

今や宇宙関連の民間企業って聞くとスペースX社しか名前を聞かないから、ぜひ有力な企業がもう一社出てきてほしいものだ。

そうなれば、競争が激化してより良い技術と、宇宙開発のスピードアップにつながるはずだ。

宇宙産業も本格的に民間企業が中心になりつつあるな。

衛星だって民間に頼んで1億円で作ることができる時代だ。打ち上げるのも民間になる時代が近い。

宇宙産業関連にもっとお金が流れるようになれば、一般人の自分はもっと宇宙に近づくことができるようになるはずだ。

まずは国際宇宙ステーションとのドッキングを楽しみにしてみる。

そこら辺から民間企業が宇宙に関わる仕事の量が変わってくるかと思う。

楽しみだ。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

Virgin Galactic社の超かっこいい宇宙船が有人飛行に成功

Virgin Galactic社の宇宙旅行実現が近づいてきたな。それにしてもこの宇宙船・・・宇宙航空機か、超かっこいい!Virginのロゴがまたなんとなくこの宇宙船に合ってる!SF映画とかに出てきそうだし。

膨張させて広いスペースを確保するモジュール!国際宇宙ステーションを広くする

国際宇宙ステーション(ISS)は決して広くはない。広くするためには、完成した居住モジュールをロケットで運ぶしかないため、大きさに限りがある。

隕石から地球を守る技術!ペイント弾で軌道を変える?

隕石が地球に衝突する映画はよくあるが、最後に頼るのはミサイルだったり、核爆弾だったりします。でもペイント弾でどうにかなるかも…って話が。

無人宇宙船X-37Bが3度目の打ち上げに成功!再利用可能で9ヶ月間も宇宙飛行できる耐久性

有人宇宙飛行が注目される世の中ですが、無人宇宙船でも素晴らしい研究が行われています。アメリカ空軍が行なっている実験用無人宇宙船X-37Bが、3度目の打ち上げに成功しています。

宇宙で活躍する最初の人型ロボットはRobonaut 2

11月1日に打ち上げられるスペースシャトル「ディスカバリー」には、宇宙飛行士6名の他にロボットが同乗する事になっていることを知ってます?意外とあまりニュースになってないけど、たぶん打ち上げられたらニュースになるかな。

液体鏡を使った巨大望遠鏡!より液体鏡が気になる

宇宙ゴミ(スペースデブリ)を除去する特殊な網をJAXAと漁網メーカーが開発中

魚を捕まえるのに使う漁網を作っているメーカーが宇宙ゴミ、いわゆるスペースデブリを除去する網を開発しているそうです。海で養った技術を宇宙で活かすなんてすごいね。それにしてもどうやって宇宙ゴミを除去するのだろうか。

夢のような宇宙航空機の試作機開発へ!スカイロンの開発は順調

もうSkylonの記事を書いてから1年半経つんですね。夢のような宇宙航空機の開発がまた一歩前進したようです!今までなかった特殊なエンジンがほぼ完成しそうです。

宇宙に浮かぶ巨大な国際宇宙ステーションができるまで

宇宙に興味がある人は必ず知ってる、というかみんな知ってるはず国際宇宙ステーション。あれって気がついたら凄い大きな物になってましたね。あんなんだったっけ?っていうくらい。そこで、どうやってあの巨大な宇宙ステーションが出来上がったのかを知ることができる動画を見つけました。

2050年までに火星に8万人移住構想!飛行費用は4100万円、生活費は…

トータル・リコールという火星を舞台にした映画がある。一部の人間が火星に移住した世界だが、まさか映画のように火星で暮らす時代が来るとは思わなかった。