Googleが未来のメガネを提案!手から携帯電話が消える時代が来た

2012年4月5日 6:59

Googleがまた面白くて未来を感じさせてくれるプロジェクトを開始した。Project Glassという未来のメガネ開発プロジェクト!このメガネがあれば生活はより便利で楽しいものになりそうです。

スマートフォンが手からなくなる

このプロジェクト、動画を観ればわかりますが、スマートフォンをそのままメガネにしちゃえって感じの内容です。

メガネのレンズがスマートフォンのディスプレイの役割をして、操作は全て音声によるもの。

今の技術でもできないことはないと思う。

問題は音声操作の精度だろうね。

でもAppleもSiriっていう音声操作を製品として組み込んできたわけだし、これもまったく不可能じゃない。

向こうが見えるディスプレイ

メガネですからレンズの向こうが見えないと困るわけです。

そのレンズに文字や映像を映すことってできるの?って思っている方。

実は既に透明なスマートフォンってのがあるんですよ。

要はこれをそのままメガネにしちゃおう!ってのがProject Glassなわけです。

スタイリッシュなデジタルデバイス

あの日本の教授

このプロジェクトを知って、ちょっと思い出したのが塚本昌彦氏。

服を着るのと同じように、常にヘッドマウントディスプレイを身につけていた大学教授。

当時はちょっと変った人といったイメージがあったが、やっと塚本氏の考えに時代が追いついた感じですね。

そのうちコンタクトレンズに

みんなが持っているスマートフォンがメガネになるってことは、みんなメガネを身につけることになる。

目が悪くないのにメガネ。服装に似合わないのにメガネ。

それはそれで困るよね。

後々はコンタクトレンズになるんだろうね。

ただコンタクトレンズに映像を投影することはできても、その映像に焦点が合わすことが難しいらしく、まだ解決する点がいっぱいある技術なんだそうです。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

また一歩ホログラムディスプレイが現実に近づいた!16個のウェブカメラで撮影して立体投影

ホログラム映像はSF映画などで、遠くにいるはずの話し相手が、まるで目の前にいるかのように話しているシーンを観た事があると思う。このホログラム技術がもう数年後には実現しちゃうかもしれない。

進化し続けるディスプレイ技術の未来を観ることができる動画

最近すごい勢いで進化しているディスプレイ。こうなったらいいなぁって思っていることが数年後には実現されているかもしれない。ディスプレイが進化するとどんな未来が待っているのかを考えた動画を見つけました。

読めない外国語のメニューや看板はWord Lensで覗けば読むことができる

海外へ行くと困るのがやはり言葉。最近は簡単な英語で書いてあれば多少意味はわかるけど、ロシアなんて行ったら何が書いてあるのか見当もつかない。。でも時代は変わりました。Word Lensが海外旅行で助けてくれるかもしれない。

Google Analytics モバイル版をCakePHPで導入してみた

いやぁGoogle Analyticsがモバイルに対応しましたね。CakePHPで開発した自分のサイトでも早速導入しましたが、なかなかトラッキングできず困っていましたが、スゴい簡単なミスをおかしていました。

携帯でも観覧が可能になる『Googleカレンダー』

popSLATEというスマートフォンケースが画期的!スマートフォンにディスプレイをもう一つ

スマートフォン専用ケースの背面って無地のものが多いですよね。popSLATEはそんな無駄なスペースに自分好みの写真を表示したりできるディスプレイを備えています。

Google、Twitterなどの世界中の人々が使うサービスを支える日本人ハッカー

毎日一回は使っているだろう様々なインターネットサービス。それらのサービスは世界の中から選ばれた優秀な人たちが作っているわけだが、そんな優秀な人たちだって気がつかない問題もある。それらの問題を指摘して話題になっている日本人ハッカーがいる。

Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性

セルフドライビングカー、オートドライビングカー、自動操縦自動車…まぁ人によって呼び方は様々でしょうが、車に乗れば座っているだけで目的地まで連れていってくれる車があったらどう思います?恐いなぁって人もいれば、単純にスゴイなぁ、未来だなぁって感じる人もいるでしょう。その技術の可能性について動画を観ながら考えてみます。

情報収集が一画面でできる『iGoogle』

未来の卓球台「WALDNER」人間の審判はもういらない?

卓球って何対何なのか、どっちのサーブなのか、忘れたりするよね。この未来の卓球台は、大会試合などの卓球だろうが、旅館で浴衣着てやる卓球だろうが関係なく、厳しく判定して真剣に卓球をやらせてくれる。