飛んでくる銃弾を避けるIBMのBionic body armor

2009年2月17日 9:59

今まで、弾丸から身体を守るには防弾チョッキを着て、頭に当たらないことを願うだけだったけど、もう弾丸で射たれる心配をする必要もなくなりそうだ。

まだ完成はしていないが、特許を取得しているってのはそれなりに可能性があるってことですよね?

これまた軍事目的に使用される技術だけど、銃社会を終わらせる技術にもなるかもしれない。

この特許にはどうやって飛んでくる銃弾をよけるのかが書いてある。

bionicbodyarmor-1-20090217.jpg

高速で飛来する金属をセンサーで探知して、スーツ着用者の筋肉を電気的に強制的に姿勢制御するという。

筋肉も電気信号で動いてるから、強制的に制御することは可能だろうね。

でもすごい速さで飛んでくる銃弾を察知して避けることは、本当に可能なのだろうか。

発射から標的に達するまでは場合によっては秒単位(1400mで約2秒)、比較的短い200m射撃でも軍用スナイパーライフルの初速から計算して約200ミリ秒程度の猶予があり、人間の筋肉が反応する40msから80ms程度を差し引いても十分な演算時間がある

とあるので、すごい速さで察知して、すごい速さで演算し、すごい速さで動かせば可能ってことね。

こんなのが出来たら銃の時代も終わりかもね。それこそ刀が最強の武器になるかもしれないね。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

150m向こうで溺れている人がいたらどうする?浮き輪を投げてあげればいい!

150m泳いで、溺れている人を抱えて150m泳いで帰ってくる・・・なんて絶対に無理だ。150m泳ぎきれるかさえ疑問。。泳ぐの下手なんだよね。じゃあ浮き輪を投げてみる!いやぁ・・・無理って思った人はあまい。

未来の卓球台「WALDNER」人間の審判はもういらない?

卓球って何対何なのか、どっちのサーブなのか、忘れたりするよね。この未来の卓球台は、大会試合などの卓球だろうが、旅館で浴衣着てやる卓球だろうが関係なく、厳しく判定して真剣に卓球をやらせてくれる。

人間のような感覚がある皮膚を持つロボットはもうすぐそこへ

今の時代のロボットは小さな虫が顔に止まっても何とも思わないだろうね。でも近い将来ロボットも人間並みのわずかな感覚をもつ皮膚を得ることになる凄い技術が開発されていることを知ってる?

超音速航空機X51Aがなんで注目されているのか

アメリカ空軍が発表した新兵器X51Aがなんで注目されているのか。1時間以内に敵の基地を爆破できるっていうけど、そんなにスゴいことなの?って思っている人もいると思う。数字にすると、とてつもなくスゴいことなんですよ!

疲れや恐怖を感じない人間を作る…近未来兵士と治療薬

少しタイトルが恐いですが、ただ戦争や兵器の話ってだけじゃありません。この技術が自分たち一般人にも良い影響をもたらす技術でもあるということと、こういった技術の使い方について考えてみる記事です。

未来の軍事兵器レールガンの発射音がまるでSF映画!試作機の発射実験動画

銃やミサイルの音って火薬が爆発した音なので、だいたい想像つきますが、電磁投射砲と言われるレールガンは、火薬を使いません。磁気の力で物体を撃ち出すので火薬とは違う音がします。

口に入っても問題ない抗菌剤『ユーカリ抗菌剤』

振動でいびきを軽減する『いびき軽減まくら』

事故にあっても倒れない安全なバイクが2013年発売!バイクの弱点を克服

バイク好きの人からしたら、なんだこれ?ってなるかもしれないけど、バイクの機動性と車の安全性を兼ね備えたすごい乗り物だ。

新素材メタマテリアルでステルス迷彩が作れるかもしれない

SF作品等に登場する科学的な何らかの手段により視覚的(光学的)に対象を透明化する光学迷彩技術も、この新素材メタマテリアルで実現できるかもしれない。