人間のような感覚がある皮膚を持つロボットはもうすぐそこへ

2010年9月19日 17:00

今の時代のロボットは小さな虫が顔に止まっても何とも思わないだろうね。でも近い将来ロボットも人間並みのわずかな感覚をもつ皮膚を得ることになる凄い技術が開発されていることを知ってる?

人間って考えてみるとすごい

全身の皮膚に凄い高感度のセンサーがあるようなものですよ。蚊みたいな小さな虫が足に止まっても分かるくらい高感度のセンサーですよ。

でも実際にそんな高感度のセンサーを実現するには凄いデバイスになってしまうわけだが、ロボットも人間と同じような皮膚を持つ時代が近づいているようです。

http://www.youtube.com/v/RYFVtH3hiC0&hl=en&fs=1

チョウチョのような軽くて小さな虫が止まっても反応するセンサーができたようです。

しかも超薄型!

感覚を持つロボット

ターミネーターのように人間に近いロボットになるには、人間と同じような感覚を持つ必要がある。

皮膚は人間らしさを得るには重要なモノだと思う。

わずかな感覚がないと、壊れやすい物を持つことも出来ない。

人間が卵を持つことができるのは、どれくらいの力で握ればいいのかを無意識に指先や手のひらの感覚で判断しているからだよね。

ってことは、ロボットにも同じような感覚を持てば、卵だってつかむことは簡単になるはずだ。

ロボットが人間らしくなる

感覚がある皮膚を得たロボットは、痛みを感じるようになるかもしれない。

痛みを感じるようになれば、人にどう触ればいいのか理解することができるようになるのかもしれない。

風を感じて気持ちよいと感じるロボットができるのかもしれない。

またロボットが人間に近づいたな。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

10歳になったロボットのASIMOの過去を振り返って思う事

もう誕生して10年になるんですね。ASIMOを見る前の印象的だったロボットがP2の時かな。大きな身体をゆっくり動かしながら歩く姿は、まさに「ロボットだ!」って思った。その数年後に誕生したのがASIMO。そしてそのASIMOも10歳になった。ロボットじゃないな、もう・・・子供だ。

飛んでくる銃弾を避けるIBMのBionic body armor

今まで、弾丸から身体を守るには防弾チョッキを着て、頭に当たらないことを願うだけだったけど、もう弾丸で射たれる心配をする必要もなくなりそうだ。

水や自分の身体がインターフェイスになる!タッチセンサーの未来

デジタルデータを捜査するときって、それっぽいインターフェイスを用いる必要がある。触ってキーボードがあればキーボードを使う。でも未来はそうじゃない。なんでもデジタルインターフェイスになる

1億円する日本製ロボットが海外で大人気!注文が3000件を超えている

水道橋重工が作ったロボット「クラタス」が海外でとんでもない人気を得ているようだ。さすがロボット大国日本と言わせる巨大ロボットとはいったい…。

ロボコップのリメイク版予告編が公開!15年後の未来、2028年が舞台

1987年に公開されたロボコップの舞台は2010年だった。だがもう2013年。残念ながらまだロボコップは実在しません。今度はもうちょい未来の2028年が舞台。

蚊を迎撃するレーザー光線!最強の蚊対策でマラリアから人を守る

ブーンって耳障りな音を立てて飛ぶ蚊。日本人はその程度でしか思っていないが、蚊はマラリアという恐ろしい病気を運ぶ。その運び屋から人を守る防衛システムについてお話する。

手話を音声に変換する手袋に期待!Enable Talkが聴覚・言語障がい者の声を伝える

自分は手話ができない。もちろん手話で問い掛けられてもオドオドしちゃう。相手はもっと困っているんだけどね。伝えたいのに伝えられない、手話って分かる人にしか使えないんだよね。でもEnable Talkはそんな障壁をぶっ壊してくれそうだ。

精神を集中すると剣が光る玩具を開発

未来の卓球台「WALDNER」人間の審判はもういらない?

卓球って何対何なのか、どっちのサーブなのか、忘れたりするよね。この未来の卓球台は、大会試合などの卓球だろうが、旅館で浴衣着てやる卓球だろうが関係なく、厳しく判定して真剣に卓球をやらせてくれる。

人間とじゃんけんをするロボットの指の動きがすごい

ロボットとじゃんけんするには特別な機械を手に装着する必要があるようですが、このロボットの指の動きに注目して欲しい。