無人宇宙船X-37Bが3度目の打ち上げに成功!再利用可能で9ヶ月間も宇宙飛行できる耐久性

2012年12月21日 15:00

有人宇宙飛行が注目される世の中ですが、無人宇宙船でも素晴らしい研究が行われています。アメリカ空軍が行なっている実験用無人宇宙船X-37Bが、3度目の打ち上げに成功しています。

X-37Bっていう宇宙船が過去2回も打ち上げられていることさえ知らない人も多いはず。

X-37B

あまり情報が出てこないんですね。極秘ってやつですよ。

2010年に最初の打ち上げ

Top-secret US spaceplane sets off on another classified mission • The Registerによると、

OTV-1 spent 224 days in space after launching in April 2010, before getting refurbished for this mission.

実は2年前に1号機(OTV-1)が打ち上げられています。驚くのは戻ってきた日です。

なんと、打ち上げられ、宇宙飛行してから224日後に地球に戻ってきました。

探査機とかのレベルじゃなく、宇宙船として長期間宇宙で飛行して、大気圏に突入して戻ってこれるっていう耐久性を実証している。

しかもその1号機(OTV-1)を、また打ち上げたってのが今回の3度目の打ち上げです。

再利用できることまでも実証したわけです。

耐久性の向上が今後の宇宙開発のカギ

旅客宇宙船にしても火星探査宇宙船にしても、長期間の宇宙飛行と再利用が課題です。

どちらも耐久性が求められます。

そうなると、”耐久性の向上”と”再利用が可能”を実証しているX-37Bの研究は、今後の宇宙開発で使用される宇宙船のベースになるかもしれませんね。

ただアメリカ空軍での開発ですから、どんな形で使用されるのかはまだわからない。

うまくNASAなどの民間と情報を共有してもらいたいものですね。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

NASAが発表した生物の存在はいろんな想像と夢をみせてくれるがっかりしない存在

先日NASAが発表した地球外生命体に関する発表に関して、「がっかりした」とか記者会見後すぐに解散したなどいうけど、この発表がどれだけ夢のあることか。よーく考えてみると、実はすごい夢のある話だと思うし、実際教科書が書き換わるすごいことなんだけどなぁ。

夢のような宇宙航空機の試作機開発へ!スカイロンの開発は順調

もうSkylonの記事を書いてから1年半経つんですね。夢のような宇宙航空機の開発がまた一歩前進したようです!今までなかった特殊なエンジンがほぼ完成しそうです。

宇宙で活躍する最初の人型ロボットはRobonaut 2

11月1日に打ち上げられるスペースシャトル「ディスカバリー」には、宇宙飛行士6名の他にロボットが同乗する事になっていることを知ってます?意外とあまりニュースになってないけど、たぶん打ち上げられたらニュースになるかな。

隕石から地球を守る技術!ペイント弾で軌道を変える?

隕石が地球に衝突する映画はよくあるが、最後に頼るのはミサイルだったり、核爆弾だったりします。でもペイント弾でどうにかなるかも…って話が。

宇宙ゴミ(スペースデブリ)を除去する特殊な網をJAXAと漁網メーカーが開発中

魚を捕まえるのに使う漁網を作っているメーカーが宇宙ゴミ、いわゆるスペースデブリを除去する網を開発しているそうです。海で養った技術を宇宙で活かすなんてすごいね。それにしてもどうやって宇宙ゴミを除去するのだろうか。

成層圏からスカイダイビング!人類の偉大な記録映像を観よ

宇宙から地球にジャンプ!って感じの映像だ。高さに震えるって域を既に超えてる景色。美しさに吸い込まれるようにダイブしている。

液体鏡を使った巨大望遠鏡!より液体鏡が気になる

民間の宇宙船が国際宇宙ステーションにドッキングする日は近い

民間企業が宇宙船を作り始めて間もないが、気がつけば宇宙船を作り上げ、気がつけばロケットを打ち上げ、つい最近大気圏再突入もやってのけた。NASAが数十年かけてやってきたことを、時代ってのもあるけど数年でやってしまっているスピード感はすごい。

宇宙船Tycho Braheは夢の宇宙旅行を低価格で提供してくれるけど・・・

宇宙旅行が本格的に民間の会社で実現しようとしていますが、やっぱり普通の人にはとても払えない旅費が・・・。そこで登場したのがこの宇宙船Tycho Brahe。驚きの低価格で宇宙旅行を実現してくれるそうです。

2050年までに火星に8万人移住構想!飛行費用は4100万円、生活費は…

トータル・リコールという火星を舞台にした映画がある。一部の人間が火星に移住した世界だが、まさか映画のように火星で暮らす時代が来るとは思わなかった。