夢のような宇宙航空機の試作機開発へ!スカイロンの開発は順調

2012年4月29日 10:14

もうSkylonの記事を書いてから1年半経つんですね。夢のような宇宙航空機の開発がまた一歩前進したようです!今までなかった特殊なエンジンがほぼ完成しそうです。

次世代の宇宙航空機Skylonについて知りたい人は、最初の記事「次世代宇宙航空機スカイロンは音速の5倍の速さで宇宙へ」を読んで頂けるとどんなモノなのかが分かるはずです。

次世代宇宙航空機スカイロン

ロケットエンジンとジェットエンジン

この記事を読むまで素人にはこの違いが分からなかった。

ロケットがあれば、空も宇宙も飛べるのかと思ってた。飛べないことはないがコスト面で飛べないって話しらしい。

素人の説明なので、一応Wikipediaに載っている作動原理を記載しておく。

ジェットエンジンが外部の空気を吸入・圧縮して燃料と混合し燃焼するのに対して、化学ロケットエンジンはあらかじめ搭載している酸化剤を燃料と混合燃焼させる点がある。

大気中の空気を使うか、酸化剤を使うかという違いだ。

ジェットエンジンは空気中の酸素を使うから無料だが、ロケットエンジンは酸化剤を使うから、その分お金がかかるということだ。しかも重いから余計に運ぶ力が必要ってわけ。

だから、酸素があるところはジェットエンジン、宇宙に近づいてきたらロケットエンジンで宇宙へ…ってのが理想ってことです。

二つの用途があるエンジン

Skylonは、ロケットエンジンとジェットエンジンの二つを、一つのエンジンにして搭載するらしい。

スカイロンのエンジン

なぜ今までそういうエンジンがなかったのかというと、技術的な話になるのでSkylon spaceplane gets real with test of engine partsを読んで、理解したことを簡単に噛み砕いて書く。

どうやら、マッハ5というスピードで飛ぼうとすると、約2,000度まで空気が加熱され、その熱でエンジンの部品が溶けてしまうらしい。

エンジン内部の空気を凍らせることなく、-200度までうまく冷却するシステムの開発が非常に難しかったらしい。

その難しかった冷却システムの開発ができたってのが今回のポイントなわけだ。

試作機開発へ

これからそのシステムを積んだエンジンで実際にテストをするらしい。

欧州宇宙機関によって技術審査が行われ、その審査にパスしたので、試作機の開発が可能になったわけだ。

順調ですね。このSkylonの完成が待ち遠しい。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

宇宙ゴミ(スペースデブリ)を除去する特殊な網をJAXAと漁網メーカーが開発中

魚を捕まえるのに使う漁網を作っているメーカーが宇宙ゴミ、いわゆるスペースデブリを除去する網を開発しているそうです。海で養った技術を宇宙で活かすなんてすごいね。それにしてもどうやって宇宙ゴミを除去するのだろうか。

実現すればたぶん世界最高級ホテル!窓の外は・・・宇宙!?

まだ計画段階みたいだけど、出来たら世界最高級のホテルになるだろうね。しかも7部屋しかないんだって。さらに外出ができません。は?そんなホテルがなぜ最高級になるのか。自分は・・・このホテルなら泊まってみたいです。

SpaceX社のロケットGrasshopperが垂直離着陸に成功!ロケットの回収が容易になるかもしれない

宇宙船を打ち上げるためには、燃料をたくさん積んだロケットで打ち上げ、途中で切り離し、海に着水させたりする。その回収には時間とお金がかかる。

液体鏡を使った巨大望遠鏡!より液体鏡が気になる

Virgin Galactic社の超かっこいい宇宙船が有人飛行に成功

Virgin Galactic社の宇宙旅行実現が近づいてきたな。それにしてもこの宇宙船・・・宇宙航空機か、超かっこいい!Virginのロゴがまたなんとなくこの宇宙船に合ってる!SF映画とかに出てきそうだし。

5年間着陸することなく飛び続ける無人飛行機がもたらす未来

いつも興味深い技術を開発し続けるアメリカのDARPAが、ボーイング社と共同で開発している無人飛行機ソーラーイーグル。こいつができたらいったい何が出来るようになるのか考えてみた。

成層圏からスカイダイビング!人類の偉大な記録映像を観よ

宇宙から地球にジャンプ!って感じの映像だ。高さに震えるって域を既に超えてる景色。美しさに吸い込まれるようにダイブしている。

膨張させて広いスペースを確保するモジュール!国際宇宙ステーションを広くする

国際宇宙ステーション(ISS)は決して広くはない。広くするためには、完成した居住モジュールをロケットで運ぶしかないため、大きさに限りがある。

2050年までに火星に8万人移住構想!飛行費用は4100万円、生活費は…

トータル・リコールという火星を舞台にした映画がある。一部の人間が火星に移住した世界だが、まさか映画のように火星で暮らす時代が来るとは思わなかった。

スリムな宇宙服『BioSuit』

まるで初期のasimoを見ているような巨大で半端なく重い宇宙服。それがまったく新しいものに変わるかもしれない。