6,000枚のポストイットを使ったストップモーション作品DEADLINE

2009年6月15日 11:43

これまでに、数々のストップモーション作品を観てきたが、これまたすごい作品を観ることができた。仕事でよく使う付箋紙(ポストイット)を6,000枚も使った作品だ。

作品自体はドットアニメーションのようなものだ。

だが、ひとコマひとコマがポストイットによって描かれているっていうのがスゴ過ぎる!

ポストイットを並べて絵にすることだけでもすごいなぁと思ってしまうのに、更に動きを付けてしまうなんて。。

これだけのものを作るには、ちゃんとした計画が必要なんだろうな。

ってことで、自分がストップモーション作品を作る時に役立ちそうなメイキングビデオまで公開されている。

なるほどね。

Flashでパターンを作っていく

これは考えもしなかった。

今までFlashをさんざん使ってきたのに、こんな風に使うなんて。なんでもアイデアなんですね。

Flashは作品を作るだけじゃないんだなぁと。

でも、綿密なパターンをFlashで作っても、数人掛かりで4日間もかかるわけだから、やっぱりすごいね。

一度はこういうの作ってみたい

なんとなくだけど、この動画を観た後に思ってしまった。

「自分でもできるかな。」と。

そう思わせる作品もすごいわけですよ。制作意欲を湧かせているってことですから。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

身体が柔らかい人のダンスがすごい!今までに観たことがないダンスだ

最近、忙しくてあまりブログを投稿できませんが、ちょっと衝撃的なダンスを目にしたので、みんなとこの衝撃を共有したい!

未来の軍事兵器レールガンの発射音がまるでSF映画!試作機の発射実験動画

銃やミサイルの音って火薬が爆発した音なので、だいたい想像つきますが、電磁投射砲と言われるレールガンは、火薬を使いません。磁気の力で物体を撃ち出すので火薬とは違う音がします。

いろんな形式の動画を再生できるMac用動画プレイヤー「MPlayerX」が凄過ぎる

Macでさまざまな動画を観ようとするといろんなプレイヤーをインストールすることになる。自分は今までQuickTime、VLC、RealPlayerなど用途に合わせて使い分けてきた。もちろん動画形式のせいもあるけど。でも、もうどの動画プレイヤーも使うことはないだろう。

待ってました!FLVが再生できる『Adobe Media Player』

スーパーコンピューターはこうやって作られた!

2012年11月、スーパーコンピューターのランキングが「Titan」によって書き換えられた。スーパーコンピューターがどのように作られているのか、非常に興味がある。ってことで、動画が幾つかあったので紹介したい。

進化し続けるディスプレイ技術の未来を観ることができる動画

最近すごい勢いで進化しているディスプレイ。こうなったらいいなぁって思っていることが数年後には実現されているかもしれない。ディスプレイが進化するとどんな未来が待っているのかを考えた動画を見つけました。

アクション映画のワンシーンのような人間離れした動きをするDamien Walters

アクション映画のワンシーンに出てきそうな技を繰り出す人で、本当にこんな動きを人間ができるのかと疑ってしまうほどだ。

これが本当の実写版ドラゴンボール!?

実写版ドラゴンボールといってもハリウッドが最近作った方ではなくて、YouTubeにアップロードされている動画の方だ。

だれでも演奏できるピアノ曲「4’33″」

John Cageという作曲家が作曲したピアノ曲で、聴く人によっていろんな捉え方があるすごい楽曲です。そんなすごい曲をだれもが弾けるってのはすごいよね。

iPhoneを今にも飲み込もうとしている○○の動画

いやぁすごいわ。もうiPhone丸飲みされそうな勢いですよ。1/4はヤツの体内に取り込まれてますよ。。でもみんなiPhoneを救おうとはせず・・・