Googleが未来のメガネを提案!手から携帯電話が消える時代が来た

2012年4月5日 6:59

Googleがまた面白くて未来を感じさせてくれるプロジェクトを開始した。Project Glassという未来のメガネ開発プロジェクト!このメガネがあれば生活はより便利で楽しいものになりそうです。

スマートフォンが手からなくなる

このプロジェクト、動画を観ればわかりますが、スマートフォンをそのままメガネにしちゃえって感じの内容です。

メガネのレンズがスマートフォンのディスプレイの役割をして、操作は全て音声によるもの。

今の技術でもできないことはないと思う。

問題は音声操作の精度だろうね。

でもAppleもSiriっていう音声操作を製品として組み込んできたわけだし、これもまったく不可能じゃない。

向こうが見えるディスプレイ

メガネですからレンズの向こうが見えないと困るわけです。

そのレンズに文字や映像を映すことってできるの?って思っている方。

実は既に透明なスマートフォンってのがあるんですよ。

要はこれをそのままメガネにしちゃおう!ってのがProject Glassなわけです。

スタイリッシュなデジタルデバイス

あの日本の教授

このプロジェクトを知って、ちょっと思い出したのが塚本昌彦氏。

服を着るのと同じように、常にヘッドマウントディスプレイを身につけていた大学教授。

当時はちょっと変った人といったイメージがあったが、やっと塚本氏の考えに時代が追いついた感じですね。

そのうちコンタクトレンズに

みんなが持っているスマートフォンがメガネになるってことは、みんなメガネを身につけることになる。

目が悪くないのにメガネ。服装に似合わないのにメガネ。

それはそれで困るよね。

後々はコンタクトレンズになるんだろうね。

ただコンタクトレンズに映像を投影することはできても、その映像に焦点が合わすことが難しいらしく、まだ解決する点がいっぱいある技術なんだそうです。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

StickNFindを鍵に付ければ失くしても平気!アプリですぐに見つけられる

急いでいる時に限って家の鍵が見つからなかったりするんですよね。すぐに出かけなきゃいけないのに…鍵をかけずに外出するわけにもいかない。そんな時、あなたはどうしますか?

必要なものだけのブラウザ『Camino』

YouTubeの日本語版『YouTube Japan』がオープン

『Google Analytics』が正式版へ

落としても曲げても割れない電子ペーパー液晶パネルがついに市場へ

このブログでも何度か電子ペーパーは紹介してきたが、もうっていうか4月に市場投入されます。韓国LG Display社が欧州で発売する電子書籍端末に搭載されるそうだ。

遠隔操作、時間、方向や温度でON/OFFできる超高機能な電池Batthead!充電して再利用も可能

電池と聞くと、電力を供給するだけの”単純”なイメージがあるが、Battheadは、その電池のイメージを払拭するくらい大幅にグレードアップして、”高機能”で”高性能”な電池が誕生しそうです。

災害時でも海水や水とコレがあればスマートフォンを充電できる!水を入れるだけで電気を作り出すマグボックス

災害時に連絡を取る手段として携帯電話、スマートフォンは必要不可欠。手回し発電機での充電では不十分。今の時代に沿った非常用の充電アイテムが登場した。

なぜGoogleマップと別なの?『Googleトランジット』

読めない外国語のメニューや看板はWord Lensで覗けば読むことができる

海外へ行くと困るのがやはり言葉。最近は簡単な英語で書いてあれば多少意味はわかるけど、ロシアなんて行ったら何が書いてあるのか見当もつかない。。でも時代は変わりました。Word Lensが海外旅行で助けてくれるかもしれない。

曲げても割れない有機ELディスプレイYOUM!グニャグニャ曲がるスマートフォンが登場

CESネタ続きで申し訳ないが、以前から注目していた技術が一気に製品化へ向けてプロトタイプが発表されたので、許して欲しい。今回はペラッペラのディスプレイです。