細胞の生死を制御する技術でガン細胞だけ死滅できる可能性

2011年1月20日 17:00

京都大学の研究グループが開発した細胞の生死を制御する技術が発表されて、注目されている。人間は細胞までも制御できるまでに至ったのかと。しかも日本からその技術が発表されるってのがまた誇らしい!

特定の細胞を死滅させることができる

この制御技術のすごいところは、細胞を生かすも殺すも自由自在というところだ。

記事には難しい言葉がいっぱいなので・・・。

「オンスイッチ」と「オフスイッチ」という2つの分かりやすい名前の技術を開発したそうです。

名前通り、タンパク質の合成を活性化させる(オンスイッチ)か、抑える(オフスイッチ)かの違いで、この2つのスイッチを使えば細胞の生死を制御できるよ!ってものだ。

ガン細胞の死滅も可能!?

直接ガン細胞を死滅させるとは明記されてはいないが、

正常な細胞には影響を及ぼさずに、薬をがん細胞や特定の臓器だけに効かせることも可能だといい、副作用のない薬の製造に応用できるという。

ガン治療に使われる薬の副作用はとても強力だとよく聞きます。

副作用を抑えるための薬があるくらいだし、その薬もまた副作用がすごい・・・。

副作用のない強力な薬の開発

これはガンに限らず、様々な重病の治療に大きな影響を与える技術だと思う。

他の細胞などに影響を与え、副作用がひどいから使うことができないくらい強力な薬も、特定細胞にだけピンポイントで効いて、副作用がないとなれば、今以上に強力な薬がどんどん開発することができるわけだ。

すごいね。

ほとんど薬で治療出来ちゃう時代がやってくるのかもしれない。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

糖尿病患者用のコンタクトレンズが開発されている!Googleが発表したスマートコンタクトレンズ

このスマートコンタクトレンズが世界中にいる糖尿病患者3億8200万人から苦痛を取り除いてくれるかもしれない。いったいどんなコンタクトレンズなのか…。

HIVワクチンの臨床試験は順調に進行中!エイズ予防の技術開発は着実に前進している

不治の病とされてきたHIV感染によって引き起こされるエイズですが、HIVワクチンの開発は順調に進んでいるようです。既に人の身体を使った試験が行われいます。

辛い記憶を消すことができる魔法のような飲み薬を開発

だれにでも辛い記憶はあるはず。急に辛い記憶が蘇って、悲しくなることだってあるはずだ。そんな辛い記憶を消すことができたら・・・って思ったことはありませんか?そんなことが可能な薬ができてしまいました!

細胞を心臓ペースメーカーにする遺伝子の研究!電磁波に影響せず、電池交換も必要ない

心臓ペースメーカーを身体に埋め込むってのは負担が大きいだろうし、電池交換だってしなくちゃいけないわけだし。でもそんな負担や不安も、この研究が進めばなくなるかもしれない。

人間が本物の心臓を作り出す未来はすぐそこまで来ている

人間が人間の身体の一部を発明するって不思議だよね。それと同時にこの高度な知識と技術がある時代でもまだ人間を完全に治す事ができないって、人間はどれだけ高度な技術で作られたのか。自然ってすごいよね。その人間が遂に永久人工心臓の移植に成功した。

体内に”泡”を流し込んで内部出血を抑える!生存率を飛躍的に向上させる

傷が深く、体内まで傷ついて内部出血した場合、一刻も早く医療施設に行く必要がありますが、この新しい技術は負傷者の生存率を飛躍的に向上させるというものです。

口に入っても問題ない抗菌剤『ユーカリ抗菌剤』

RbAp48というタンパク質を増やすと記憶力が回復!記憶力低下原因のタンパク質を特定

老化とともに記憶力が低下し、だんだん物事を覚えられなくなってきます。いろんなことが思い出せなくなっていく自分を想像すると悲しくなりますが、そんな心配も解消されそうです。

飲み物に薬物が入っていると色で危険を知らせてくれる!ストローやコップの色が変化する

いわゆるドラッグってやつですね。危険な薬物を飲み物に混ぜて飲ませて悪いことをする人がいるわけです。そんな薬物から身を守る技術です。

マイクロニードルアレイを皮膚に貼って薬剤を体内へ!注射のような痛みを感じない新たな投与方法

注射って大人になっても嫌なものです。いや、痛くないよ、大人だもん。でもね…なんとなく嫌なんです。痛くない方法はないだろうか…そんな夢を実現したのがマイクロニードルアレイというものだ。