Virgin Galactic社の超かっこいい宇宙船が有人飛行に成功

2010年10月14日 17:10

Virgin Galactic社の宇宙旅行実現が近づいてきたな。それにしてもこの宇宙船・・・宇宙航空機か、超かっこいい!Virginのロゴがまたなんとなくこの宇宙船に合ってる!SF映画とかに出てきそうだし。

未来が一気に近づいてきた感じがするよ。

ヴァージンギャラクティック社の宇宙船がパイロットを2人乗せて宇宙空間を飛んだってニュース。

スクリーンショット(2010-10-14 16.38.37).png

まるで未来人がこの宇宙船に乗ってやってきたかのようだ。

ヴァージンってあの映画の?

ヴァージンって聞くと映画館Virgin Cinemaのイメージがあるが、そのヴァージングループの会長さんが設立したのがヴァージンギャラクティック社。

意外だよね?ヴァージンが宇宙ビジネスだなんて。

まぁエンタテインメントとしては同じなのかもしれないけど。

で、いくらで乗れるの?

20万ドルだって。約1,600万円だそうだ。既に300人以上が予約してるんだってよ。

300人×1,600万円=・・・48億円!!??

まぁこの宇宙船飛ばすだけでもとんでもないお金かかるだろうからね。どこからどこまでが利益になるんだか。

ちなみに、完全に無重力になるのは6分間になる予定だって。

たったの6分間。

宇宙旅行っていうより宇宙ドライブ

まだ旅行ってレベルじゃないよね。宇宙ステーションとか、以前記事にした宇宙ホテルとかに滞在して帰ってきてやっと宇宙旅行って感じだな。

まだドライブ的なノリだよね。

たった6分間の宇宙ドライブ。

10年後にどうなってるか

10年後には日本にも宇宙港ができるだろうね。今でさえ、アメリカとスウェーデンに宇宙港があるし、・・・建設中だったかな?

今よりももっと身近なビジネスになって、宇宙でプロポーズとかブームになっちゃいそう。

日本の宇宙開発もがんばってほしいもんだ。

日本でもこういう民間企業が出てきてほしいよね。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

膨張させて広いスペースを確保するモジュール!国際宇宙ステーションを広くする

国際宇宙ステーション(ISS)は決して広くはない。広くするためには、完成した居住モジュールをロケットで運ぶしかないため、大きさに限りがある。

次世代宇宙航空機スカイロンは音速の5倍の速さで宇宙へ

スペースシャトルの退役が決まってから、今後の宇宙への移動手段はどうなるんだろうかと思っていたが、遂に具体的なものがでてきたね。ただ実用まで時間がかかりそうだ。

宇宙船Tycho Braheは夢の宇宙旅行を低価格で提供してくれるけど・・・

宇宙旅行が本格的に民間の会社で実現しようとしていますが、やっぱり普通の人にはとても払えない旅費が・・・。そこで登場したのがこの宇宙船Tycho Brahe。驚きの低価格で宇宙旅行を実現してくれるそうです。

酸素を作り出す人工の葉っぱが完成!水と二酸化炭素を吸収して酸素を作り出す

Julian Melchiorri氏が水と二酸化炭素を吸収し、酸素を作り出すことができる人工の葉っぱを開発したと発表。長期の宇宙旅行を可能にする夢の様な技術だ。

宇宙ゴミ(スペースデブリ)を除去する特殊な網をJAXAと漁網メーカーが開発中

魚を捕まえるのに使う漁網を作っているメーカーが宇宙ゴミ、いわゆるスペースデブリを除去する網を開発しているそうです。海で養った技術を宇宙で活かすなんてすごいね。それにしてもどうやって宇宙ゴミを除去するのだろうか。

宇宙で活躍する最初の人型ロボットはRobonaut 2

11月1日に打ち上げられるスペースシャトル「ディスカバリー」には、宇宙飛行士6名の他にロボットが同乗する事になっていることを知ってます?意外とあまりニュースになってないけど、たぶん打ち上げられたらニュースになるかな。

超音速航空機X51Aがなんで注目されているのか

アメリカ空軍が発表した新兵器X51Aがなんで注目されているのか。1時間以内に敵の基地を爆破できるっていうけど、そんなにスゴいことなの?って思っている人もいると思う。数字にすると、とてつもなくスゴいことなんですよ!

2050年までに火星に8万人移住構想!飛行費用は4100万円、生活費は…

トータル・リコールという火星を舞台にした映画がある。一部の人間が火星に移住した世界だが、まさか映画のように火星で暮らす時代が来るとは思わなかった。

液体鏡を使った巨大望遠鏡!より液体鏡が気になる

民間の宇宙船が国際宇宙ステーションにドッキングする日は近い

民間企業が宇宙船を作り始めて間もないが、気がつけば宇宙船を作り上げ、気がつけばロケットを打ち上げ、つい最近大気圏再突入もやってのけた。NASAが数十年かけてやってきたことを、時代ってのもあるけど数年でやってしまっているスピード感はすごい。