最古のコンピュータ「Harwell Dekatron」が39年ぶりに再起動!まだ動くのか。

2012年11月22日 20:56

60年前の1951年に作られたコンピュータ「Harwell Dekatron」別名「WITCH」が再起動したそうだ。3年もの歳月をかけて。どんなコンピュータか気になるでしょ?

当時のコンピュータって今のパソコンとは大違い。”コンピュータ”っていうか”機械”って言葉のほうが似合う。

完成した1961年当時は「Harwell Dekatron」という名だったそうだが、コンピュータサイエンスの教育教材資料として使われている時に「WITCH」と呼ばれるようになったそうだ。

3年前までホコリまみれ

重さ2.5トンもある、まるでスーパーコンピュータを感じさせる大きさ。

Harwell Dekatron別名WITCH

そんな巨大なコンピュータが博物館で埃をかぶって40年近く放置されてたなんて…どんだけ場所が余っていたんだって言いたくなるんだが。

それを6人で2年半かけて修復したそうだ。

でっかい計算機

この最古のコンピュータは何ができるのかというと、数値計算だ。

初期の原子力発電所の設計のために使われたのだ。複雑な方程式も、機械式の計算機を使う数学者2人に相当するスピードで、見事に解くことができた。

まぁでっかい計算機ということだ。計算した結果をプリンターで印字するというものだ。

WITCHのプリンター

プリンターも”機械”って感じ。これも当時のものだと思うが、どうなんだろう。

再起動の様子

http://admin.brightcove.com/viewer/us20121120.1354/BrightcoveBootloader.swf?playerID=1813626064&playerKey=AQ~~%2CAAAAAF1BIQQ~%2Cg5cZB_aGkYZXG-DCZXT7a-c4jcGaSdDQ&domain=embed&dynamicStreaming=true&isVid=1&videoId=1982045137001

最古の電子計算機が再起動:動画 « WIRED.jp

なんか、この当時のコンピュータって、仕組みさえ理解できそうにない。こんなものを作った人はすごいな。

WITCHのメモリ

計算の値は、陽極を中心に円形に配置された10個ある陰極のどれかに保存される。管は透明なので、メモリのなかを実際に見ることができる。このことと、計算速度の遅さから、このマシンは博物館でコンピューター科学を教えるよい道具になることが期待されている。「メモリの場所を見て、3ですねと言えるのだ」と修復チームを率いたケヴィン・マレルは語った。

あのチラチラ赤く光っているのはメモリに保存されている値なのか。

こんな巨大な計算機が60年後に手のひらに収まるって当時の人は想像できたのかな。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

砂に命を吹き込む魔法の手

砂で描かれるこの世界観は一見の価値有りです。この人の手は砂に命を吹き込んでいるかのように、表現力が非常に豊かで、描かれたものに生命を感じるほどです。手と砂でこれほどの作品ができるというのはすごいです。

DJ iPSこと森口尚史氏が本当に登場した!歌を披露するくらい元気?

先日お伝えしたiPS細胞で世間を騒がせた森口尚史氏がDJとしてデビューするのでは…という記事を書きましたが、なんと本当に登場しました。動画でその模様を紹介します。

Microsoftが描く数年後の未来を観て、少し考えてみる

最先端をゆく企業は常に先のことを考えています。今日はMicrosoftが描く数年後の未来を観て考えてみる。

アクション映画のワンシーンのような人間離れした動きをするDamien Walters

アクション映画のワンシーンに出てきそうな技を繰り出す人で、本当にこんな動きを人間ができるのかと疑ってしまうほどだ。

いろんな形式の動画を再生できるMac用動画プレイヤー「MPlayerX」が凄過ぎる

Macでさまざまな動画を観ようとするといろんなプレイヤーをインストールすることになる。自分は今までQuickTime、VLC、RealPlayerなど用途に合わせて使い分けてきた。もちろん動画形式のせいもあるけど。でも、もうどの動画プレイヤーも使うことはないだろう。

タイムズスクエアでRed Bullレーシングカーがピットストップ

すごい交通量の街中、タイムズスクエアでRed Bullのレーシングカーが突然路肩へ!そこには何故かピットクルーが。

レベル高すぎてついつい口ずさんでしまう曲!ロバート秋山のTOKAKUKA

芸能人が監督しておもしろい動画を作る番組で、ロバート秋山のTOKAKUKAという楽曲のPVが最高すぎて、頭でリピートしまっくって困るレベル。

21歳青年の勇気ある行動!壊れた信号の代わりに手信号で交通整理

この動画を観て、すごいなぁと感心してしまった。最初は小さい交差点なんだろうなぁと思ったが、とんでもない…大きな交差点で、必死に運転手に指示を出す姿に感動してしまった。

Androidは見た目と違って想像以上に軽快な動きをします

いや本当にここまで軽快なんですか!?ってくらいの動きだ。コレ欲しい!今までそれほど速い動きができるとは自分も思っていませんでした。でもこの動画を観て、やっぱりAndroidはすごいなぁって思ったわ。

たった3分間の短編アクション映画「3 Minutes」がすごい

久々にvimeoを見ていたら、この動画が気になって観たんだが、なかなか面白かったので紹介してみる。vimeoは本格的に活動するクリエイターが募って投稿しているだけあって、非常に完成度が高い。