2009年に購入したMacBook ProのHDDをSSDに交換したら快適!

2012年12月14日 17:45

自分が使っているMacbook Proですが、最近ハードディスクが頻繁にカリカリカリ…という音がし始めたので、壊れる前にどうにかしようと思ったわけです。

自分が使っているのは、メモリを8GBにしたMacBook Pro (13-inch, Mid 2009)。

買い替えか修理か悩んだ結果

3年目だし、そろそろMacBook Pro買い換えてもいいかなぁって思ったんです。

でも、今売ってるMacBook Proと、スペックを比較して思ったが、対して変わってないんだよね。

MacBook Proのスペック

CPUが2.53GHz Intel Core 2 Duoから2.5GHzデュアルコアIntel Core i5に変わったのと、メモリが1,067MHz DDR3から1,600MHz DDR3になったくらい。

自分のMacBook Proはメモリを8GBにしてるし、10万円以上払って買い換えるほどじゃないかなぁって思ったわけです。

HDDをSSDに交換

ハードディスクがヤバイだけで、本体は何の問題もない。

ハードディスクドライブ(HDD)を交換するなら、せっかくだからずーっと気になっていたソリッドステートドライブ(SSD)に交換してみよう!と思ったわけです。

バッテリーが2時間くらいしか保たなくなったので、ついでにバッテリーも交換することにした。

で、購入したのが、

購入した商品

IntelのSSD 120GB。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B004U8ZHY2/

あと、バッテリーとドライバー

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0063ZDXFK/

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0041PB1CQ/

バッテリーを交換しなくても、ハードディスク交換の時にも使えるので、このドライバーセットは安くてオススメです。

全部で約25,000円でした。

参考にしたサイト

ハードディスクを交換するのに参考にしたサイトを紹介。

どこでもドア(ジャンク)に掲載されているDVDドライブを外してハードディスクドライブを突っ込むのも、今度やってみようと思う。

体感できる快適さ

交換作業自体はたいして時間かからないけど、データを復旧するのに2時間ほどかかったかな。

MacBook Proの中身

HDDをSSDに交換してすぐにその凄さを体感できた。

いつもなら電源入れたらしばらく待ちます。完全に立ち上がるまでコーヒーを淹れたりするのですが、数秒で完全に立ち上がる速さ。

Photoshopなんて8秒で起動する!

こんなに違うものなのか!ってくらいです。

バッテリーも交換したので、元通り5時間は使えるようになりました。

新品のMacBook Proを手に入れたような喜びですよ、本当に。もう3年は快適に使えそうです。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

WEBサイトを丸ごとダウンロードできるMac版ソフトウェアSiteSuckerが便利

ウェブ制作者にはもってこいなMac版アプリケーションのSiteSucker。このアプリケーションはウェブサイトを丸ごとダウンロードしてくれちゃう優れものです!

大腸菌などのバクテリアにデータを保存する技術が完成

データを保存するのはハードディスクだが、その中身は磁気をおびたディスクだったり、最近ではシリコンだったりするわけだが、この新しい技術はバクテリアに保存しちゃうそうだ。生き物にどうやってデータを保存するのか。

Macのバックアップツール「Time Machine」のすごいところ

新しいMacBook Proを使い始めて、もう1ヶ月経ちますが、ふとTime Machineってスゴいなぁと思ってしまった。

MacのキャプチャソフトはSkitch以外考えられない!ってくらい便利

キャプチャソフトってMac純正のアプリケーションや、ブラウザの拡張機能とかあるけど、正直ここ数ヶ月Skitchを使っていたけど、これは手放せないアプリケーションのひとつだわ。

気になるMac OS X『Leopard』の全貌が明らかに!

必要なものだけのブラウザ『Camino』

USB2.0の20倍の速さでデータ転送が可能なThunderboltとは

新しいMacBook Proが発表されました。そのMacBook Proで注目されているものとして、Thunderboltという聞きなれないものがあります。これはUSBやFirewireなどと同じI/Oインターフェイスです。なんで注目されているんでしょうか。知ってしまうと欲しくなりますよ!

500GBの記録容量を実現したホログラフィックディスクは300万円!?

大容量を誇るホログラフィックディスクですが、以前ZOOLBOXでも紹介した新オプトウェア株式会社ではなく米GEが先に実現してしまったようです。価格は恐らく・・・

ファイルのアップロードはトラック野郎『Transmit 3』

Skitch for Macをダウングレード!改悪してしまったSkitchを元に戻す方法

このブログでも紹介したアプリケーションのSkitchですが、とつぜん全く別なアプリケーションになってしまって悲しかったので、ダウングレードしました。その方法をご紹介します。