遺伝子治療で視力を回復させる実験に成功

2009年11月17日 1:20

遺伝子を治療する技術ってすごいね。遺伝子治療とか、ずーっとさきの技術だと思ったが、そうでもないのかもね。

東北大の准教授らが 、視覚障害のラットの視力を遺伝子治療によって回復させることに成功したそうだ。

失明につながる加齢黄斑変性症や網膜色素変性症の患者の治療につながる成果

ということらしい。

まだラットでの実験段階だが、人で成功すれば、1万人以上の患者が視力を失わなくてすむわけだから、とてつもなくすごい技術であって、この成功は大きな一歩であることは間違いない。

遺伝子自体を治療するわけだから、なにか悪影響などが起こりそうな気もするが、それでもこういった治療技術が進歩することはいろんな人にとって希望が持てる。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

米軍が開発中の○○から軍人を守るガムとは

ガムと聞くと、ちょっと口寂しい時に噛む、リラックスするために噛むなどいろんなイメージがありますが、今、米軍が開発しているガムは軍人をあるものから守るためのガムなんです。

遺伝子の特定により近視の予防と治療の可能

目の悪い人には凄いニュースだ。近視の原因とされる遺伝子が特定されたそうだ。近視は遺伝ってことで決着したってことですね。しかも治療ができるっていうんだから、すごいニュースですよね。

手術で針と糸は不要になる!?ナノ縫合がすごい!

今まで針と糸で縫合する必要がある傷は、縫合する時にも恐怖心と痛みがあったが、このナノ縫合は恐怖心だけでなく痛みさえなくなるという。

HIVワクチンの臨床試験は順調に進行中!エイズ予防の技術開発は着実に前進している

不治の病とされてきたHIV感染によって引き起こされるエイズですが、HIVワクチンの開発は順調に進んでいるようです。既に人の身体を使った試験が行われいます。

HIV治療で治療薬を大量投与!感染した新生児からHIVが消滅して完治した

ニューヨーク・タイムズ紙が凄いニュースを伝えた。なんと、エイズウィルス(HIV)に感染した新生児の完治を伝えたのだ!

糖尿病患者用のコンタクトレンズが開発されている!Googleが発表したスマートコンタクトレンズ

このスマートコンタクトレンズが世界中にいる糖尿病患者3億8200万人から苦痛を取り除いてくれるかもしれない。いったいどんなコンタクトレンズなのか…。

花粉症の原因タンパク質を解明!花粉症の人には希望の光

鼻水やくしゃみなどで苦しんできた花粉症の人には希望の光が見えてきました!花粉症などのアレルギー性鼻炎を引き起こすたんぱく質が解明されたようです。

痛みのない歯科治療を可能にする「プラズマジェット」

歯の治療っていうと、ドリルの音と痛み・・・。今後歯医者でキュイーーーーンっていうドリルの音を聞くことがなくなるかもしれない。

恐怖を感じるニオイの情報は遺伝子によって継承される!その恐怖、祖父母や親が経験した可能性がある

なーんか嫌な感じがするなぁって雰囲気やニオイで危険を察知したりすることが、極稀にありますが、実はそれは遺伝によって得た情報に基づくものの可能性があるという話です。

失明した患者の視力を回復する最新式の人工眼が完成

人工眼って自分が知っているのだと、物が白い点に見えて、決して僕らが観ているようなキレイな景色は観る事ができないものっていうイメージだったが、もうここまで進化しているとは正直驚いた。