Google検索で3次元の立体グラフが作れるなんて知らなかった

2012年3月31日 7:10

いや、Google検索でグラフを作れることは知ってたけど、3次元の立体グラフを作れるとは知らなかった。しかも動くよ。なにこれスゴイんだけど。

Googleの特殊な検索機能

Google検索ってただ情報を探すためだけのものじゃないんだよね。

特殊な検索機能っていうものがあって、為替計算してくれたり、直接答えを教えてくれる機能がある。

グラフも作れる

Googleで「y=x*2」って入力して検索すると…。

2次元グラフ

まぁよく学生の時に勉強した平面グラフも簡単に作成できる機能。

これは知ってたんだけど、3次元の立体グラフまで作れるとは知らなかったわぁ。

facebookで知った3次元グラフの作り方

実はfacebookで流れてきた情報で知ったんだが、Googleで「sqrt(x*x+y*y)+3*cos(sqrt(x*x+y*y))+5 from -20 to 20」って入力して検索すると…。

3次元立体グラフ

わぉ。立体だ、しかも動いてる。軽快。

ただ自分は使う機会ないんだけどね。

でもこの立体グラフを見ても分かるように、ひとつのアートだよね。Mathアートってやつ。

学生には知っておいてもらいたい機能の一つですね。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

Googleマップが日本人に見易いように大幅にバージョンアップした

すごい見やすいぞ!なんていうか見やすすぎる!なんでだろう。今までの地図より断然見易い。しかも旅行したくなる…いや冒険したくなる。

コンタクトレンズが情報を表示できる液晶ディスプレイになる!5年以内に商用実用化されるだろう

コンタクトレンズに直接テキスト情報などを表示することができる技術は以前にも紹介したが、具体的な商用化の時期やプロトタイプの発表は初めてだ。

地上からの風景を表示『Google Maps Street View』

Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性

セルフドライビングカー、オートドライビングカー、自動操縦自動車…まぁ人によって呼び方は様々でしょうが、車に乗れば座っているだけで目的地まで連れていってくれる車があったらどう思います?恐いなぁって人もいれば、単純にスゴイなぁ、未来だなぁって感じる人もいるでしょう。その技術の可能性について動画を観ながら考えてみます。

グルーポンと競合するであろうGoogle offersはどんなサービスになるだろうか

つい最近、Googleはクーポンサイトで有名なGroupon(グルーポン)を買収しようとしていたが、結局それは失敗に終わり、Googleは独自のクーポンサービスを提供しようとしている。最近いろいろ話題のグルーポンだが、Googleらしくやってもらいたいものだ。そこで、どんなサービスになるか予想してみる。

Google、Twitterなどの世界中の人々が使うサービスを支える日本人ハッカー

毎日一回は使っているだろう様々なインターネットサービス。それらのサービスは世界の中から選ばれた優秀な人たちが作っているわけだが、そんな優秀な人たちだって気がつかない問題もある。それらの問題を指摘して話題になっている日本人ハッカーがいる。

砂に命を吹き込む魔法の手

砂で描かれるこの世界観は一見の価値有りです。この人の手は砂に命を吹き込んでいるかのように、表現力が非常に豊かで、描かれたものに生命を感じるほどです。手と砂でこれほどの作品ができるというのはすごいです。

Googleが未来のメガネを提案!手から携帯電話が消える時代が来た

Googleがまた面白くて未来を感じさせてくれるプロジェクトを開始した。Project Glassという未来のメガネ開発プロジェクト!このメガネがあれば生活はより便利で楽しいものになりそうです。

未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプト

未来の車ってデザインがシャープで、自動運転機能や宙に浮いたり…ってのを想像しますが、近い未来はタイヤもまったく新しいモノになるのかもしれないと考えさせられました。

17,000個の画びょうで再現されたマリオワールド

パッと見た感じ、ふーんって感じだけど、良ーく見てみると、ぉお!って思う作品。プッシュピン(いわゆる画びょう)でこれだけの作品を作るってのは凄い労力だろうね。