VOCALOIDのハードウェア化でロボットは遂に声を得た

2010年10月18日 17:00

今までのロボットは、事前に録音された音声を再生するだけだった。なので、録音していない歌を歌う事はできなかった。だが、歌声合成ソフトウェアとして有名なVOCALOIDがハードウェアになったことで、ロボットが歌いだす時代がやってくる。

VOCALOIDって何?

知らない人もいるだろう、ヴォーカロイド。

先日紹介した初音ミクが歌う八王子Pによる「Sweet Devil」のプロモーションビデオがすごいという記事の動画で歌う歌手はこの世には存在しない。

VOCALOIDというソフトウェアによって声を合成して作りだされた歌声だ。

今までだってロボットは喋ってたじゃん!

そう、今のロボットも歌ったりしゃべったりする。

なにが違うかというと、今までのロボットは事前に録音された音声を再生しているだけだった。

つまり、ロボットが歌うには事前に人間が歌う必要があった。ロボットが喋るには、事前に人間が喋って録音する必要があった。

だが、VOCALOIDを組み込んだロボットはそれらの事前準備を必要としない。

初音ミクが現実世界へ!?

VOCALOIDのキャラとして初音ミクという仮想キャラクターが存在する。

声とイラストイメージだけだった彼女は、ネットの世界で有志によって3Dとなり、踊りながら歌ったりしている。

その存在しないはずの初音ミクが現実世界にやってくる時代が近い。

イラストイメージに似せたロボットにVOCALOIDを組み込めば、まさに初音ミクそのものになるということだ。

彼女が仮想世界から現実世界にやってくる。

もしかしたらある日音楽番組を観ていたら、歌うロボットが出演しているかもしれない。

声を得たロボット

今までのロボットは人間によって喋らせれていた。

だが、今はロボットが自由に喋る時代だ。

自分で考えたことをロボット自身が喋りだす。

また一つ人間に近づいたな。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

電線に止まった鳥たちが奏でる音楽がすばらしい

何気ない日常。電線に止まる鳥。そんな鳥たちがこんな曲を作り出すなんて。まぁ鳥さんたちはなにも考えていないだろうけど。。

自分好みのクラブイベント情報を探せる『X CLUB』

クラブ好きのクラバーの方にはとてもいいサービスかもしれません。クラブイベントの情報を探そうと思っても、大きなイベント情報はあっても、小さなクラブイベント情報はネットじゃ見つかりません。そういったことを解消してくれるかもしれないのが、このサービスです。

初音ミクが歌う「Nebula」のPVがすごい!

ニコニコ動画で公開されている動画の一つで、Tripshots氏によって公開された作品の一つです。3Dを駆使したPVはつい見入ってしまう。

インド映画のダンスが思っていたよりすごい!

インド映画の中のダンスは地味なモノだと思っていたが、たまたまインド映画のワンシーンを観て、本当にすごいと感じた。インド映画の印象が全く変わってしまった。

液体金属で伸縮するイヤホンケーブルを開発中!普通の状態から8倍まで伸びる

イヤホンのケーブルだけじゃないけど、ケーブルって曲がりはするけど伸び縮みはしない。ちょっと手が引っかかっただけで、イヤホンが耳から外れたり、イヤホンジャックが抜けちゃったりします。

2013年にヒットしたPopミュージック68曲をMix!ぜんぶ混ぜちゃいました

もう2014年になって2週間が経ちましたが、去年2013年にヒットしたPopミュージックを68曲厳選してマッシュアップした動画をお届けします。

だれでも演奏できるピアノ曲「4’33″」

John Cageという作曲家が作曲したピアノ曲で、聴く人によっていろんな捉え方があるすごい楽曲です。そんなすごい曲をだれもが弾けるってのはすごいよね。

エアギター日本公式団体公認『エアギターPROエレキギター』

2012年にヒットしたPopミュージック55曲を1曲に!ぜんぶ混ぜちゃいました

2012年もそろそろ終わりですが、ヒットした曲、話題になった曲がいっぱいありましたね。ってことで、ヒットした中から55曲を混ぜたマッシュアップ曲をお届けします。

口だけで音楽を奏でるヒューマンビートボックスをやるすごい人たち

口だけで様々な音を出して音楽を奏でたりする技をヒューマンビートボックスという。世界中には個性的なヒューマンビートボックスをやる人たちがいる。一度聞けばそのすごさが理解できるはずだ。