進化し続けるディスプレイ技術の未来を観ることができる動画

2010年9月20日 17:00

最近すごい勢いで進化しているディスプレイ。こうなったらいいなぁって思っていることが数年後には実現されているかもしれない。ディスプレイが進化するとどんな未来が待っているのかを考えた動画を見つけました。

なかなか楽しいそうな未来が待ってる。

いくつか既に実現しそうな技術もありましたね。

ディスプレイ同士を近づけて写真を渡す手段は、既存の技術の応用で実現するだろうね。

今までは「送信する」「受信する」など文字だけでいまいち操作に手こずってた人でも、これなら直感的で分かりやすいよね。

ちょっと前までタッチディスプレイがすごい未来の技術に感じてたのに。。

次の時代のディスプレイは?

そろそろホログラムディスプレイが出てきてもいいかなぁ。

ホログラムディスプレイってのは、あれです、何も無いところに立体映像を映し出す技術です。

ホログラムディスプレイについてはまた別の時に。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

落としても曲げても割れない電子ペーパー液晶パネルがついに市場へ

このブログでも何度か電子ペーパーは紹介してきたが、もうっていうか4月に市場投入されます。韓国LG Display社が欧州で発売する電子書籍端末に搭載されるそうだ。

先に言いますが全部2Dでお送りしています!Anamorphic Illusions

目で見るだけじゃ世の中なんにもわからないものですよ。自分の目で見て、自分の手で触って。どこにいても世界中の動画が観れる世の中ですが、観れたところで本物かどうかはわからないものです。さて、今回はそんな気持ちにさせる動画を紹介します。

まるで湖のような世界最大のプールがあるSan Alfonso del Mar

そろそろ夏!となると、やっぱりリゾート地へ行きたくなりますが、一生に一度くらいはこんなところに行ってみたいものです。

だれでも演奏できるピアノ曲「4’33″」

John Cageという作曲家が作曲したピアノ曲で、聴く人によっていろんな捉え方があるすごい楽曲です。そんなすごい曲をだれもが弾けるってのはすごいよね。

コレはiPad miniのCM…だよね?違うの?何これ

一度はiPad miniのお洒落なCMは観たことがあるかと思う。ピアノの演奏が素敵ななんともAppleらしいCM。でもこの動画は何かがちょっと違う…違うね。

アーク放電でダースベイダーのテーマを演奏!?

つい最近ハードディスクドライブでダースベイダーのテーマを演奏している映像が話題になったが、今度はアーク放電。雷だな。。

未来の卓球台「WALDNER」人間の審判はもういらない?

卓球って何対何なのか、どっちのサーブなのか、忘れたりするよね。この未来の卓球台は、大会試合などの卓球だろうが、旅館で浴衣着てやる卓球だろうが関係なく、厳しく判定して真剣に卓球をやらせてくれる。

レベル高すぎてついつい口ずさんでしまう曲!ロバート秋山のTOKAKUKA

芸能人が監督しておもしろい動画を作る番組で、ロバート秋山のTOKAKUKAという楽曲のPVが最高すぎて、頭でリピートしまっくって困るレベル。

未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプト

未来の車ってデザインがシャープで、自動運転機能や宙に浮いたり…ってのを想像しますが、近い未来はタイヤもまったく新しいモノになるのかもしれないと考えさせられました。

popSLATEというスマートフォンケースが画期的!スマートフォンにディスプレイをもう一つ

スマートフォン専用ケースの背面って無地のものが多いですよね。popSLATEはそんな無駄なスペースに自分好みの写真を表示したりできるディスプレイを備えています。