街灯で電気自動車を充電?充電ステーションを一気に普及させる画期的なプロジェクト

2014年1月30日 16:00

電気自動車用の充電ステーションはまだまだ少ない。そのため遠出はまだまだ心配。だから電気自動車に手を出すことが出来ない人だっているはず。そんな問題が一気に解決されるかもしれない。

全国のガソリンスタンドに少しずつ充電ステーションが設置され始めてはいるが、まだまだ少ない。

今回、紹介するのはベルリンのスタートアップ企業が開発した画期的な充電ステーションだ。

街灯を充電ステーションにする

よく考えると、充電ステーションは街中に少ないが電気はそこら中にあるんですよね。

ベルリンのスタートアップ企業「ubitricity」が目をつけたのが、道路沿いの街灯。

Ubitricity

街中に張り巡らされた電力網を使って、充電ステーションを簡単に新設できる画期的なプロジェクトだ。

無料なの?どうやって充電するの?

まさか。そこはちゃんと考えられていて、接続するには、電気自動車をつなぐ専用の特殊なケーブルを購入する必要がある。

ubitricity – Functionalityによると、

Users with Mobile Metering technology on-board the vehicle or inside the charging cable plug in to a ubitricity system socket. The system identifies both socket and user and authorizes the charging process.

この特殊なケーブルは、充電ソケットと電気自動車のユーザを識別するシステムが内蔵されていて、さらに充電した電力データを電力供給者に送信する機能が付いている。

同じ機能が電気自動車に直接搭載されていれば、その電気自動車も接続可能だそうだ。

で、後日請求書が届くというわけだ。

駐車場などに簡単に設置可能

請求システムなどを設置する必要がないから、ただ専用の充電ソケットを設置すればいい。

Ubitricity

日本だと、路駐など迷惑だから、時間貸駐車場やファミレスの駐車場などに設置すればいいかもしれない。

実用化はいつ?

で、実際どの程度プロジェクトが進んでいるかというと、

The German Verband der Automobilindustrie (VDA) will be testing the ubitricity charging infrastructure system with a street light charging point on its front door step in central Berlin.

ドイツ自動車工業会がベルリンの街灯でテストを開始したそうだ。

2014年にテストが上手くいけば一気に普及させていくという。まだ実用化がいつかは分からないがが想像以上に早く普及するかもしれない。

充電ステーションが急速に普及する

街中のあらゆる場所が充電ステーションになることが分かる。

電気さえあればファミレスや時間貸駐車場などにも簡単に設置できるわけだし、実用化して日本でも採用されれば、全国に一気に普及するだろうね。

街中に電気自動車がいっぱい走る時代はそう遠くないかもしれない。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

車のフロントガラスに道順を投影するカーナビが遂に市場に登場!GarminのHead-Up Display

近々登場するだろうと思われていたフロントガラスに道順などを投影するカーナビが、遂に市場に登場した。投影される情報はシンプルで、まだ想像しているようなものではないが…。

遠隔操作、時間、方向や温度でON/OFFできる超高機能な電池Batthead!充電して再利用も可能

電池と聞くと、電力を供給するだけの”単純”なイメージがあるが、Battheadは、その電池のイメージを払拭するくらい大幅にグレードアップして、”高機能”で”高性能”な電池が誕生しそうです。

絶対にパンクしないタイヤで走行する自動車!ちょっと柔らかめ

最近は、パンクしないタイヤの自転車とか売ってますからね、車もそろそろパンクしないタイヤが登場してもいい頃かと。市場にでてくるのはいつになるのか。

TOYOTAが研究しているマルチメディアウィンドウに未来を感じる

小さい頃、車に乗っている時、曇っている窓ガラスを使って絵を書いたりしたものです。最近では、甥っ子、姪っ子は車の中でDVDを観ていたりします。時代によって車の中での過ごし方が違いますね。

空飛ぶ車『エアー・ビークル』を考える

スターフォーズ、バックトゥザフューチャー、フィフスエレメントといった近未来の映画などで必ずといっていいほど登場する『空飛ぶ車』。自分はこの技術はおそらく20年の間に実現するのではないかと考えている。

車椅子に変わるかもしない『Hubo FX-1』

100kg以上の人間が搭乗しても問題なく2足歩行ができるロボット『Hubo FX-1』の動画をたまたま見ることができた。(記事内に動画あり)

搭乗者が搭乗席で多少揺れたりしても、ロボットの足がしっかりとバランスをとり、非常に安定感があり、人間搭乗型ロボットとしては大きな一歩ではないかと思う。

ウォルマート社の大型トレーラートラックが未来すぎる!燃費を抑えた画期的なデザイン

大型トレーラートラックって聞くと、ゴツくていかにも作業用の車ってイメージがありますが、ウォルマート社が新しく開発した大型トレーラートラックは、想像しているトラックとは全く違います。美しくて、エコで、未来です。

人工臓器を現代社会から守る技術

電子機器が体内に無くても、電波が身体に対して完全に無害とはいえないので、電波から身体を守る技術も必要だと思う。

1,000円以下で350km以上走れる電気自動車SIM-WILが凄い

ついに電気自動車も長距離移動の手段になりそうです。351kmも走れるSIM-WILという電気自動車が発表されました。フル充電には1,000円かからないんですよ。

リチウムイオン電池の充電を高速化する技術がすごい

今や様々な製品に使われているリチウムイオン電池。携帯やノートパソコンなど、とにかく充電するタイプの製品はこの電池を使っている。その充電の時間が大幅に短縮されそうです。