未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプト

2012年12月14日 16:17

未来の車ってデザインがシャープで、自動運転機能や宙に浮いたり…ってのを想像しますが、近い未来はタイヤもまったく新しいモノになるのかもしれないと考えさせられました。

進化し続ける車とタイヤ

車は年々進化し続けています。電気自動車が出てきたり、安全機能が付いたりと。

Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性という記事のように、近い将来、自動運転機能も実現するでしょう。

だがタイヤはどうでしょう。

もちろん、まったく進化していないわけじゃないが、基本的に大きく変わっていない。

タイヤの基本を変える

今回紹介する動画は、未来を感じられると思います。

少し行き過ぎな部分もあるけど、コンセプトとしては面白いと思った。

リニア技術を使ったタイヤなんて、脱輪しそうですけどね。。

でも、たしかにそろそろタイヤの構造も考え直してもいい時代なのかもしれない。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

いろんな形式の動画を再生できるMac用動画プレイヤー「MPlayerX」が凄過ぎる

Macでさまざまな動画を観ようとするといろんなプレイヤーをインストールすることになる。自分は今までQuickTime、VLC、RealPlayerなど用途に合わせて使い分けてきた。もちろん動画形式のせいもあるけど。でも、もうどの動画プレイヤーも使うことはないだろう。

ウォルマート社の大型トレーラートラックが未来すぎる!燃費を抑えた画期的なデザイン

大型トレーラートラックって聞くと、ゴツくていかにも作業用の車ってイメージがありますが、ウォルマート社が新しく開発した大型トレーラートラックは、想像しているトラックとは全く違います。美しくて、エコで、未来です。

砂に命を吹き込む魔法の手

砂で描かれるこの世界観は一見の価値有りです。この人の手は砂に命を吹き込んでいるかのように、表現力が非常に豊かで、描かれたものに生命を感じるほどです。手と砂でこれほどの作品ができるというのはすごいです。

車椅子に変わるかもしない『Hubo FX-1』

100kg以上の人間が搭乗しても問題なく2足歩行ができるロボット『Hubo FX-1』の動画をたまたま見ることができた。(記事内に動画あり)

搭乗者が搭乗席で多少揺れたりしても、ロボットの足がしっかりとバランスをとり、非常に安定感があり、人間搭乗型ロボットとしては大きな一歩ではないかと思う。

最近の短編アニメーションはここまでレベルが高いのか

つい見入ってしまった短編アニメーション。最近の短編アニメーションでもこういったリアルなアニメーションが増えてきて、しかもレベルが非常に高いね。もっとこういう作品が増えてきてほしいね。

Google検索で3次元の立体グラフが作れるなんて知らなかった

いや、Google検索でグラフを作れることは知ってたけど、3次元の立体グラフを作れるとは知らなかった。しかも動くよ。なにこれスゴイんだけど。

死角になって見えないところもスケスケ!新しいタイプのバックモニター

車庫入れの際に後ろに何があるのか見える範囲であれば問題ないのですが、低い位置にあるものは見えなくてぶつける可能性もあります。このバックモニターはそれらの問題を解消します。

車のフロントガラスに道順を投影するカーナビが遂に市場に登場!GarminのHead-Up Display

近々登場するだろうと思われていたフロントガラスに道順などを投影するカーナビが、遂に市場に登場した。投影される情報はシンプルで、まだ想像しているようなものではないが…。

身体が柔らかい人のダンスがすごい!今までに観たことがないダンスだ

最近、忙しくてあまりブログを投稿できませんが、ちょっと衝撃的なダンスを目にしたので、みんなとこの衝撃を共有したい!

なぜGoogleマップと別なの?『Googleトランジット』