6,000枚のポストイットを使ったストップモーション作品DEADLINE

2009年6月15日 11:43

これまでに、数々のストップモーション作品を観てきたが、これまたすごい作品を観ることができた。仕事でよく使う付箋紙(ポストイット)を6,000枚も使った作品だ。

作品自体はドットアニメーションのようなものだ。

だが、ひとコマひとコマがポストイットによって描かれているっていうのがスゴ過ぎる!

ポストイットを並べて絵にすることだけでもすごいなぁと思ってしまうのに、更に動きを付けてしまうなんて。。

これだけのものを作るには、ちゃんとした計画が必要なんだろうな。

ってことで、自分がストップモーション作品を作る時に役立ちそうなメイキングビデオまで公開されている。

なるほどね。

Flashでパターンを作っていく

これは考えもしなかった。

今までFlashをさんざん使ってきたのに、こんな風に使うなんて。なんでもアイデアなんですね。

Flashは作品を作るだけじゃないんだなぁと。

でも、綿密なパターンをFlashで作っても、数人掛かりで4日間もかかるわけだから、やっぱりすごいね。

一度はこういうの作ってみたい

なんとなくだけど、この動画を観た後に思ってしまった。

「自分でもできるかな。」と。

そう思わせる作品もすごいわけですよ。制作意欲を湧かせているってことですから。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

田中さんだけが出場できるオートレース

苗字が「田中」じゃないと出場できないオートレースがあるっていうのも面白いけど、アマチュアとかの話じゃなくて公式レースらしい。

22歳のアマチュア映画監督が作ったSF映画「R´ha」がすごい!プロのしわざかと思った

6分のショートムービーですが、観れば分かりますが見応え充分で、続きを観たくなります。本当に22歳が作ったのか?これアマチュアレベルなのか?ってくらいの作品です。

だれでも演奏できるピアノ曲「4’33″」

John Cageという作曲家が作曲したピアノ曲で、聴く人によっていろんな捉え方があるすごい楽曲です。そんなすごい曲をだれもが弾けるってのはすごいよね。

身体が柔らかい人のダンスがすごい!今までに観たことがないダンスだ

最近、忙しくてあまりブログを投稿できませんが、ちょっと衝撃的なダンスを目にしたので、みんなとこの衝撃を共有したい!

口だけで音楽を奏でるヒューマンビートボックスをやるすごい人たち

口だけで様々な音を出して音楽を奏でたりする技をヒューマンビートボックスという。世界中には個性的なヒューマンビートボックスをやる人たちがいる。一度聞けばそのすごさが理解できるはずだ。

Microsoftが描く数年後の未来を観て、少し考えてみる

最先端をゆく企業は常に先のことを考えています。今日はMicrosoftが描く数年後の未来を観て考えてみる。

人間とじゃんけんをするロボットの指の動きがすごい

ロボットとじゃんけんするには特別な機械を手に装着する必要があるようですが、このロボットの指の動きに注目して欲しい。

初音ミクが歌う「Nebula」のPVがすごい!

ニコニコ動画で公開されている動画の一つで、Tripshots氏によって公開された作品の一つです。3Dを駆使したPVはつい見入ってしまう。

コレはiPad miniのCM…だよね?違うの?何これ

一度はiPad miniのお洒落なCMは観たことがあるかと思う。ピアノの演奏が素敵ななんともAppleらしいCM。でもこの動画は何かがちょっと違う…違うね。

時速322キロメートルで走るすごい三輪車

三輪車といってもさすがに子供が乗る三輪車ではない。自動三輪車の話だが、それでも時速322キロメートルも出るってすごい。いったいどんな三輪車なのか。