脳で操作するニューラルインタフェースの未来はすごい

2009年2月15日 11:41

もうキーボードやマウスがいらない時代になっていくかもしれない。ディスプレイさえいらなくなるかもしれない。

ニューラルインターフェイスとは脳細胞の活動を検知してコンピューターを操作したりできるシステムのことで、いわゆる電脳化技術の一つです。

その技術がまた一歩進化したというニュースが入ってきた。

脳波を計測する帽子をかぶることで、体一つ動かさずに車椅子を動かすことができます。しかも、車椅子にはロボットアーム付き。こちらも当然、脳波で動かせます。

移動することも、手(ロボットアーム)を動かすのも考えるだけで実行できるわけです。

これがもし車いすじゃなくて、以前紹介したHubo FX-1だったら。。

Hubo FX-1にロボットアームを付けて、脳で直接操作できたらすごいことになるね。

それこそasimoをこのニューラルインタフェースで操作できるようになったら、人間の脳をasimoに乗せることだって出来るわけで、人間が肉体を必要としない時代がやってくるかもしれない。。

ちょっと話が相当空想になってしまったが、全く考えられない話ではないレベルに技術が進化したことは間違いない。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

コントローラーがなくなる時は近い

機械やゲームを操作するには、今まで手でコントローラーを持ち、ボタンを押すことで操作してきた。だが、ここ最近はそういったコントローラーが変化しつつある。

誰かに頼み事をする時は左耳より右耳の方が効果がある

イタリアで行なわれた実験による結果だそうだ。 ここ最近よく耳にする脳科学の実験だそうだ。この実験結果、すごいネタだと思わない?

3D映像をジェスチャーで操作するiPoint 3D

今までジェスチャーで何かを操作したりするっていうのはあったけど、このiPoint 3Dは3D映像をジェスチャーで操作できるという。いったいどういう使い方するんだろうか。

水や自分の身体がインターフェイスになる!タッチセンサーの未来

デジタルデータを捜査するときって、それっぽいインターフェイスを用いる必要がある。触ってキーボードがあればキーボードを使う。でも未来はそうじゃない。なんでもデジタルインターフェイスになる

やる気スイッチをONにする研究。超音波を脳に当てると意欲的に

やる気を出さなきゃ行けない時に限ってやる気がでないんですよね。いつでもやる気が出せるようになればいいんですが…。ってことで無理やりやる気を出させる研究に良い結果が出たようです。

映画マイノリティリポートのようなジェスチャーで操作するインターフェイス「g-speak」

マイノリティリポートを観た人は分かると思う。この映画の中のコンピューターシステムは手のジェスチャーで操作している。そんなインターフェイスが実際に開発されている。

記憶を無理やり呼び起こすことに実験に成功!記憶喪失治療の最初の一歩!?

うっかり忘れてた…って事ができなくなる時代がやってきそうです。今回、強制的に記憶を呼び起こす実験が成功したらしく、その技術の可能性を考えてみました。

辛い記憶を消すことができる魔法のような飲み薬を開発

だれにでも辛い記憶はあるはず。急に辛い記憶が蘇って、悲しくなることだってあるはずだ。そんな辛い記憶を消すことができたら・・・って思ったことはありませんか?そんなことが可能な薬ができてしまいました!

RbAp48というタンパク質を増やすと記憶力が回復!記憶力低下原因のタンパク質を特定

老化とともに記憶力が低下し、だんだん物事を覚えられなくなってきます。いろんなことが思い出せなくなっていく自分を想像すると悲しくなりますが、そんな心配も解消されそうです。

やる気スイッチはどこにある?ついに正確な場所が判明した

CMとかでは後頭部や背中にやる気スイッチがあったりするが、本当の話、どこにやる気スイッチがあるかは今まで分かっていなかった。それが研究で遂にスイッチが発見された。