筋肉と骨を持つヒューマノイド・ロボットを開発中!人間の身体の動かし方を完全に再現する

2012年12月14日 15:41

ヒューマノイド・ロボットの多くは、見た目は人間っぽいけど身体の動かし方は人間とは全く違う。身体の動かし方も人間っぽくするには筋肉が必要だ。

多くのヒューマノイド・ロボットは大小多数のモーターを関節部分に搭載していて、モーターが動くことで腕や足を動かしている。

「関節 = モーター」だったりするわけです。

だが、人間はどうだろうか。

関節を動かすというよりは、関節の周りの筋肉を動かして関節を動かしている。関節に動力なんてないんですよ、人間には。

見た目は人間っぽくても、身体の動かし方がぜんぜん違うんです。

人間っぽい動きをするロボット

東京大学が研究のために開発しているヒューマノイド・ロボット「ケンシロウ」が今回紹介したいロボットだ。

彼は人間のように筋肉を持っている。

Japanese robot mimics the muscles, skeleton of a real human | DVICEによると、

The robot features aluminum bones and 160 artificial muscles in its neck, shoulders, trunk, and legs, all with the ability to expand and contract, essentially mimicking the natural movements and positional stresses of a real human body.

首、肩、腰や足などに、160個もの人工筋肉があって、アルミの骨で覆われているロボットだ。

筋肉と骨を持つヒューマノイド・ロボット

背骨もあって、骨と軟骨って構造も再現してたりする。

見た目は…ちょっと気持ち悪い。顔がないし。。

滑らかで柔軟な動き

モーターで直接間接を曲げ伸ばしするわけじゃなく、ゴムみたいな人工筋肉を引っ張ったり、緩めたりして身体を動かす。

まだまだ研究段階なので動きがバラバラだが、今までのヒューマノイド・ロボットにはない人間に近い動きをしているのが分かる。

ロボットが筋肉を持つことで、機械的な動きではなく、柔軟性のある滑らかな動きが可能になり、今までのロボットにできなかった事ができるようになるかもしれない。

より人間らしく

ロボットにとって、二足歩行は人間に近づく大きな一歩だった。

走ったり、階段を登ったり、踊ったりと、動きを真似ることをしてきたロボットだが、このロボットに筋肉を与える研究はロボットにとって次の大きな一歩だと思う。

骨格や構造が人間と同じになれば、より人間らしいロボットが誕生する。

次の10年、ロボットは筋肉を持つロボットが主流になるだろうね。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

世界初!対話と行動を学習する人工知能ロボット

自力で充電しようとするロボット「Milestone 2」

このMilestone 2を観て、ロボットも必死に生きようとしていて、だんだんと生き物に近い存在になりつつあると感じ、少し恐さも感じた。

ロボットや家電製品がケガをすると出血する時代がやってきた

ついにロボットや家電製品も出血して、さらに自己修復するって機能が付くかもって話です。何に使うんだよって思うでしょ?でも理解するとよく考えられてるって思う。

10歳になったロボットのASIMOの過去を振り返って思う事

もう誕生して10年になるんですね。ASIMOを見る前の印象的だったロボットがP2の時かな。大きな身体をゆっくり動かしながら歩く姿は、まさに「ロボットだ!」って思った。その数年後に誕生したのがASIMO。そしてそのASIMOも10歳になった。ロボットじゃないな、もう・・・子供だ。

小学校で人工知能ロボット「ロボビー」が教師をサポート!ロボットが教育する立場へ

まさかと思ったが事実のようです。そろそろ小学校ではパソコンの導入が当たり前だね、きっと…って思っていたが、まさかロボットが導入される時代とは…。

人間のような感覚がある皮膚を持つロボットはもうすぐそこへ

今の時代のロボットは小さな虫が顔に止まっても何とも思わないだろうね。でも近い将来ロボットも人間並みのわずかな感覚をもつ皮膚を得ることになる凄い技術が開発されていることを知ってる?

息を潜めて隠れても無駄!人間の呼吸を検知するロボット

よく映画とかでも暗闇に隠れたスパイを探す時に赤外線センサーを使ったりするシーンがあったりする。だけどそんな技術も古いものになりつつある。この新しいロボットから隠れることはほぼ不可能に近い。

気持ち悪い4足歩行ロボットBigDogが小さくなったLittleDog

動きが気持ち悪いけど、技術的にはすごいBigDogって覚えてますか?蹴られても蹴られても、がんばって歩き続けるあの気持ち悪い4足歩行ロボットのことです。それが小さくなってより気持ち悪くなりました。でもこの技術ってすごい未来が広がっていると思います。

ルービックキューブが得意なロボット『RuBot II』

まるで映画のReal Steal!人型の巨大ロボットが殴りあうテレビ番組

海外のお話だが、実際に来年の2月から人型のロボットが殴り合いの対戦をするリーグ戦がテレビ番組として放送されるそうだ。時代はここまで来たか。