読めない外国語のメニューや看板はWord Lensで覗けば読むことができる

2010年12月26日 17:00

海外へ行くと困るのがやはり言葉。最近は簡単な英語で書いてあれば多少意味はわかるけど、ロシアなんて行ったら何が書いてあるのか見当もつかない。。でも時代は変わりました。Word Lensが海外旅行で助けてくれるかもしれない。

ネットで翻訳は当たり前

読めない文章をGoogleやExiteの翻訳サービスを使って意味を知るのは最近では当たり前になっています。

もし街中で読めない英語の看板と遭遇した場合どうしますか?

携帯電話やスマートフォンで、翻訳サービスにアクセスし、その見知らぬ言葉をチマチマ入力して意味を知る。

殆どの人がそうしているでしょう。

カメラを通せば、そこには読める文字がある

例えば、電車の電光掲示板。

瞬時に次の文章が流れていってしまうような文章・・・もし大事なことを意味する言葉だったら。。

でもそんな長文をいちいち携帯電話で調べてられない!!

そんな時はWord Lensを起動して、カメラのレンズを向ければいいんです!

Word LensというiPhoneのアプリは、カメラに映る文字を翻訳してくれるんです。

そのうちAndroidでもアプリ開発してくれるでしょう。。

リアルタイム映像編集技術

最近こういう技術がすごいスピードで進化しているんです。

例えば生放送の番組って、その場所に映ってはいけないものがあればカメラを向けることができないわけです。

でも最近では、リアルタイムにその映ってはいけないものだけを消す技術があるんです。

Word Lensを通せばそこは知ってる街

それにしても最初はこの動画を見たときは驚きました。

動画ではスペイン語を英語に翻訳しているけど、そのうち日本語だって翻訳してくれるでしょう。

スマートフォンのアプリとして動作しているけど、これがメガネとかになれば、メガネを通して言葉がわからなくても外国の街を安心して歩くことができますな。

リアルタイム翻訳機って夢のような技術だけど、今回は書かれている文字だが、十分それに近い技術だ。

近い未来、聞いた言葉さえリアルタイムに翻訳してくれるアプリとかまででてきそうだ。

もうリアルタイム翻訳は夢じゃないのかもしれない。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

日本語を正しく変換してくれるexite翻訳は本当にすごい

翻訳ツールってよく使うけど、これをみると、「ぉお!」って思ってしまう。Exite翻訳の精度がすごいことがわかるはずだ。

英語すら話せない自分が多言語を話せるようになる!未来の翻訳技術が完成しつつある

SF映画やアニメで、外国語を知らなくても喋ると自動的に外国語に翻訳されるアイテムがあったりする。その技術がほぼ完成に近づいている。

スマートフォンを落としても画面が割れなくなるRhino Shield!ハンマーで叩いても平気な画面保護フィルム

iPhoneのディスプレイが割れちゃってる友人と会いましたが、やっぱりちょっとした衝撃で割れてしまうようですね。ですが、そんな悲しい思いをする人が減るかもしれません。

MacのキャプチャソフトはSkitch以外考えられない!ってくらい便利

キャプチャソフトってMac純正のアプリケーションや、ブラウザの拡張機能とかあるけど、正直ここ数ヶ月Skitchを使っていたけど、これは手放せないアプリケーションのひとつだわ。

Mozilla Labsが提案する未来のスマートフォンSeabird

コンセプトではあるが、非常に魅力的なスマートフォンを提案しているのが、ブラウザFirefoxの開発でおなじみのMozilla。こんなの発売されたら10万でも買うわ。簡単に言うと手の中に収まるノートパソコン以上の携帯電話!

ブログ記事をローカルから投稿できる『ecto』

落としても曲げても割れない電子ペーパー液晶パネルがついに市場へ

このブログでも何度か電子ペーパーは紹介してきたが、もうっていうか4月に市場投入されます。韓国LG Display社が欧州で発売する電子書籍端末に搭載されるそうだ。

未来の卓球台「WALDNER」人間の審判はもういらない?

卓球って何対何なのか、どっちのサーブなのか、忘れたりするよね。この未来の卓球台は、大会試合などの卓球だろうが、旅館で浴衣着てやる卓球だろうが関係なく、厳しく判定して真剣に卓球をやらせてくれる。

未来のSIMカードはどんな携帯電話やスマートフォンでもSuicaやEdyが使える!?

自分が使っているXperiaにはおサイフケータイなど携帯電話をかざして決済することができない。おサイフケータイ機能はあれば便利なんだけどなぁって思っているのですが、その為だけに違約金払ってまで買い換えるわけには・・・。でも新しいSIMカードでそんな迷いもなくなるかもしれません。

Googleが未来のメガネを提案!手から携帯電話が消える時代が来た

Googleがまた面白くて未来を感じさせてくれるプロジェクトを開始した。Project Glassという未来のメガネ開発プロジェクト!このメガネがあれば生活はより便利で楽しいものになりそうです。