やる気スイッチをONにする研究。超音波を脳に当てると意欲的に

2013年9月9日 17:00

やる気を出さなきゃ行けない時に限ってやる気がでないんですよね。いつでもやる気が出せるようになればいいんですが…。ってことで無理やりやる気を出させる研究に良い結果が出たようです。

やる気スイッチはどこにある?

これは以前書いたやる気スイッチはどこにある?ついに正確な場所が判明したという記事で詳しく書いてますが、ざっくり言うと、

目のずーっと奥の大脳の下らへん。

そんな場所にあるスイッチ、押せないね!薬物なんかでONにするしか…って話をしたんですが、遂にそのスイッチをONにする方法が見つかったようです。

超音波を脳にあてる

スチュワート・ハメロフ博士らは、Good vibrations: Mediating mood through brain ultrasoundによると、

Good vibrations

They conducted a followup study of ultrasound on UA psychology student volunteers, recording vital signs such as heart rate and breath rate, and narrowed down the optimum treatment to 2 megahertz for 30 seconds as the most likely to produce a positive mood change in patients.

他の文章と上記の引用を読む限り、心拍数、呼吸数などのバイタルサインを記録して絞り込んだ結果、2MHz(メガヘルツ)の超音波を30秒間、微小管という箇所にあてると、もっともよい効果がでたと結論を出した。

対象者は、気分が良くなり、意欲的になったということです。

Beause important structures called microtubules in all brain neurons vibrate in the ultrasound range, and help mediate mood and consciousness, TUS may benefit a variety of neurological and psychiatric disorders.

超音波が微小管とニューロンに作用していて、精神疾患や神経系疾患などに良い影響を与える可能性があるとしています。

超音波のあて過ぎもよくない?

記事を読んでいて思ったのが、彼が博士が実験台になって言った言葉で、

And then about a minute later I started to feel like I’d had a martini.

超音波をあてて一分後、マティーニを飲んだ気分だ!って言ってるけど、気分良くなりすぎ。

あて過ぎもよくないみたいですね。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

やる気スイッチはどこにある?ついに正確な場所が判明した

CMとかでは後頭部や背中にやる気スイッチがあったりするが、本当の話、どこにやる気スイッチがあるかは今まで分かっていなかった。それが研究で遂にスイッチが発見された。

脳をスキャンして今見ている文字の解読に成功!将来的には想像しているものも…!?

実際に人が見ている文字を、脳をスキャンすることで、何を見ているのかを解読するという実験に成功したという。

口に入っても問題ない抗菌剤『ユーカリ抗菌剤』

マイクロニードルアレイを皮膚に貼って薬剤を体内へ!注射のような痛みを感じない新たな投与方法

注射って大人になっても嫌なものです。いや、痛くないよ、大人だもん。でもね…なんとなく嫌なんです。痛くない方法はないだろうか…そんな夢を実現したのがマイクロニードルアレイというものだ。

人工臓器を現代社会から守る技術

電子機器が体内に無くても、電波が身体に対して完全に無害とはいえないので、電波から身体を守る技術も必要だと思う。

記憶を無理やり呼び起こすことに実験に成功!記憶喪失治療の最初の一歩!?

うっかり忘れてた…って事ができなくなる時代がやってきそうです。今回、強制的に記憶を呼び起こす実験が成功したらしく、その技術の可能性を考えてみました。

HIV治療で治療薬を大量投与!感染した新生児からHIVが消滅して完治した

ニューヨーク・タイムズ紙が凄いニュースを伝えた。なんと、エイズウィルス(HIV)に感染した新生児の完治を伝えたのだ!

記憶をマイクロチップに保存する技術を開発中!記憶のバックアップが可能になる

脳の容量って4TBだったかな?その4TBさえも使い切れていない気がしますが、何事もバックアップは必要ですよね。人間の脳でもバックアップできるようになるかもしれませんよ。

RbAp48というタンパク質を増やすと記憶力が回復!記憶力低下原因のタンパク質を特定

老化とともに記憶力が低下し、だんだん物事を覚えられなくなってきます。いろんなことが思い出せなくなっていく自分を想像すると悲しくなりますが、そんな心配も解消されそうです。

HIVワクチンの臨床試験は順調に進行中!エイズ予防の技術開発は着実に前進している

不治の病とされてきたHIV感染によって引き起こされるエイズですが、HIVワクチンの開発は順調に進んでいるようです。既に人の身体を使った試験が行われいます。