遺伝子治療で視力を回復させる実験に成功

2009年11月17日 1:20

遺伝子を治療する技術ってすごいね。遺伝子治療とか、ずーっとさきの技術だと思ったが、そうでもないのかもね。

東北大の准教授らが 、視覚障害のラットの視力を遺伝子治療によって回復させることに成功したそうだ。

失明につながる加齢黄斑変性症や網膜色素変性症の患者の治療につながる成果

ということらしい。

まだラットでの実験段階だが、人で成功すれば、1万人以上の患者が視力を失わなくてすむわけだから、とてつもなくすごい技術であって、この成功は大きな一歩であることは間違いない。

遺伝子自体を治療するわけだから、なにか悪影響などが起こりそうな気もするが、それでもこういった治療技術が進歩することはいろんな人にとって希望が持てる。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

疲れや恐怖を感じない人間を作る…近未来兵士と治療薬

少しタイトルが恐いですが、ただ戦争や兵器の話ってだけじゃありません。この技術が自分たち一般人にも良い影響をもたらす技術でもあるということと、こういった技術の使い方について考えてみる記事です。

恐怖を感じるニオイの情報は遺伝子によって継承される!その恐怖、祖父母や親が経験した可能性がある

なーんか嫌な感じがするなぁって雰囲気やニオイで危険を察知したりすることが、極稀にありますが、実はそれは遺伝によって得た情報に基づくものの可能性があるという話です。

虫歯などの治療に使う歯のばんそうこうを開発中

歯って痛くなったらどうしようもないんだよね。歯医者行くしかないし。何が嫌かって言うと・・・いろいろ痛いじゃん。。でも歯の治療も日々進化している。歯に使うばんそうこうが開発されているって知ってるかい?

マイクロニードルアレイを皮膚に貼って薬剤を体内へ!注射のような痛みを感じない新たな投与方法

注射って大人になっても嫌なものです。いや、痛くないよ、大人だもん。でもね…なんとなく嫌なんです。痛くない方法はないだろうか…そんな夢を実現したのがマイクロニードルアレイというものだ。

がん幹細胞のマーカー特定!がん治療の大きな一歩

京都大大学院消化器内科学の千葉勉教授らの研究グループが、がんの幹細胞だけに反応するマーカーを特定したと発表した。

目が悪い人だけが読むことができる文字が書かれた画像

最初なんだろうなぁって思って見たんですが、あー、自分も目が悪いから見えちゃうんですよねぇ。でもぼやぁ〜って見える。やっぱりすごい目が悪い人にはハッキリと視えるんですかね?

瞳から深層心理を読み取るすごい瞳孔分析機

視線を監視する技術はあったが、それに加えて瞳孔を監視することで、その人が興味・関心を持っているモノが分かってしまう、そんな分析技術が開発された。

失明した患者の視力を回復する最新式の人工眼が完成

人工眼って自分が知っているのだと、物が白い点に見えて、決して僕らが観ているようなキレイな景色は観る事ができないものっていうイメージだったが、もうここまで進化しているとは正直驚いた。

糖尿病患者用のコンタクトレンズが開発されている!Googleが発表したスマートコンタクトレンズ

このスマートコンタクトレンズが世界中にいる糖尿病患者3億8200万人から苦痛を取り除いてくれるかもしれない。いったいどんなコンタクトレンズなのか…。

細胞の生死を制御する技術でガン細胞だけ死滅できる可能性

京都大学の研究グループが開発した細胞の生死を制御する技術が発表されて、注目されている。人間は細胞までも制御できるまでに至ったのかと。しかも日本からその技術が発表されるってのがまた誇らしい!