読めない外国語のメニューや看板はWord Lensで覗けば読むことができる

2010年12月26日 17:00

海外へ行くと困るのがやはり言葉。最近は簡単な英語で書いてあれば多少意味はわかるけど、ロシアなんて行ったら何が書いてあるのか見当もつかない。。でも時代は変わりました。Word Lensが海外旅行で助けてくれるかもしれない。

ネットで翻訳は当たり前

読めない文章をGoogleやExiteの翻訳サービスを使って意味を知るのは最近では当たり前になっています。

もし街中で読めない英語の看板と遭遇した場合どうしますか?

携帯電話やスマートフォンで、翻訳サービスにアクセスし、その見知らぬ言葉をチマチマ入力して意味を知る。

殆どの人がそうしているでしょう。

カメラを通せば、そこには読める文字がある

例えば、電車の電光掲示板。

瞬時に次の文章が流れていってしまうような文章・・・もし大事なことを意味する言葉だったら。。

でもそんな長文をいちいち携帯電話で調べてられない!!

そんな時はWord Lensを起動して、カメラのレンズを向ければいいんです!

Word LensというiPhoneのアプリは、カメラに映る文字を翻訳してくれるんです。

そのうちAndroidでもアプリ開発してくれるでしょう。。

リアルタイム映像編集技術

最近こういう技術がすごいスピードで進化しているんです。

例えば生放送の番組って、その場所に映ってはいけないものがあればカメラを向けることができないわけです。

でも最近では、リアルタイムにその映ってはいけないものだけを消す技術があるんです。

Word Lensを通せばそこは知ってる街

それにしても最初はこの動画を見たときは驚きました。

動画ではスペイン語を英語に翻訳しているけど、そのうち日本語だって翻訳してくれるでしょう。

スマートフォンのアプリとして動作しているけど、これがメガネとかになれば、メガネを通して言葉がわからなくても外国の街を安心して歩くことができますな。

リアルタイム翻訳機って夢のような技術だけど、今回は書かれている文字だが、十分それに近い技術だ。

近い未来、聞いた言葉さえリアルタイムに翻訳してくれるアプリとかまででてきそうだ。

もうリアルタイム翻訳は夢じゃないのかもしれない。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

Skitch for Macをダウングレード!改悪してしまったSkitchを元に戻す方法

このブログでも紹介したアプリケーションのSkitchですが、とつぜん全く別なアプリケーションになってしまって悲しかったので、ダウングレードしました。その方法をご紹介します。

android OSをアップデートしてふと思ったスマートフォンの良いところ

androidの技術的なことじゃなくて、本当にふと思った事なんですが、おおざっぱに言うと普通の携帯ではこうはいかないなって思ったわけです。それに気がついたのが、今回Xperiaのandroid OSをアップデートした時だったわけです。

どんな電化製品もスマートフォンでON/OFFできるようになる?電池の代わりにTethercellを入れるだけ

最新の電化製品ならスマートフォンで遠隔操作で電源をON/OFFできる機能があるかもしれない。だが、オモチャや小さな電化製品にそんな機能が付いているはずがない。

紙の名刺はもう必要ない?みんなが使っている電子名刺vCardで十分

自分の名刺も、頂いた名刺も正直保管や持ち運びが大変。探すのだって一苦労だし、正直、最近名刺を見て連絡することなんて無い。もう紙の名刺はいらないんじゃないか?

自作スマートフォンが現実に!モジュール式で自分好みに自由に組み立てることができる

自分が持っているスマートフォンの不満っていっぱいありますよね?電池がもっと多いやつだったらとか、カメラがもっと高画質だったらなど、いっぱいあるだろうけど、自分用にスマートフォンを作れたら不満なんてでないと思いませんか?

WEBサイトを丸ごとダウンロードできるMac版ソフトウェアSiteSuckerが便利

ウェブ制作者にはもってこいなMac版アプリケーションのSiteSucker。このアプリケーションはウェブサイトを丸ごとダウンロードしてくれちゃう優れものです!

ブログ記事をローカルから投稿できる『ecto』

Googleが未来のメガネを提案!手から携帯電話が消える時代が来た

Googleがまた面白くて未来を感じさせてくれるプロジェクトを開始した。Project Glassという未来のメガネ開発プロジェクト!このメガネがあれば生活はより便利で楽しいものになりそうです。

コンタクトレンズが情報を表示できる液晶ディスプレイになる!5年以内に商用実用化されるだろう

コンタクトレンズに直接テキスト情報などを表示することができる技術は以前にも紹介したが、具体的な商用化の時期やプロトタイプの発表は初めてだ。

車のフロントガラスに道順を投影するカーナビが遂に市場に登場!GarminのHead-Up Display

近々登場するだろうと思われていたフロントガラスに道順などを投影するカーナビが、遂に市場に登場した。投影される情報はシンプルで、まだ想像しているようなものではないが…。