水が燃料のエンジン

2007年6月2日 11:06

これが本当だったら、すごいことです!エネルギー問題で頭を抱えていた各国の政府はいままでの悩みが何だったのかと思ってしまうだろうね。本当だったらね。

水から火を起こす機械が発明されたという記事から

フロリダのサニベル島に住むJohn Kanziusはガン治療のためのラジオ波発生装置をテストしていたら、この装置によって塩水がろうそくのように火をともすことを偶然発見した

偶然発見された技術ではあるモノの、すでに水を燃料にしたエンジンも開発しており、映像でもその実験映像が収録されています。メディアでも取り上げられ話題になっている。

エネルギー問題解決ですよ!これは。

原油価格の急騰など資源エネルギーが問題になっている今・・・ガソリンエンジンに代わってこの水エンジンが実用化されれば、非常に環境にもよく新しいエネルギー源として期待されることは間違いない。

実用化されれば、一気にこの新エネルギーが普及しそうな気がする。

水を燃料にして火を起こし、その火で水を沸騰させ水蒸気がタービンを回す。水蒸気が水に戻って燃料になる。

エネルギー循環ができますね。いずれ火力発電所でもこの方法になるんでしょうね。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

水や自分の身体がインターフェイスになる!タッチセンサーの未来

デジタルデータを捜査するときって、それっぽいインターフェイスを用いる必要がある。触ってキーボードがあればキーボードを使う。でも未来はそうじゃない。なんでもデジタルインターフェイスになる

体内に埋め込み可能な発電するゴム!人間が電源になる時代がやってくる

今までペースメーカーなどは電池で動いてるため、定期的にペースメーカーごと交換する必要があったが、近いうち交換する必要がなくなるようになるかもしれない。

汚い水もこのストローなら飲める!災害時に役立つLifeStraw

人間、一番必要なのは水。防災バッグに数リットルの水を用意している人は多いが、もって数日。その後は給水車を待つしかない。もし給水車が来なかったら?

太陽光発電より効率的な生活排水発電!家庭から出る汚水で発電する

このニュースを聞いて思い出したのが、バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアンだよね!!新型のデロリアンは生ゴミとかで動いてたけど、本当にそれに近い技術が研究されている。しかも既に商業化に向けて進んでいるっていうんだから驚きだ!!

水の無駄遣いをなくすエコな水道!水を流しっぱなしなんてしたら罪悪感でいっぱいに

いやぁこれが実際に家や会社にあったら、絶対に無駄遣いしないわ。水をジャージャー出しながら手なんか洗ってる奴がいたら飛び蹴りするわ。これはすごい水道だけど実用化は無理かなぁ。

砂漠で水を作り出す!電気を作るだけじゃない風力発電や太陽光発電

水を得るには井戸を掘るか、雨を待つかしか考えたことがなかったが、もっといろんな方法があるんだよね。この技術が普及すれば、何もない砂漠で水に困らなくなるかもしれない。

衛生的な蛇口のノブ!これで最後に泡を流す必要がなくなる

手を洗う時、石けんで泡だらけの状態で、手をすすぐ時に蛇口のノブをひねると、蛇口のノブが泡だらけになりますよね。最後に、ノブの部分に水をかけたりしますが、これを解決する画期的な蛇口を紹介します。

2013年春ごろに実用化される塗る太陽電池が与える未来

火力発電には化石燃料やガスが必要だ。太陽光発電にも必要なものがある。大量の太陽電池パネルを敷き詰めることができる広大な土地が必要だった。だが三菱化学が作っている塗る太陽電池なら、いろんな場所に設置が可能だ。

人間を電池化する技術!心臓の鼓動で発電してスマホの充電が可能に

もし自分の体力を電力に変換してスマホに充電できたら…。そんな技術が実現しそうです。絶え間なく動く心臓の鼓動で発電をするという技術です。

災害時でも海水や水とコレがあればスマートフォンを充電できる!水を入れるだけで電気を作り出すマグボックス

災害時に連絡を取る手段として携帯電話、スマートフォンは必要不可欠。手回し発電機での充電では不十分。今の時代に沿った非常用の充電アイテムが登場した。