Googleが未来のメガネを提案!手から携帯電話が消える時代が来た

2012年4月5日 6:59

Googleがまた面白くて未来を感じさせてくれるプロジェクトを開始した。Project Glassという未来のメガネ開発プロジェクト!このメガネがあれば生活はより便利で楽しいものになりそうです。

スマートフォンが手からなくなる

このプロジェクト、動画を観ればわかりますが、スマートフォンをそのままメガネにしちゃえって感じの内容です。

メガネのレンズがスマートフォンのディスプレイの役割をして、操作は全て音声によるもの。

今の技術でもできないことはないと思う。

問題は音声操作の精度だろうね。

でもAppleもSiriっていう音声操作を製品として組み込んできたわけだし、これもまったく不可能じゃない。

向こうが見えるディスプレイ

メガネですからレンズの向こうが見えないと困るわけです。

そのレンズに文字や映像を映すことってできるの?って思っている方。

実は既に透明なスマートフォンってのがあるんですよ。

要はこれをそのままメガネにしちゃおう!ってのがProject Glassなわけです。

スタイリッシュなデジタルデバイス

あの日本の教授

このプロジェクトを知って、ちょっと思い出したのが塚本昌彦氏。

服を着るのと同じように、常にヘッドマウントディスプレイを身につけていた大学教授。

当時はちょっと変った人といったイメージがあったが、やっと塚本氏の考えに時代が追いついた感じですね。

そのうちコンタクトレンズに

みんなが持っているスマートフォンがメガネになるってことは、みんなメガネを身につけることになる。

目が悪くないのにメガネ。服装に似合わないのにメガネ。

それはそれで困るよね。

後々はコンタクトレンズになるんだろうね。

ただコンタクトレンズに映像を投影することはできても、その映像に焦点が合わすことが難しいらしく、まだ解決する点がいっぱいある技術なんだそうです。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

ついにGoogle Driveが登場!DropboxとEvernoteを足して、さらに+αな感じ?

ついにGoogleからクラウドストレージサービスがリリースされましたね。その名もGoogle Drive。DropboxやSkyDriveなどがあるが、やはりそこはGoogle。魅力的なポイントがいっぱい!

android OSをアップデートしてふと思ったスマートフォンの良いところ

androidの技術的なことじゃなくて、本当にふと思った事なんですが、おおざっぱに言うと普通の携帯ではこうはいかないなって思ったわけです。それに気がついたのが、今回Xperiaのandroid OSをアップデートした時だったわけです。

androidを搭載した世界初のGoogle TV購入を検討する理由

ずーっとテレビを買い替えなきゃと思っていたが、Google TVと言われているSony Internet TVが日本市場にも投入されると聞いて、もうこれしかないと思った。その理由は人それぞれだが、自分としては非常に魅力的だ。

Googleマップが日本人に見易いように大幅にバージョンアップした

すごい見やすいぞ!なんていうか見やすすぎる!なんでだろう。今までの地図より断然見易い。しかも旅行したくなる…いや冒険したくなる。

地上からの風景を表示『Google Maps Street View』

TOYOTAが研究しているマルチメディアウィンドウに未来を感じる

小さい頃、車に乗っている時、曇っている窓ガラスを使って絵を書いたりしたものです。最近では、甥っ子、姪っ子は車の中でDVDを観ていたりします。時代によって車の中での過ごし方が違いますね。

文字が書ける電子ペーパーがついに登場!

もう紙がなくなる時代がすぐそこまで迫っている!この開発の速さでいけば、数年後には一人一枚電子ペーパーを持つかもね。

読めない外国語のメニューや看板はWord Lensで覗けば読むことができる

海外へ行くと困るのがやはり言葉。最近は簡単な英語で書いてあれば多少意味はわかるけど、ロシアなんて行ったら何が書いてあるのか見当もつかない。。でも時代は変わりました。Word Lensが海外旅行で助けてくれるかもしれない。

曲げても割れない有機ELディスプレイYOUM!グニャグニャ曲がるスマートフォンが登場

CESネタ続きで申し訳ないが、以前から注目していた技術が一気に製品化へ向けてプロトタイプが発表されたので、許して欲しい。今回はペラッペラのディスプレイです。

直感で使えるアクセス解析『Google Analytics』