グルーポンと競合するであろうGoogle offersはどんなサービスになるだろうか

2011年1月23日 9:00

つい最近、Googleはクーポンサイトで有名なGroupon(グルーポン)を買収しようとしていたが、結局それは失敗に終わり、Googleは独自のクーポンサービスを提供しようとしている。最近いろいろ話題のグルーポンだが、Googleらしくやってもらいたいものだ。そこで、どんなサービスになるか予想してみる。

Google offersとは?

ネット上で最近話題になっているGoogleが提供しようとしているGrouponクローンって言われているサービスだ。

Google offers

まだ正式にアナウンスされているサービスではないけど、テスト中であることはGoogleが認めているっていう記事もある。

そこで思ったのが、最近いろいろ問題になっているクーポンサイトをGoogleがその問題を無視したまま、同じようなサービスを提供するはずがないと自分は思ったわけだ。

ってことで、Google offersがどんなサービスなのかをちょっと予想してみようかなと。

クーポンの信頼性が問われている

いろいろと話題っていう「いろいろ」という言葉の中にはいろんな意味があるわけで、グルーポンは連日テレビCMが流れっぱなしで、テレビをつければCMを観ない日はないと思う・・・たぶん。

知名度を上げているのはテレビCMだけじゃない。

ネット上ではおせち問題や、最近じゃとある飲食店のクーポンの条件などの問題が続いていたりする。

こういう記事を読んでいると、どうしてもクーポンを購入する前に下調べをしっかりとしないと・・・って思い始め、終いには疑いの目で見て、結局購入することがなくなったり。

実際、自分自身クーポンに興味がなくなりつつある。

Googleがまったく同じことをやるはずがない

ってかそれじゃGoogleらしくないよね。

クーポンサイトってクーポンを提供する企業に営業して、特別プランを提供しているわけだ。

ってことはクーポンサイトは大変な営業力が必要なわけだが、Googleの場合は違うだろうな、って自分は考えたりする。

Googleが「クーポン発行したいお店、手を挙げて!」って声をかけて、「はい!」と手を挙げたお店がクーポンを発行できるようになるんだろうな。

で、発行したいお店は自分たちでクーポンプランを計画して、自分たちで必要事項をGoogleに送信してクーポンを発行する・・・っていう感じなんだろうな。

Google Adwordsという広告サービスがあるが、それのクーポン版と考えたらなんとなく想像できる人は想像できるはず。

ネット広告を自分で展開できるのがGoogle Adwordsだが、設定やら全部自分でやらなきゃいけないが、気軽にネット広告を展開できるというので、画期的なサービスなわけだ。

クーポンも気軽に提供できたらいいよね!とくにGoogleという大きなサイトで。

膨大な数の身近なクーポンが提供される?

Googleがやろうとしているクーポンサービスでは、グルーポンのような大幅な割引っていうのは少ないかもしれないが、膨大な数のクーポンが提供されるはず。

Googleがクーポンサービスをやって、しかも気軽にクーポンを発行できる!ってなれば発行したい人はこのサービスを使いたがるはず。

そうなれば、世界中のお店がクーポンを発行し、膨大な数になる。

中には90%OFFとかやっちゃうお店もでてくるだろう。

同じクーポンサイトでもグルーポン系とはまったく違うものになるかもしれない。

割引率は少ないけど、近所のお店のクーポンがあったり、もっと身近なクーポンサイトになるかなぁって思ったり。

クーポンの提供者はあくまでお店

Googleはクーポンを発行するプラットフォームを提供するだけで、クーポンを発行するのはあくまでもお店となれば、万が一クーポンに問題があっても、Googleは関係ないわけだ。

そりゃプラットフォームを提供しているだけだから無責任とはいかないので、発行するクーポンに問題がないかなどを少しくらいチェックはするだろうけど、グルーポンほど大きな問題にはならないサービスになるかなと。

競合相手はグルーポンじゃない?

まぁここで書いているGoogle offersはあくまで自分の予想で書いているので、実際どんなものが提供されるかわからないけど、もしこれらの予想が当たっていれば、競合する相手はグルーポンじゃないかもね。

どちらかというと「ぐるなび」や「ホットペッパー」だったりするのかも。

飲食店探す時についでにクーポンがあれば使う時がある。

もし、Googleでお店を探した時に、「このお店にはクーポンがあります。」って検索結果にでたら多分使う。

実際、最近じゃGoogleプレイスだったり、店舗向けサービスを展開していたりするから、それと繋がった形でサービスが提供されるかもね。

結局どんなサービスになる?

ネット広告のように、検索したキーワードに関連したクーポンを表示したり、Googleマップにクーポンを表示できたりするようになるのかもね。

まぁ便利に使えて、信頼できるものであることを願う。

生活を豊かにしてくれるサービスであれば使ってみたい。

どんなサービスが提供されるかはもう少し待つ必要がある。おそらく提供されたとしても、いつも通り日本では数カ月先になるだろうね。

もしかしたら日本では展開されないかもしれない。

でもGoogleの新しいサービスとなると少しワクワクしますな。

あなたはどんなサービスになると思う?

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性

セルフドライビングカー、オートドライビングカー、自動操縦自動車…まぁ人によって呼び方は様々でしょうが、車に乗れば座っているだけで目的地まで連れていってくれる車があったらどう思います?恐いなぁって人もいれば、単純にスゴイなぁ、未来だなぁって感じる人もいるでしょう。その技術の可能性について動画を観ながら考えてみます。

Google Analytics モバイル版をCakePHPで導入してみた

いやぁGoogle Analyticsがモバイルに対応しましたね。CakePHPで開発した自分のサイトでも早速導入しましたが、なかなかトラッキングできず困っていましたが、スゴい簡単なミスをおかしていました。

自作スマートフォンが現実に!モジュール式で自分好みに自由に組み立てることができる

自分が持っているスマートフォンの不満っていっぱいありますよね?電池がもっと多いやつだったらとか、カメラがもっと高画質だったらなど、いっぱいあるだろうけど、自分用にスマートフォンを作れたら不満なんてでないと思いませんか?

なぜGoogleマップと別なの?『Googleトランジット』

YouTubeの日本語版『YouTube Japan』がオープン

『Google Analytics』が正式版へ

TOYOTAが開発した自動操縦の試作車「AASRV」!Googleカーのライバル出現で未来が近づく

CESっていう有名な家電の巨大展示会にTOYOTAが展示したのが自律走行車両!この分野ではGoogleカーが先行していたが、自動車メーカーであるTOYOTAが参入することで、一気に未来が切り開かれそうだ。

Googleマップが日本人に見易いように大幅にバージョンアップした

すごい見やすいぞ!なんていうか見やすすぎる!なんでだろう。今までの地図より断然見易い。しかも旅行したくなる…いや冒険したくなる。

Google TVが登場したらテレビ業界はどうなる?

ソニー、インテル、Googleが共同開発したGoogle TVだが、噂じゃAppleもテレビを・・・って噂があるけど、テレビを開発する必要はないと思うけど、どのテレビもネットにつなげることができるようになっていることを考えると、今のテレビ業界も今まで通りのやり方は通用しない。

コンタクトレンズが情報を表示できる液晶ディスプレイになる!5年以内に商用実用化されるだろう

コンタクトレンズに直接テキスト情報などを表示することができる技術は以前にも紹介したが、具体的な商用化の時期やプロトタイプの発表は初めてだ。