1リットルしかでない蛇口がカッコイイ!水の無駄遣いが減るエコな蛇口

2011年2月24日 17:00

つい流しっぱなしになってしまいがちな水ですが、水も大切な資源です。日本は豊富で綺麗な水ですが、地球規模で考えると大切にしないと。なぜ流しっぱなしになってしまうのか。それはどれだけ垂れ流しているのかわからないからだと自分は思ったりします。でもこの蛇口なら無駄遣いしないかも。

水1リットルは0.24円

歯を磨いている時に水を流しっぱなしにしている方がいますよね。

約30秒流しっぱなしにしているとだいたい6リットル。

1l_limit_faucet2.jpeg

そのうち使うのがコップ3杯分くらいだから、5リットルが無駄にそのまま下水に流れていきます。

さて5リットルをお金に換算すると、約1.2円。

たいしたことないなぁって思った方もいるはず。

将来あなたに子どもが3人できて、成人するまで20年間一緒に住んだ時に、子供まで水を流しっぱなしにしていた場合を想定して計算してみましょう。

1.2円(歯磨き1回) × 3回(一日3回) × 365日 × 20年 × 5人

毎食ちゃんと歯磨きした場合を想定しています。まぁ20年間毎食、家で食事しないよ!って言われそうですが、気にするな!

合計は131,400円

歯磨き程度で13万円も無駄にすることになるんです。

もし蛇口から水じゃなくてお金が流れていたら少しでも垂れ流さないようにするでしょ?

使っている水の量が分かることが大事

水をムダにする理由として自分が思うのは、使っている水の量がまったく分からないことだ。

水道料金の明細書を見て、何リットル使っていますよ!って書いてあっても、ピンとこない。

120円〜150円くらいするミネラルウォーター500mlを手洗いやうがいに使ったりはしないでしょ?

そりゃお金を払って買ったというのが目に見えてわかるからじゃないだろうか。

家の水道水だってお金を払ってるんだけどね。

ってことで、使っている水の量が毎回ちゃんと目で確認できたら変わるんじゃないかな。

1リットル使っているのが目で見える

水をムダにしない為の蛇口として、以前「水を無駄遣いすると金魚が死んじゃうエコな水道」という罪悪感しか残らない水道を紹介したことがあるけど、今回紹介する蛇口のコンセプトは現実的だ。

1l_limit_faucet3.jpeg

1ℓimit – Faucet Design by Yonggu Do, Dohyung Kim & Sewon Oh » Yanko Design

使っていると、水が確実に減っているのが目で見て分かる。

それにしてもスタイリッシュでかっこいいですよね。

このパイプ部分に1リットル入っているわけだ。0.24円が流れていくのが目で確認できるわけです。

1l_limit_faucet.jpeg

流しっぱなしで使いきってしまえば水は出ません。

蛇口を閉めれば、パイプに水が溜まって、また使えるようになるという仕組みです。

水は大切にしたいものですね。

家の蛇口、これにしたい。本気で(゜□゜)

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

海外旅行がより身近になるかもしれない天然ガスで飛ぶ低燃費飛行機

海外旅行って昔に比べたら安くなってあちこち行きやすくなったとはいうけど、それでも数十万はするわけですよ。何が高いってやっぱり航空運賃ですよね。その高い運賃と今後の可能性を考えてみた。

水の無駄遣いをなくすエコな水道!水を流しっぱなしなんてしたら罪悪感でいっぱいに

いやぁこれが実際に家や会社にあったら、絶対に無駄遣いしないわ。水をジャージャー出しながら手なんか洗ってる奴がいたら飛び蹴りするわ。これはすごい水道だけど実用化は無理かなぁ。

災害時でも海水や水とコレがあればスマートフォンを充電できる!水を入れるだけで電気を作り出すマグボックス

災害時に連絡を取る手段として携帯電話、スマートフォンは必要不可欠。手回し発電機での充電では不十分。今の時代に沿った非常用の充電アイテムが登場した。

1リットルのガソリンで100km走るルノーのEOLAB!超低燃費の車が続々と…

フォルクスワーゲンがリッター111kmというハイブリッド車XL1去年発表したが、今回はルノーがEOLAB(エオラブ)という超低燃費なコンセプトカーを発表した。

魚のように水中で呼吸ができる人工のエラ!酸素ボンベが必要なくなる時代は近い

魚のように自由に海を泳ぎたいと思ったことはありませんか?今の技術では重い酸素ボンベを背負い、複雑なダイビング機器を操る技術が必要です。近い将来、もっと簡単に海に潜ることができるようになるかもしれません。

ただのヒモがバッグになる『ZIPIT』

2013年春ごろに実用化される塗る太陽電池が与える未来

火力発電には化石燃料やガスが必要だ。太陽光発電にも必要なものがある。大量の太陽電池パネルを敷き詰めることができる広大な土地が必要だった。だが三菱化学が作っている塗る太陽電池なら、いろんな場所に設置が可能だ。

圧縮空気で100km走るバイク!しかも2分で満タンになる

オーストラリアの大学生が作ったO2 Pursuitは、ガソリンでも電気でもなく、空気で走る。しかも100kmもの距離を走るっていうんだからすごい。

太陽光発電より効率的な生活排水発電!家庭から出る汚水で発電する

このニュースを聞いて思い出したのが、バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアンだよね!!新型のデロリアンは生ゴミとかで動いてたけど、本当にそれに近い技術が研究されている。しかも既に商業化に向けて進んでいるっていうんだから驚きだ!!

水や自分の身体がインターフェイスになる!タッチセンサーの未来

デジタルデータを捜査するときって、それっぽいインターフェイスを用いる必要がある。触ってキーボードがあればキーボードを使う。でも未来はそうじゃない。なんでもデジタルインターフェイスになる