最古のコンピュータ「Harwell Dekatron」が39年ぶりに再起動!まだ動くのか。

2012年11月22日 20:56

60年前の1951年に作られたコンピュータ「Harwell Dekatron」別名「WITCH」が再起動したそうだ。3年もの歳月をかけて。どんなコンピュータか気になるでしょ?

当時のコンピュータって今のパソコンとは大違い。”コンピュータ”っていうか”機械”って言葉のほうが似合う。

完成した1961年当時は「Harwell Dekatron」という名だったそうだが、コンピュータサイエンスの教育教材資料として使われている時に「WITCH」と呼ばれるようになったそうだ。

3年前までホコリまみれ

重さ2.5トンもある、まるでスーパーコンピュータを感じさせる大きさ。

Harwell Dekatron別名WITCH

そんな巨大なコンピュータが博物館で埃をかぶって40年近く放置されてたなんて…どんだけ場所が余っていたんだって言いたくなるんだが。

それを6人で2年半かけて修復したそうだ。

でっかい計算機

この最古のコンピュータは何ができるのかというと、数値計算だ。

初期の原子力発電所の設計のために使われたのだ。複雑な方程式も、機械式の計算機を使う数学者2人に相当するスピードで、見事に解くことができた。

まぁでっかい計算機ということだ。計算した結果をプリンターで印字するというものだ。

WITCHのプリンター

プリンターも”機械”って感じ。これも当時のものだと思うが、どうなんだろう。

再起動の様子

http://admin.brightcove.com/viewer/us20121120.1354/BrightcoveBootloader.swf?playerID=1813626064&playerKey=AQ~~%2CAAAAAF1BIQQ~%2Cg5cZB_aGkYZXG-DCZXT7a-c4jcGaSdDQ&domain=embed&dynamicStreaming=true&isVid=1&videoId=1982045137001

最古の電子計算機が再起動:動画 « WIRED.jp

なんか、この当時のコンピュータって、仕組みさえ理解できそうにない。こんなものを作った人はすごいな。

WITCHのメモリ

計算の値は、陽極を中心に円形に配置された10個ある陰極のどれかに保存される。管は透明なので、メモリのなかを実際に見ることができる。このことと、計算速度の遅さから、このマシンは博物館でコンピューター科学を教えるよい道具になることが期待されている。「メモリの場所を見て、3ですねと言えるのだ」と修復チームを率いたケヴィン・マレルは語った。

あのチラチラ赤く光っているのはメモリに保存されている値なのか。

こんな巨大な計算機が60年後に手のひらに収まるって当時の人は想像できたのかな。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

宇宙に浮かぶ巨大な国際宇宙ステーションができるまで

宇宙に興味がある人は必ず知ってる、というかみんな知ってるはず国際宇宙ステーション。あれって気がついたら凄い大きな物になってましたね。あんなんだったっけ?っていうくらい。そこで、どうやってあの巨大な宇宙ステーションが出来上がったのかを知ることができる動画を見つけました。

アクション映画のワンシーンのような人間離れした動きをするDamien Walters

アクション映画のワンシーンに出てきそうな技を繰り出す人で、本当にこんな動きを人間ができるのかと疑ってしまうほどだ。

進化し続けるディスプレイ技術の未来を観ることができる動画

最近すごい勢いで進化しているディスプレイ。こうなったらいいなぁって思っていることが数年後には実現されているかもしれない。ディスプレイが進化するとどんな未来が待っているのかを考えた動画を見つけました。

アーク放電でダースベイダーのテーマを演奏!?

つい最近ハードディスクドライブでダースベイダーのテーマを演奏している映像が話題になったが、今度はアーク放電。雷だな。。

6,000枚のポストイットを使ったストップモーション作品DEADLINE

これまでに、数々のストップモーション作品を観てきたが、これまたすごい作品を観ることができた。仕事でよく使う付箋紙(ポストイット)を6,000枚も使った作品だ。

スティーヴジョブスの卒業式祝賀スピーチに感銘を受けた

もし大学の卒業式でスティーヴジョブスがスピーチしていたら、自分の人生の進むべき道が変わっていたかもしれない。これほどの力があるスピーチにであったことがない。

DJ iPSこと森口尚史氏が本当に登場した!歌を披露するくらい元気?

先日お伝えしたiPS細胞で世間を騒がせた森口尚史氏がDJとしてデビューするのでは…という記事を書きましたが、なんと本当に登場しました。動画でその模様を紹介します。

未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプト

未来の車ってデザインがシャープで、自動運転機能や宙に浮いたり…ってのを想像しますが、近い未来はタイヤもまったく新しいモノになるのかもしれないと考えさせられました。

身体が柔らかい人のダンスがすごい!今までに観たことがないダンスだ

最近、忙しくてあまりブログを投稿できませんが、ちょっと衝撃的なダンスを目にしたので、みんなとこの衝撃を共有したい!

犬のほうが優れていると感じることができる動画

久々に素敵な動画(アニメーションGIF)を見つけた!人は犬より優れていると思っていたりするけど、犬は「俺のほうが優れている!」って思っているのかもしれない。