VOCALOIDのハードウェア化でロボットは遂に声を得た

2010年10月18日 17:00

今までのロボットは、事前に録音された音声を再生するだけだった。なので、録音していない歌を歌う事はできなかった。だが、歌声合成ソフトウェアとして有名なVOCALOIDがハードウェアになったことで、ロボットが歌いだす時代がやってくる。

VOCALOIDって何?

知らない人もいるだろう、ヴォーカロイド。

先日紹介した初音ミクが歌う八王子Pによる「Sweet Devil」のプロモーションビデオがすごいという記事の動画で歌う歌手はこの世には存在しない。

VOCALOIDというソフトウェアによって声を合成して作りだされた歌声だ。

今までだってロボットは喋ってたじゃん!

そう、今のロボットも歌ったりしゃべったりする。

なにが違うかというと、今までのロボットは事前に録音された音声を再生しているだけだった。

つまり、ロボットが歌うには事前に人間が歌う必要があった。ロボットが喋るには、事前に人間が喋って録音する必要があった。

だが、VOCALOIDを組み込んだロボットはそれらの事前準備を必要としない。

初音ミクが現実世界へ!?

VOCALOIDのキャラとして初音ミクという仮想キャラクターが存在する。

声とイラストイメージだけだった彼女は、ネットの世界で有志によって3Dとなり、踊りながら歌ったりしている。

その存在しないはずの初音ミクが現実世界にやってくる時代が近い。

イラストイメージに似せたロボットにVOCALOIDを組み込めば、まさに初音ミクそのものになるということだ。

彼女が仮想世界から現実世界にやってくる。

もしかしたらある日音楽番組を観ていたら、歌うロボットが出演しているかもしれない。

声を得たロボット

今までのロボットは人間によって喋らせれていた。

だが、今はロボットが自由に喋る時代だ。

自分で考えたことをロボット自身が喋りだす。

また一つ人間に近づいたな。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

初音ミクが歌う八王子Pによる「Sweet Devil」のプロモーションビデオがすごい

もうニコニコ動画にプロがいっぱい。。どの創作作品も基本的にレベルが高いなぁと感じる。実際にニコニコ動画からプロの作曲家になってしまう人がいるくらいだ。そんな中で最近気になっているのが八王子Pの「Sweet Devil」。

脈拍からメロディーを作る『ハートショット』

インド映画のダンスが思っていたよりすごい!

インド映画の中のダンスは地味なモノだと思っていたが、たまたまインド映画のワンシーンを観て、本当にすごいと感じた。インド映画の印象が全く変わってしまった。

口だけで音楽を奏でるヒューマンビートボックスをやるすごい人たち

口だけで様々な音を出して音楽を奏でたりする技をヒューマンビートボックスという。世界中には個性的なヒューマンビートボックスをやる人たちがいる。一度聞けばそのすごさが理解できるはずだ。

ヴァイオリンとHip Hopのコラボレーション

Hip Hop DJがヴァイオリン等のストリングス系の音色を使うことは多々あるが、実際に生演奏するヴァイオリニストとHip Hop DJが合わせて演奏しているのをみると、結構刺激的で面白いなぁと感じる。

2012年にヒットしたPopミュージック55曲を1曲に!ぜんぶ混ぜちゃいました

2012年もそろそろ終わりですが、ヒットした曲、話題になった曲がいっぱいありましたね。ってことで、ヒットした中から55曲を混ぜたマッシュアップ曲をお届けします。

iPhoneの着信音をリミックスしてカッコイイ曲に!iPhone MetroGnome Remixがすごい

リミックスネタは大好きなんだけど、これまた久々にカッコイイ曲がでてきた。iPhoneを持っている人は馴染みのあるプリセット着信音をカッコイイ曲に仕上げちゃったMetroGnomeがすごい。

2013年にヒットしたPopミュージック68曲をMix!ぜんぶ混ぜちゃいました

もう2014年になって2週間が経ちましたが、去年2013年にヒットしたPopミュージックを68曲厳選してマッシュアップした動画をお届けします。

レベル高すぎてついつい口ずさんでしまう曲!ロバート秋山のTOKAKUKA

芸能人が監督しておもしろい動画を作る番組で、ロバート秋山のTOKAKUKAという楽曲のPVが最高すぎて、頭でリピートしまっくって困るレベル。

エアギター日本公式団体公認『エアギターPROエレキギター』