体内に”泡”を流し込んで内部出血を抑える!生存率を飛躍的に向上させる

2012年12月15日 16:52

傷が深く、体内まで傷ついて内部出血した場合、一刻も早く医療施設に行く必要がありますが、この新しい技術は負傷者の生存率を飛躍的に向上させるというものです。

DARPA(米国防総省国防高等研究事業局) が開発を進めてきた技術だ。

時間との勝負

腹部などを傷つけれた場合、内蔵なども傷ついていたりして体内に血が流れ続ける。外傷と違って止血することができない。

内部出血

内部出血した場合は早急に医療施設で治療する必要がある。

だが、医療設備の整った施設に到着するまでに死亡してしまう可能性もある。

少しでも時間をかせぐことができれば…ということで開発されたのが、この”泡”だ。

体内に”泡”を流し込む

新しく開発された技術は、体内に入れても問題ない泡で腹腔内を満たすことで、体内に血が流れ出すのを一時的に抑えるというものだ。

泡を注入

2012/12/10 DARPA Foam Could Increase Survival Rate for Victims of Internal Hemorrhagingによると、

Wound Stasis performers presented pre-clinical data on the foam treatment at the 2012 Annual Meeting of the American Association for the Surgery of Trauma in Kauai, Hawaii. These data demonstrated the ability of the foam to treat severe hemorrhage for up to three hours in a model of lethal liver injury.

最大で3時間、体内の出血を抑えることができるそうだ。

1時間でもヤバイって言われていたそうなので、それが3時間も抑えられるって凄いね。

生存率が飛躍的に向上

During testing, minimally invasive application of the product reduced blood loss six-fold and increased the rate of survival at three hours post-injury to 72 percent from the eight percent observed in controls.

今まで、負傷してから3時間の生存率が8パーセントだったが、この”泡”で生存率が72パーセントになったという。

発泡体

国内なら大きな医療施設にたどり着くには3時間は十分すぎる時間だが、戦場ではこの時間が貴重なわけだ。

医療施設もない戦場で負傷したら、設備の整った医療施設まで数時間はかかるはずだ。

だが、この技術が多くの兵士の命を救うことになる。

泡はどうするの?

医療施設に到着した後、この泡は取り出されます。

In tests, removal of the foam took less than one minute following incision by a surgeon. The foam was removed by hand in a single block, with only minimal amounts remaining in the abdominal cavity, and with no significant adherence of tissue to the foam.

テストでは、医師の手によって1分未満で除去することができたそうなので、とくに問題はないようですね。

日本国内でも災害時など、負傷者が多数出てしまった場合に使用されるようになるかもしれませんね。

少しでも時間をかせぐことが出来れば、多くの人が助かりますからね。

素晴らしい。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

5年間着陸することなく飛び続ける無人飛行機がもたらす未来

いつも興味深い技術を開発し続けるアメリカのDARPAが、ボーイング社と共同で開発している無人飛行機ソーラーイーグル。こいつができたらいったい何が出来るようになるのか考えてみた。

SF映画のような虹彩認証による監視社会が実現しようとしている

虹彩認識っていうのは生体認証の一種で、目の瞳孔のまわりの色のついた部分のことで、個々人でパターンが異なるので、生体認証に利用可能な技術とされているが、画像の質やカメラにまっすぐ向いていないと駄目だとか欠点があったんだけど、これが解消されそうという話。

疲れや恐怖を感じない人間を作る…近未来兵士と治療薬

少しタイトルが恐いですが、ただ戦争や兵器の話ってだけじゃありません。この技術が自分たち一般人にも良い影響をもたらす技術でもあるということと、こういった技術の使い方について考えてみる記事です。

手術で針と糸は不要になる!?ナノ縫合がすごい!

今まで針と糸で縫合する必要がある傷は、縫合する時にも恐怖心と痛みがあったが、このナノ縫合は恐怖心だけでなく痛みさえなくなるという。

細胞の生死を制御する技術でガン細胞だけ死滅できる可能性

京都大学の研究グループが開発した細胞の生死を制御する技術が発表されて、注目されている。人間は細胞までも制御できるまでに至ったのかと。しかも日本からその技術が発表されるってのがまた誇らしい!

人間が本物の心臓を作り出す未来はすぐそこまで来ている

人間が人間の身体の一部を発明するって不思議だよね。それと同時にこの高度な知識と技術がある時代でもまだ人間を完全に治す事ができないって、人間はどれだけ高度な技術で作られたのか。自然ってすごいよね。その人間が遂に永久人工心臓の移植に成功した。

痛みのない歯科治療を可能にする「プラズマジェット」

歯の治療っていうと、ドリルの音と痛み・・・。今後歯医者でキュイーーーーンっていうドリルの音を聞くことがなくなるかもしれない。

どんな道でも荷物を持って追いかけてくる4足歩行ロボット「LS3」!あのBigDogが進化した

どんな道でも人間の代わりに重い荷物を持って歩いてくれるロボットBigDogですが、進化してましたよ。予想以上に動物っぽく…いや頼もしい存在になってます。

成層圏を撮影したのはNASAではなく普通の親子が作った宇宙観測機

もう宇宙観測はNASAとかがロケット飛ばして観測するような、莫大な費用をかけて行うことではなくなったんだなぁって思った。こういうお父さんを持つ子供がうらやましい。。

糖尿病患者用のコンタクトレンズが開発されている!Googleが発表したスマートコンタクトレンズ

このスマートコンタクトレンズが世界中にいる糖尿病患者3億8200万人から苦痛を取り除いてくれるかもしれない。いったいどんなコンタクトレンズなのか…。